【質問】セラミックブリッジ治療とは?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

セラミックブリッジとは

セラミックと名の付く治療関するご質問も増えておりますので、今回はセラミックブリッジの基本的な質問にお答えします。

他の治療法として、

セラミックインレーオールセラミッククラウンについて以前こちらでご紹介をしていますので、是非こちらの記事もご覧になって下さい。

今回紹介するセラミックブリッジと言う治療とは、1~3本程度の部分的な治療をセラミックで行い、本来の歯とそん色なく扱えるようにする治療の事です。

欠損を補ったり、形や色などを整えることで実際にはが見えた際の印象を美しく保ち生活することが可能です。

ブリッジは失った歯を、周りの歯から土台として補う手法で箸を書けるように治療することからこの名前が付いています。

メンテナンスは?

基本的には歯科側で装着を行いますので、いわゆる入歯の感覚とは違います。

入歯の様に取り外しをして洗浄する物ではなく、ご自身の歯をセラミックによって再建したとお考えいただく方がイメージが湧きやすいかと思います。

通常の歯と同じく歯磨きなどを行い、基本的には意識することはございません。

また、着色もしづらく、奇麗に保ちやすいという特徴もあります。


【質問】顎関節症とは、どのような病気ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

顎関節症について

耳のすぐしたに手を当てて口を空けたり閉じたりしてみてください。

動く骨があるのがわかると思います。これが顎関節です。

顎関節症には、様々な症状があります。

  • 口を開けたり閉じたりした時に痛みがある。もしくは何もしなくても痛む時がある。
  • 口が開け難くなった
  • 口を開ける時や食事の時に耳の前の辺りでボキッもしくはミシッという音がする。

顎関節症の原因は、かみ合わせ・ストレス・歯ぎしりなど様々です。

また、複数の原因が積み重なって顎関節症になることもあります。

顎の耐久性には個人差があり、耐久力を超えると顎関節症が発症すると考えられています。

顎関節症の治療方法は、スプリント療法というマウスピースのような物の装着や関節の運動訓練、薬物治療などを組み合わせて行います。

症状によっては、歯並びの矯正、関節への注射、手術などが必要となることもあります。

先ほどご紹介した顎関節症の症状に当てはまる場合は、

  • 「大きく口を開けないようにする」
  • 「堅くて噛みごたえのあるものを控える」

など、顎関節やまわりの筋肉に負担をかけないように気を付けてください。

顎関節症を治療しないで放置してしまい、不自然な噛み方を続けてしまうと症状が重くなってしまう可能性もあります。

また、精神的にもあまりよくありません。

痛みの原因として思い当たる事がある場合には原因を取り除くようにして下さい。

1週間ほど様子をみても症状が改善しない場合には、直接ご相談下さい。

【質問】妊娠中にキシリトールガムを食べると、赤ちゃんの虫歯予防効果に繋がるって本当ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

キシリトールについて

妊娠中にキシリトールガムを摂取した方が、赤ちゃんへの虫歯菌感染率が低くなるという報告実証結果は存在します。

この実験では、妊娠しているお母さんたちを2つのグループに分け、片方は日常生活を、片方にはキシリトールガムを取り入れて生活してもらうという物でした。

実験の結果、キシリトールを摂取したグループの赤ちゃんから生後2歳までの間にミュータンス菌が減少する効果が見られたのです。

これはキシリトールがミュータンス菌の栄養にならない為です。

お母さんの口内に掃除された後キシリトールが残っていても、ミュータンス菌の繁殖環境に適さない為、段々と虫歯菌が居なくなります。

キシリトールの効能

キシリトールはプラークが歯に付くのを抑制し、校内全体を清潔に守る役割を持つことができます。

さらに、唾液の分泌を促進するので、再石灰化を防ぐのに適した口内環境に整えてくれるのです。

これらの効能に伴い、虫歯菌の主要であるミュータンス菌の繁殖を防ぎ弱らせる効果を持っています。

キシリトール摂取時の注意点

キシリトール製品のには注意が気が書かれており、一度に大量のキシリトールを摂取するとお腹が緩くなり下痢の症状を引き起こします。

キシリトールは糖アルコールに分類され、小腸で消化吸収が困難です。

この消化吸収をされない状態が続くと、体が何とかしようと小腸に水分を送り込むため、下痢になるのだろうと言われます。

キシリトールの1日の摂取限界は20~30g。

これを超えることに注意喚起が入ります。

含有量から考えるとガム10個程度までは安全に食べられるので、一日の摂取はその程度に控えた方が良いでしょう。

【質問】子供の歯磨きについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯磨きについて

言わずもがなですが、綺麗な歯を維持する為には日々の歯磨きが必須です。

定期的な歯科医での治療も必要ですが、歯磨きは最も重要な習慣となります。

この歯磨きを生涯に渡って習慣化して行う為にも、子供が幼い時から行わせる必要があります。

具体的には、歯が全て生え揃い、甘いお菓子を食べ始めた時が良い歯磨きのスタートかもしれません。

しかし、およそ2〜3歳の子供が一人で自発的に歯を磨く事は不可能であるので、将来の自分の子供の健康な歯の為にも、ご両親の手助けが必要不可欠となります。

今回は、そんな子供の歯磨きについて解説をしたいと思います。

子供に習慣化させる為には?

歯磨きを嫌がるお子さんは大勢います。

大変ですよね。

まずは、歯ブラシを持って遊ぶことからはじめてみましょう。

その際には、怪我のないように必ず大人の方が目を離さないようにして下さい。ご家族の皆さんで、歯磨きを習慣に出来るようにすると良いでしょう。

また、仕上げ磨きの際に親御さんの膝の上に寝かせることはスキンシップのひとつになります。

遊びを取り入れながら、歯磨きが楽しくなるようにすると良いでしょう。

子供の歯の汚れが取れない時は?

「色素沈着」「虫歯」の可能性があります。

もし、色素の沈着だった場合、問題ありません。

きちんと歯磨きをしても、茶渋のような汚れは落とせずに色素が歯に着いてしまうことがあります。

また、黒くヤニのような物が歯や歯肉との間に付着することもあります。

原因としては、食べ物や唾液と言われています。

色素沈着は、健康への影響はありません。

歯磨き剤は必ず使うべきですか?

「絶対に使わなければいけない!」というわけではありません。

歯磨き剤をつけると喜ぶというお子さんには、ほんの少しだけ付けると良いでしょう。

ただ、あまり多く付けてしまうと口の中が泡だらけになってしまいます。

泡が多いと歯磨き時間が短くなってしまうことによって、歯ブラシが行き届かなくなってしまう可能性があります。

歯磨き中に口をすすぐ回数が多くなって、仕上げ磨きもなかなか進まなくなってしまいます。お母さんの仕上げみがきを十分にしようとしても、すぐにうがいをしたがるので思うようには出来ません。

ただし歯みがき剤には小さな粒子による研磨作用、洗剤と同じ様な清掃作用もあります。

さらに特殊な働きを期待するフッ素や酵素が入っているものもあります。

使う時はフッ素入り歯ミガキを使いましょう。

【質問】割れた入歯の応急処置について教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

入歯の応急処置について

入歯は、使っているうちに金属疲労を起こしたり、また取り外した時のいきおいや落下の衝撃によって割れてしまうことがあります。

今回の記事はこういった入歯の破損トラブルについて、特に接着剤などは使って良いかについての特集を行います。

壊れてしまった入歯は、かかりつけの歯科医院にもっていけば多くの場合治すことができますが、持っていくまでの間の取り扱いには注意しましょう。

入歯が割れてしまった、そんな時は?

入歯が割れてしまった場合、食事に支障が出てしまうので、なんとか応急処置をしようと非常に多くの例や相談があります。

結論から言うと、患者様による接着剤などの応急処置が必要となります。

その一方で、応急処置をせずに破損したまま使用するなどは控えるようにお願いします。

修理可能な入れ歯が修理不可能にならないように、これらの点にご注意ください。

瞬間接着剤は使っていいの?

割れた入歯の修理を患者様の方で行いますと、接着ミスによるズレが生じる場合が多いです。

このズレが生じたまま入歯を使用すると、歯肉や他の歯への悪影響が出るだけでなく、入歯本体の修復不能な欠損や破損といった事態になりかねません。

工作に自信のある患者様でも、絶対に避けるようにしてください。

歯は、0.03㎝でもかみ合わせが変わると違和感を覚えます。

通常の接着では困難なほど精密に作られていますので、瞬間接着剤を用いた修理は行わないようにしてください。

綺麗に割れた入歯は壊れたまま使ってもいい?

絶対にNGです。

噛み合わせがずれたり、ヒドイと出血を伴う危険性があり、そこから他の病気に感染する可能性があります。

正しく洗浄することも難しくなるため、絶対に使用しないでください。

入歯の壊れた部分がごく一部に限られている場合などに多いのですが、歯科医院を受診するまでの間、壊れた入歯を使っている方がおられます。

入歯の壊れた範囲がごく一部だけであっても、壊れた入歯を使うのはやめてください。

また、ひび割れしている場合も破損個所からさらに広がって、誤飲や修復不能なレベルへの欠損に繋がります。

絶対にやめましょう。

破損した入歯の欠片は保存した方が良い?

破損部位はなるべくかき集めて一緒に保管しておいてください。

完全とはいかないまでも、細かいものでも欠損が少ない方がより復元できる可能性が高くなります。

また、金属部分が折れてしまった場合は様々なケースが想定されます。

軽度であればパーツ分解、重度であれば金属を丸ごと取り換え。

破損が大きいと作り直しとなりますが、あきらめずに一度お持ちいただくことをお勧めします。

また、保存に関しては水分を伴った保管が始動されていると思います。

破損時もそちらに従ってケースに保管してください。

入歯は水分があることを前提に設計されていますので、無駄な劣化を防ぐことが出来ます。

  • 自分で修理しない
  • 壊れたまま使用しない
  • なるべくすべてのパーツを水分を伴って補完する
  • 出来るだけ早く歯科医院を予約する

以上を守って、しっかり入歯の破損時の対応をしましょう。

【質問】入歯の注意点を教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

入歯について

実は入歯は正しく保管を行わないと、劣化して最悪破損する可能性があります。

今回の記事では、そんなあまり知られていない入れ歯の保管方法と洗浄方法の解説を行いたいと思います。

入歯の正しい保管方法を知って、適切な使い方をできるように心がけましょう。

入歯の洗浄

まず、入歯の洗浄は日常的に必ず実行することが大切です。

入歯洗浄剤に入歯を浸すことで、適切な状態に保つことができます。

各メーカーの洗浄剤パッケージに記載されていますが、ぬるま湯が基本です。

これは入歯の仕様設計が人の口内の温度に合わせて作られている為です。

熱湯や極端な冷水は避けるようにしましょう。

つけ置き後は、更に洗浄作業を行います。

入歯用の歯ブラシを用意して、洗浄液に浸しつつ入歯を歯ブラシでこすってください。

細かな汚れがある程度取れてくるはずです。

その後流水で洗い流し、洗浄を終えます。

入歯の保管

就寝中は、歯肉を休ませるために入歯は外してきましょう。

ただし、担当医から入歯の運用について特別な指導が入っている場合は、就寝中でもつける場合があります。

ご自身の状態がどちらなのか、是非ご相談と確認をお願いいたします。

入歯は常に濡れている人の口内での使用を想定されている為、乾燥が天敵となります。

酷いとひび割れや変形を起こす可能性がありますの手、必ず水中で保管をするようにしましょう。

初めての場合は担当医より指導を受けて下さい。

【質問】タバコで歯周病が悪化するって本当ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

タバコの歯に対する影響について

健康にも悪いタバコですが、当然歯にとって良いことは一つもありません。

タバコを吸うことで、歯周病にかかりやすくなります。

またタバコの煙(副流煙)には、200種類以上の有害美質が含まれており、歯周病以外にも歯肉炎にかかりやすくなります。

このことから、喫煙者は非喫煙者よりも歯周病に気を付けなければなりません。

また歯周病になりやすいだけでなく、悪化もしやすくなるというデータが存在しています。

今回はそんなタバコが何故歯周病を招き、さらに悪化をさせるのかという事についてお答えしていきます。

何故タバコは歯周病に悪いのか

タバコを吸い続けることで大量のニコチンを摂取してしまう事は、皆さんもご存じのこととも居ます。

このニコチンには血管収縮の作用があり、血液で満たされている歯茎への栄養を行き渡らせる役割を弱めるのです。

歯茎の血管が収縮することとで、歯茎本体が痩せてしまい、また栄養も十分に行き渡らないため治癒力が損なわれます。

ニコチンの副作用によって発生する免疫低下と重なり二重に打撃を受けてしまうのです。

痩せた歯茎はプラークが残留しやすくなる為、清潔な状態を保ちにくく歯周病の悪化に拍車をかけます。

さらに、色素沈着も大きな問題となります。

通常歯周病の進行で気が付く要因の一つに、歯茎の色が黒ずんできたというものがありますが、喫煙者間ではそれらに気付きにくくなるのです。

また、ニコチンだけでなくタール(ヤニ)も、歯に付着しやすい為、他の病原菌が溜まる原因となります。

これにより、タバコを吸う事は、歯周病菌にとっては絶好の温床となり得る条件がそろってしまうのが、歯周病を悪化させる原因だと言われます。

喫煙者にオススメなケアについて

喫煙者は、非喫煙者以上に歯周病や歯肉炎になりやすいと述べました。

理想的な対策としては、一切タバコを吸わない禁煙がオススメなのですが、それが難しいのであれば、喫煙者は、非喫煙者以上に歯のケアをしなければなりません。

タール(ヤニ)が歯に残らないように、日々の歯磨きをしっかり行いましょう。

ここで気をつけるのは、歯のエナメル質に傷がつかないように、あまり力を入れずに優しく行いましょう。

その歯磨きの際に使用する歯磨き粉もタールを溶かす作用のある薬用成分が含まれるものを使いましょう。

しかし、普段の歯磨きにも限界はあるので、定期的に歯医者に行き、歯のクリーニングを行いましょう。



【質問】定期的な歯科医での治療について教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

定期的な歯科医でのケアの必要性について

代表的な歯の病気である歯周病を未然に防ぐ為には、定期的に歯科医へ通院することが必要になります。

日々の歯磨きで手入れが届かない箇所では、歯垢が溜まる一方です。

この歯垢(プラーク)とは、歯や歯の隙間にある白っぽい粘着性の沈着物です。

口の中に居る細菌や最近から作られる物で構成されています。

バイオフィルムとも呼ばれ、歯への付着がとても強く、薬品使用だけでは取り除くのが大変難しいです。

この歯垢が原因で、歯周病が発症します。

定期的に歯科医へ通院することで、歯の状態が分かるだけでなく、溜まった歯垢を除去する事が可能です。

近年、あらゆる全身疾患と歯周病の関連性が研究者の手により指摘され始めています。

関連が指摘されているものは主に【呼吸器系疾患】、【心疾患】、【妊娠】、【糖尿病】などが挙げられ、なかでも糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあると言われています。

歯肉は体の中でも非常に敏感で、多種多様な微生物、細菌が最も多く存在する部分でもあります。

お口の中をしっかりコントロールすることは、全身の健康管理の第一歩にもなるので、定期的な歯科医への通院が必要なのです。

歯科医で行われる治療について

歯科医で行われる歯肉の検査は、通常以下のようになります。

この検査では、主に【歯周ポケットの深さを測定する】、【歯石を取り除く】の2つの目的があります。

歯石を取り除く場合、歯肉に覆いかぶさっている歯石を取るという行程となります為、炎症を起こし敏感になっている歯肉に器具で触れそれが痛みの原因となってしまいます。

どうしても痛みが我慢できない場合、表面麻酔を用いるなどの方法も存在します。

歯石の溜まり方については個人差があり、必ずこの期間で受診しなければならない、というものはありません。

通常は年に3回~4回の通院を目安とされています。

主治医に定期的に診断をしてもらい、溜まり具合をチェックしてデータを蓄積していくことで、御本人に合った歯石除去目的の通院ペースを構築することができます。

この検査により、歯周病か否かがわかります。

もし初期の歯周病と診断された場合、適切なブラッシングの指導と歯科医師または歯科衛生士による歯周基本治療を行います。

進行した歯周病と診断された場合では、歯周ポケットの奥深くにあるプラークを除去する際に痛みを伴うため、局所麻酔を行う場合もあります。

また、さらに重度の場合は、歯周基本治療とあわせて歯周外科手術が必要になることもあります。

【質問】オールセラミッククラウンについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

オールセラミッククラウンについて

オールセラミッククラウンという治療はご存知でしょうか?

この治療は、歯が欠けた李、むし歯などで歯に穴が開いた場合に、セラミックで出来た詰め物を行う治療の事です。

今回は、あまり聞き馴染みのないオールセラミッククラウンについて解説を行いたいと思います。

オールセラミッククラウンの治療のメリットとデメリットを合わせて解説したいと思います。

治療内容について

オールセラミックとは、差し歯や銀歯に代表される従来の治療に対する代替案の治療となります。

この治療では、まず口の中を撮影し、自身の歯の形状や歯並びを調べます。

このデータを用いる事で、対象となる欠損した歯に対して、周りの歯とバランスが合うようにセラミックの人工歯を作成します。

銀歯と違い、加工がしやすいセラミックを利用しているので、自分の歯の形状に合わせた、自然な人工歯を作る事が可能となります。

また、セラミックは非金属であるので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を受ける事が出来るというメリットもあります。

このように、オールセラミッククラウンとは、金属を利用せずに被せ物や詰め物をするという、歯の修復治療なんです。

また、初めて被せ物や詰め物を検討している方は勿論の事、過去に差し歯や銀歯の治療を受けた方も、この治療を受ける事が可能です。

ですので、過去に一度治療を受けて時間が経った事で、黒ずんでしまった差し歯や銀歯をオールセラミッククラウンに交換する事が可能となります。

このオールセラミッククラウンの治療のメリットとしては、

  • 自然な歯並び
  • 天然な歯のような見た目
  • 非金属を利用
  • 経年劣化がしづらい

という事が挙げられます。

一方で、保険適用外の治療である事、銀歯に比べて衝撃に弱いといった事が挙げられます。

【質問】子供の歯の詰め物が取れた時は?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

詰め物が取れた時

子供の歯に詰め物をした場合、その詰め物が取れるというケースが多々あります。

それは、

  • 子供の乳歯は、永久歯へと生え変わる
  • 子供の乳歯は、永久歯よりも柔らかい

といった理由から、子供の乳歯に対する詰め物は、大人の永久歯に対する銀歯等の詰め物と違って精巧に作る事が難しいのです。

ですので、冒頭に述べた様な、詰め物が取れるといったケースが多発するんです。

実際に自分のお子様の歯の詰め物が取れた際は、

お子様が詰め物を誤飲しないように保護者が保管し、すぐに歯医者に行きましょう。

絶対に放置はしてはいけません。

詰め物が取れる原因について

自分のお子様の歯の詰め物が取れてしまうのには、いくつかの原因があり、それらを探っていくのが重要です。

下記に簡単に症状別のパターンを示しますので、実際にどのような状況下で起こったのかを確認して、担当医にご相談ください。

(1)乳歯は、永久歯よりも歯に厚みがないため、詰め物も薄くなってしまうので取れやすい。

(2)乳歯の詰め物には、銀合金が使われています。さびやすくてセメントの接着力が落ちやすいため取れやすい。

(3)歯の生え変わりの時期だと、歯が動いたり隣の歯が生えてくることによって、詰め物がはずれやすくなる。

(4)ガムやアメを食べたり、歯軋りをする子は詰め物が外れやすい。

(5)子供は唾液が多いため、詰め物を留めるセメントの力が弱まるため外れやすくなる。

(6)治療を嫌がってしまう事があり、そういう場合には精度が劣ってしまいとれやすくなる。 

以上のような理由が挙げられます。

詰め物が取れてしまった場合、虫歯が進行したり歯が欠けたりしていなければ、付け直すことが出来ます。