【質問】妊娠をすると歯周病になりやすいって本当?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

妊娠中の歯周病について

妊娠中期から後期にかけて女性ホルモンが増加するため、歯茎の出血や発赤、腫れが起こりやすくなります。

これを妊娠性歯肉炎と言います。

出産とともに妊娠性歯肉炎は収まりますが、歯磨きなどをしっかり行いプラークコントロールを行う必要があります。

プラークコントールとは、細菌の塊である歯の間や裏側のプラーク(=歯垢)を除去する事です。

このプラークは、むし歯や歯周病の原因であり、歯科医院でも歯石取等で取り除く事は可能ですが、毎日の歯磨きが一番重要なプラークコントロールとなります。

代表的な歯磨きの方法として、以下の3つ挙げられる事が出来ます。

  • 歯ブラシを使ったブラッシング
  • 歯間ブラシ、デンタルフロスを使ったブラッシング
  • 殺菌作用を持つ洗口液を使ったうがい

これら3つをしっかり習慣化して行いつつ、定期的な歯科医院でのメンテナンスを行う事で、歯周病対策をしましょう。

また、歯周病の妊婦さんは、低体重児出産や早産のリスクが高くなるとの報告がされています。

これらは新生児死亡に繋がることもあるため、歯科検診を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

さらに、知的障害、脳性麻痺、てんかんなどといった重い障害が残る可能性もあります。

その他にも、長期入院にわたり親子の愛情障害が起こり児童虐待の恐れ、高血圧・糖尿病になるリスクなども挙げられます。

歯周病だけでなくむし歯は妊娠中に悪化しやすいものなので、かかりつけの歯科医院で診てもらうようにしましょう。

【質問】妊娠中の歯のトラブルについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

妊婦は、歯が悪くなりやすいと言われています。

原因は、赤ちゃんにカルシウムが取られるからではなく、妊娠するとホルモンバランスが崩れたり、生活習慣が変わることが原因でむし歯になったり歯のトラブルに陥りやすくなることがあります。

それに加えて、つわりで歯磨きの回数が減ってしまったり、食事の回数が変わってしまったりすることで口内環境が悪くなることで、むし歯や歯周病の病状が悪化することが多いのです。

今回の記事では、そんな妊娠中の歯のトラブルについての記事を解説していきたいと思います。

妊娠中の歯のトラブル対策について

妊娠中、お口の健康管理をしっかりすることは大切です。

この健康管理を行うためには、規則正しい生活、お口の中を清潔に保つことを心がる必要があります。

例えば妊娠中にむし歯があると、母体だけでなく赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があります。

つまり、むし歯になりやすい歯並び、唾液の質、歯の質など遺伝的な部分もあります。

しかし一方でこれら遺伝由来によるものよりも、赤ちゃんが育つ環境によってむし歯変にかかるのも事実です。

ご飯や飲み物の与え方、歯磨きなど生活習慣でむし歯になりやすくなることもあります。

また、むし歯菌はお母さんから赤ちゃんへ伝播することが多い事が、むし歯対策を行う大きい理由になります。

ですので、日々の歯磨きをしっかり行う必要があります。

つわりが辛いという方は、

  • 体調の良いタイミングをみはからって短い時間で歯磨きを行う。
  • 前屈みの姿勢で歯磨きを行う。
  • 歯磨きを行う事が難しくても、殺菌効果のある洗口液でうがいを行う。

と言った対策をしっかり行いましょう。

次は、歯周病対策についてのお話をしたいと思います。

実は歯周病の妊婦は、そうでない妊婦と比べて早産のリスクがあると言われています。

この歯周病の厄介な所は、妊娠中に胎盤を通じて赤ちゃんに感染する可能性があるのです。

ですので、歯周病の疑いがある妊娠中の方は、即座に歯医者へ行く事をお勧めします。

妊娠中の歯の治療について

妊娠中でも制限付きで歯の治療を行うことは可能な時期はありますが、妊娠後期になると治療が難しくなります。

出産後はなかなか治療の時間が取れなくなるので、歯周病やむし歯の疑いが無くても、妊娠中期に一度歯医者へ行くことをお勧めします。

また自治体によっては、妊婦検診と歯科検診の検診代の助成金が受けられる場合もあるので、事前にお住まいの地域のこれら助成金の対象についてお調べする事もお勧めします。

妊娠中の歯の健康は、ご自身の健康だけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんの健康についても大きく関わっています。

赤ちゃんの健康のためにも、時期を見計らって歯科医院での受診をしましょう。

【質問】歯ぎしりが癖なのですが、直したほうが良いですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯ぎしりについて

歯ぎしりとは、睡眠中に歯を擦り合わせる行為であると一般的に知られていますが、実は睡眠中・起床中を問わず無意識に歯を擦り合わせる行為の事を指します。

つまり、このような歯ぎしりの癖を持つ方は、持たない方に比べて歯や顎に負担が大きくかかります。

そうであるので、歯ぎしりの癖を直さないと、歯が減って欠ける可能性があるだけでなく、歯根にまで悪影響を及ぼしたり、歯周病やむし歯になる可能性もあります。

そこで今回の記事では、そんな歯ぎしりの原因や治療について解説を行いたいと思います。

歯ぎしりの原因について

歯ぎしりの原因は、はっきりとは解明されていませんが、以下の症状を持つ方に多く見られます。

  • 日々の生活に肉体的または精神的なストレスを感じている
  • 歯並びが良くない
  • 噛み合わせが良くない
  • 習慣

上記の原因でも最も圧倒的に多いのが、ストレスとなります。

また先ほど述べたように、歯ぎしりとは日中起きている際にも行っている場合があります。

注意しないといけないのが、日中に歯ぎしりを行う癖を持つ人です。

気付いたら、意図せずに上下の歯を強く噛み合わせたり、擦り合わせたりしていた事が良くある方は、注意しましょう。

日中の歯ぎしりの癖と言うのは、意識的にこの癖を直す必要があります。

歯ぎしりの治療について

歯ぎしりの癖がある事に気づいた方は、歯科受診をお勧めします。

一般的な治療法としては、睡眠中の歯ぎしりで生じる負担を軽減する為に、就寝前にマウスピースを装着するスプリント治療があります。

このスプリント治療は、保険が適用される場合もあるので是非一度歯科医院でのご相談をお勧めします。

歯ぎしりをする際には、とても強い力がかかります。その強い力によって歯が磨り減ってしまったり、歯が欠けてしまう事もあります。更には歯根まで大きな影響を及ぼします。寝ている間の歯ぎしりはご自分では気づき難いですが、ご家族から指摘があったり朝起きた時に歯やあごに違和感があるという場合には、歯科受診をお勧めします。

【質問】ラミネートベニアについて教えてください

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

ラミネートベニアについて

短期間で白い歯を手に入れたいという要望をお持ちの方にオススメなのが、ラミネートベニアという治療です。

「歯を白くする」という治療には、他にはホワイトニングが有名ですが、今回はラミネートベニアがどういう治療なのか、ホワイトニングに比べてどういうメリットがあるのかを解説したいと思います。

歯を白くしたい、綺麗にしたいという要望をお持ちの方は、是非この記事を読んで、ご参考して下さい。

治療内容について

ラミネートベニアとは、歯の表面を白く綺麗に見せる為の治療です。

ラミネートベアの治療方法とは、歯の前面のみを0.3~0.7ミリくらい薄く削り、そこにセラミックなどを接着させる方法です。

色は、選ぶことが出来ます。

歯の表面に素材を被せることで、美しい歯になるという仕組みです。

また他にも、

  • 歯列の隙間の治療にも用いる事も出来るので、歯の隙間が木になる部分を埋める。
  • 削れている部分や、穴が空いている部分を埋める。

といったラミネートベニアの応用治療の方法もあります。

メリットについて

ホワイトニングに代表される他の治療に対するメリットを挙げていきたいと思います。

まず真っ先に考えられるメリットとして、治療期間が圧倒的に短いので、費用が安くて済むという事が挙げられます。

ホワイトニングよりも、術後のメンテナンスの頻度が少ないといった事も挙げられます。

また治療の内容上、自分の歯を最大限残しつつ、綺麗な歯を手に入れる事が可能である事、一本からの治療が可能である事がメリットとして挙げれます。

【質問】女性ホルモンが歯周病に影響するって本当ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

女性ホルモンの分泌量の変化などが、歯周病に影響を与えると言われています。

生理時・思春期・妊娠中には、女性ホルモンの分泌量が増加し、女性ホルモンを栄養源にして繁殖する種類の歯周病菌が増殖、抹消血管の拡張も起こります。

それが原因で、歯ぐきから出血しやすくなったり、歯茎に炎症が起こりやすくなったりします。

また更年期には、女性ホルモンの分泌量が低下し、抵抗力が弱まったり体調の悪化が起こります。このため歯周病も進行しやすくなります。

不安な時期には、歯科での定期的な検診をお勧めいたします。

【質問】赤ちゃんの為のむし歯予防対策は何がありますか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

赤ちゃんのむし歯について

むし歯は健康的で綺麗な歯を脅かす存在です。

そんなむし歯の原因であるミュータンス菌は、大人の約9割が保持していると言われる一方で、赤ちゃんの口の中には存在しないと言われています。

では何故ミュータンス菌を持たない赤ちゃんが、成長してむし歯が発生するかと言うと、ミュータンス菌を持つ大人からうつると言われています。

今回の記事では、赤ちゃんに対する周りの家族が出来るむし歯予防について解説したいと思います。

むし歯予防って何があるの?

先ほど述べたように、赤ちゃんは大人からミュータンス菌がうつされて、むし歯になると述べました。

一般的に考えられるケースとしては、

  • 食器やタオルなどの使い回し
  • 唾液がかかるシュチュエーション(フーフーして食べ物を冷ます、赤ちゃんへのキス)

などが挙げられます。

なので家族が出来る事と言えば、周りの人たち自身の口内をキレイに保つことです。

特に赤ちゃんの母親がむし歯を持っている場合、持ってない場合よりも3倍むし歯にかかりやすいと言う統計もあります。

具体的には、食後の歯磨きを習慣化させ、ダラダラ食べをしないようにすることです。

また、赤ちゃんが使う食器やタオル等を清潔に保つ事もむし歯予防になります。

規則正しい生活を意識してみましょう。

この点については、かかりつけの歯医者さんに定期的に口内チェック、自分に合った歯の磨き方などを教えてもらうと良いでしょう。

【質問】「歯の神経を抜く」とは、どういう治療なのでしょうか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯の治療について

歯科医院で「歯の神経を抜きましょう」と言われて、十分に説明されず納得できないまま同意してしまい、治療を受けたことはありませんか?

そのような経験が無いとしても、「歯の神経を抜く」という治療は、聞き馴染みのある言葉だと思います。

今回はそんな、聞いたことはあるけど、具体的にどのような治療で、どのような目的でやるのかがイマイチ分からない、「歯の神経を抜く」という治療について解説したいと思います。

是非この記事を読んで、自分の歯の治療にご活用ください。

歯の神経について

先ほど出てきた、「歯の神経を抜く」とは、具体的にいうと歯髄(しずい:dental pulq)という組織を指します。

歯は、外側から内側にかけて、表面のエナメル質、象牙質、そして今回解説したい歯髄から構成しています。

この歯髄というのは、血管や神経が通っています。

ですので歯髄とは、痛み等の刺激を伝えたり、水分や栄養を送る役割を担っています。

歯の神経を抜くと?

むし歯などに感染してしまうと炎症を起こしてしまうので、重度な場合治療として、歯を抜かなければなりません。

しかし、大抵の場合歯を抜く必要は無く、代わりに歯を削る必要があります。

このように歯を削った場合、歯髄に通っている神経がむき出しの状態になるので、そこも一緒に取り除かなければなりません。

これを一般的に、「神経を抜く」と言います。

この治療を行なった場合、次のような症状が起きることが予想されます。

神経を抜いてしまうと、再度むし歯が発症しても、今ままでのような痛みなどがないため、発見が遅くる傾向があります。

また神経がなくなると、そこに通っている血管も取り除かれる為、歯に栄養がうまくいきづらくなります。

なので、歯が弱く脆くなりがちであり、徐々に歯の黒ずみが進行していきます。

ひどいむし歯や感染症を起こしている場合には歯髄を取る以外方法はないので、むし歯や歯茎に少しでも違和感を感じた際は、早期発見を心がけ歯科医に相談しましょう。

また、一度でも歯の神経を抜いた経験がある方は、自分でむし歯に気付きにくかったり、むし歯になりやすかったり、歯が以前よりも弱くなる傾向にあるので、定期的な歯科医での検診を心がけましょう。


【質問】キシリトールって本当に歯に良いんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

キシリトールの効果について

数多くの企業がキシリトール配合のガムを商品化しており、馴染み深い言葉であある”キシリトール”について今回は解説したいと思います。

まず結論から言いますと、キシリトールはむし歯予防に効果があります。

そもそもむし歯が発生する仕組みとしては、むし歯の原因であるミュータンス菌が糖を発酵させる際に発生する酸によって、歯が溶けるといった仕組みになります。

つまり、細菌が歯に付着して残っている糖分をエサにして作られる酸によって、歯が溶かされ、穴が空くという事をむし歯と言います。

なので、歯に付着する糖質を落とすために、毎日の歯ブラシや歯間ブラシを用いた歯磨きや、うがいが必要となるのです。

話を元に戻すとキシリトールとは、天然素材の甘味料であり、白樺の樹脂から抽出される物質に水素を加えて作られるものです。

砂糖のカロリーと比べると1/4程度なのに、甘さは砂糖と同程度なので、糖尿病患者さん向けの医療品原材料としても利用されています。

しかし砂糖の糖分とは異なり、口の中でミュータンス菌にエサにされる事がないため、歯を溶かす酸を作る事は出来ません。

酸が発生しにくくなる事によって、ミュータンス菌の住処である”プラーク”が、日々の歯磨きによって落ちやすくなります。

それに加えてキシリトールには、歯のエネメル質の再活性効果もあります。

こう言った理由から、キシリトールはむし歯予防に効果があります。

キシリトール配合商品を利用する際の注意点

先ほどキシリトールという成分には、むし歯予防に効果があると述べました。

しかし、実際にむし歯予防を期待してキシリトール配合商品を利用する際には、注意しなければいけない点があります。

(1)ガムもしくはタブレットの商品から選ぶ。

(2)キシリトール以外の甘味料が含まれていないか確認する。

(3)歯磨きの代わりにはならない。

この3点を抑える必要があります。

それぞれ確認してみると、

(1)とは、ガムやタブレットでない限り、口の中にキシリトールを留まらす事が難しいので、これらの商品を選ぶ必要があります。

(2)とは、キシリトール以外の甘味料が含まれていた場合、その甘味料に含まれる糖分がむし歯発生の原因となる可能性があるからです。

ですので、いわゆる”シュガーレス”商品を選ぶか、パッケージの表記が糖類が0gであり、糖質中のキシリトールの割合が半分以上の商品を選びましょう。

(3)とは、キシリトールはむし歯予防に効果はあるものの、歯磨きはより効果的であり、キシリトール配合商品を摂取する事で歯磨きの代わりにはならないという事です。

日々の歯磨きをきちんと習慣化し、補助的にキシリトール配合商品を摂取する事でむし歯予防を目指しましょう。

【質問】子供が歯科医院嫌いにさせない為には、どうすれば良いですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

生え始めの乳歯というのは、歯の質が柔らかいため、一度むし歯が発症すると進行しやすいという特徴があります。

ですので、自分のお子様の乳歯が生え始めると、歯科医院で歯の治療は必要となります。

しかし、この年代の子供は、大人とは違い歯科医院に対して強い嫌悪感を抱く事があります。

治療中の痛みに対する恐怖心や、たまたま機嫌が悪いタイミングで治療を受けた場合に、こういった嫌悪感を植え付けられる事になります。

そうなると子供の中で、歯科医院=怖い所とインプットされ、円滑に歯の治療を受けることが難しくなる可能性があります。

ですので、子供の中で、そういった歯科医院におけるネガティブなイメージをなるべく無くす必要があります。

小さなお子様を持つ親御さんが出来る対策を今回は、お話ししたいと思います。

恐怖心を植えつけない為には?

最初の対策として、自分の子供に無理に治療を受けさせないという事が挙げられます。

例えば、歯科医院の診察室に入ってみるだけにして、次の日に治療の椅子に座るだけにする、等と段階を経て少しずつ子供に歯科医院に慣れてもらいながら恐怖心を無くしていきます。

子供が歯科医院という環境に慣れるという事が、治療に対する恐怖心を軽減される事に繋がります。

次に、普段から子供に歯科医院について恐怖心を抱くような言動には注意しましょう。

このような言動は、自分の子供の中に、歯科医院=怖い所というネガティブなイメージが勝手に植えつける可能性があります。

むし歯は、予防が大切です。

このむし歯を予防するためにも、歯医者に行く事は大切です。

大人でも歯痛は辛いものです。

万が一むし歯になってしまっても、早期に発見することが大人であろうが子供であろうが、治療も短時間で済ませることが出来ます。

そうであるので、小さなお子様を持つご両親がこれらの対策を行う事が必要となります。

【質問】プラークコントロールってなんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

プラークコントロールには、プラーク(歯垢)を防ぐ・除去するなどの意味があります。

虫歯や歯周病など口内トラブルの予防につながるため、プラークコントロールはとても大切なことなのです。

正しく丁寧なブラッシングや歯間のケア、砂糖摂取のコントロールなどの方法がありますが、歯科衛生士によるクリーニングを定期的に受けるのも効果的です。

プラークは全部除去出来るの??

できません。

口内のプラークを完全にゼロにすることはできず、生きている間上手く付き合っていく必要があります。

細菌を抑え込んで何も起きないのか。歯周病などの発症原因になってしまうかは、ご自身の免疫力とのパランスによってきまります。

細菌の量と免疫力のバランスが保たれていると、歯周病などの発生を抑えられます。

量を抑えることは日々のブラッシングが重要です。

当院では歯みがき指導も行っているので、是非一度下北沢にお越しください。