【質問】インビザライン治療で何故歯が動いていくのですか?

マウスピースによる矯正方法はワイヤーによる矯正方法とかなり違って見えるのでどう歯が動いていくのか疑問に思う方も居ると思います。

ワイヤー矯正と同様にマウスピース型矯正(インビザライン)でも歯は動かせます。

歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられています。

この骨(歯槽骨)は力を加えられると少しづつ変形していきます、その変化を利用して歯を動かしていくのが歯列矯正全般です。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の動かし方の違い

ワイヤー矯正

ワイヤー治療は、歯にワイヤーを装着しブラケットにより圧(力)をかけて歯並びを調節します。

歯列の状況を見ながら歯科医師が適切な力に調整することになります、この力の調節により徐々に歯を動かし最終的に綺麗な歯並びへと導くことがワイヤー治療です。

インビザライン矯正

インビザライン矯正全治療に使用するマウスピースは数十組となりますが、その全てにおいて少しづつ形が違います。

一般的にインビザラインはアライナー(マウスピース)一枚で0.2~0.3mm程歯を動かすことが出来るという統計が出ています。

つまりインビザライン治療では1ヶ月に歯が移動する距離はおおよそ1mm程度動くという事です。

マウスピースは1周間ほどで次のマウスピースへと交換を行っていきます。

新しいマウスピースの付けたては、歯がしめつけられるような圧迫感を感じますが、まさにこの時、歯へ矯正するための力がかかっているのです。

どうやって歯が動いていくかのまとめ

インビザライン矯正でどうやって歯が動いていくのか説明しましたが、新しいマウスピースを付けた時に違和感痛みが出ますが、そこで苦痛を感じる方も多いと思います。

ですが自分自身の歯が動いてると思いながら続けていけば理想の歯並びになっていくのがインビザライン矯正です。

痛み違和感に関しても1ヶ月程で徐々に慣れていきますし、安心してはじめていきましょう。



【質問】インビザライン治療の進め方について教えて下さい

治療の始め方について徹底解説

インビザラインをいざ始めたいと思った方の中にまず何から始めれば良いのか、実際どういった流れで治療が始まり進んでいくのかなど疑問に思う方も居るのではないでしょうか?

そんな方に流れを説明します。

カウンセリング予約の電話・カウンセリング

当医院に関してはインビザライン治療で患者様にご好評頂いており、1ヶ月〜2ヶ月程初回カウンセリングの予約が埋まっている場合も多いです。

なのでまずは当院にお気軽にお電話してください、患者様のご都合に添えるように当院も対応させて頂きたいと思っています。

カウンセリング当日、矯正専門医が患者様の歯並びを確認させていただきます。

カウンセリング時間は30分程で丁寧に患者様の要望など聞きながら医師と相談していきます。

この段階で、治療期間や費用などの目安をご説明します。

精密検査・歯型取り(3Dスキャナーを使用)

次に、患者様の歯型、口腔内写真、レントゲンなどの口内を検査します。

iTero(3D光学スキャナー)を使って患者様の口内撮影し、歯の形状や歯列の状態をデータとして取得します。

そして一人一人の患者様に合わせたインビザラインの治療計画を立案します。

従来のシリコン製の印象材を使った歯型取りと違い撮影時間もかからず、嘔吐反射の強い方もストレスなく歯型取りを行なえる所もポイントです。

クリンチェックによるシュミュレーション

クリンチェックと呼ばれる専用のソフトウェア上のモニターで歯の移動のシュミュレーションを行い、治療計画を立てます。

お客様も一緒モニターでどう自分の歯並びが並んでいくのか観ることが出来るので、安心してシュミュレーションができます。

どのように歯を動かし、どのくらいの期間で矯正治療を行うかは患者様によって異なります。

マウスピース型装置(インビザライン)の発注

治療計画の作成が終わると、様々な形のマウスピース型装置を米国の工場に発注します。(約30枚~60枚程度)

米国の工場でマウスピース型装置が作られます。

治療スタート

マウスピースが届き次第、患者様に当院にご来院いただきマウスピースの取り扱い説明など行いお渡しします。

マウスピースの交換は患者様ご自身で最初の枚数は10日~14日目安に、ある程度の枚数からは担当医の指示で7日おきを目安に交換してください。

治療期間中約2ヶ月に1回程度の通院が必要です。

担当医が患者様の矯正が滞りなく進んでいるかをチェックいたします。

以上がインビザライン治療の流れになります。

従来の歯型を取るような苦しさも少なく医師と患者様2人でモニターを見ながら患者様一人ひとりに合った治療計画が立てていきやすいですし、マウスピースが届いてからも医師がしっかり取り扱い方法など説明させて頂きます、その後の来院チェックでもアフターフォローなどしっかりさせて頂きます。

安心してカウンセリングに起こしください。

【質問】インビザラインのマウスピースのお手入れ方法について

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

インビザラインのお手入れ方法について

今回はマウスピース(アライナー)のお手入れ、注意点について説明させて頂きます。

※マウスピースの事を専門用語でアライナーと呼ぶので、ここからはアライナーという用語で表現させてもらいます。

アライナーのお手入れを間違えると患者様の歯並びだけでなく、むし歯など色々な口内のトラブルの元になってしまう可能性もあります。

ですが、アライナーのお手入れ方法は決して難しい物では無く、お手入れ方法を分かっているとワイヤー矯正より歯のトラブルが減る可能性が大きいです。

ブラッシング・水洗い

マウスピース型矯正装置(インビザライン)も天然の歯と同じように、表面に食べかすや歯垢(プラーク)が付着します。

少なくとも1日に1回は、アライナーをブラッシング・水洗いしてください。

ご自身が歯磨きをする時に、一緒にアライナーをブラッシングする習慣を着けるとお手入れを忘れずらくなるのではないでしょうか?

アライナーを清潔に保つことによって、虫歯や口臭対策になります。

アライナーは、平均して1週間おきに新しい物と交換するため、基本的にはブラッシングと水洗いのみで大丈夫です。

アライナーを取り外す際の注意点

無理にアライナーを口から外そうとすると破折してしまうおそれがあります。

奥歯、前歯の順に外すようにして下さい。

取り外す際には、一番奥歯の内側または外側(やりやすい方で大丈夫です)に指を引っ掛け奥歯のアライナーを浮かせ、前歯のアライナーを持ちやや前方向に向かって外してください。

アライナーが新しいときは取り外しにくいと感じることがありますが、爪や指を傷めないように注意をしましょう。

インビザラインの注意点

  • 毎食前にアライナーを外す
  • アライナー専用ケースの携帯

毎食前にアライナーを外す

なぜアライナーを装着したまま食事をしてはいけないかというと、アライナーの変形や割れ・着色・食べ物の付着のおそれがあり、衛生面からもおすすめできません。

ですので、食事の前には必ずアライナーを取り外しましょう

アライナー専用ケースの携帯

先ほど述べた様に、食事の前にはその都度アライナーを外すので、外出の際は必ずアライナー(インビザライン)専用のケースを携帯をするようにしましょう。

携帯ケースを持ち運ぶ事で、取り外したアライナーを清潔に保管する事が出来ます。

注意点のまとめ

毎食後の度に歯を磨いたり、ブラッシングしたり、お手入れ・注意点が少々面倒に感じる方も居ると思います。

しかし、ワイヤー矯正をしている方は、器具を外す事が出来ない為綺麗に磨ききれず虫歯になる方が多い中、インビザラインは脱着可能なので気にせず普段どおりに歯磨きも出来ます。

歯列矯正をしながらも、食後にマメに歯を磨く習慣が出来る事により虫歯や口臭予防にもなり、いつでも口の中を綺麗に保つ事になると考えれば、自分自身の口内の清潔感など沢山のメリットと考える事が出来るのではないでしょうか。


【質問】インビザラインの治療中の痛みについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

治療中の痛みについて

痛みに弱い方や、インビザラインとワイヤー矯正とどちらが痛いのか不安になるか気になる方も居るのでは無いでしょうか?

今回は治療においてどういった時に痛みを感じるか、インビザラインとワイヤー矯正それぞれの治療の痛みの違いについて、分かりやすく説明したいと思います。

インビザライン治療について

痛みに関して1つのマウスピースでの移動量が約0.3mm程と少なく、弱い力で少しづつ動かしていくのでインビザラインはワイヤー矯正より歯に与える負担が軽く、痛みは少ないといえます。

ワイヤー矯正とインビザラインの痛みの違い

ワイヤー矯正は1ヶ月に1回ワイヤーを太いものに交換するので歯に掛かる負担が多きいので、交換するたびに力がかかり3日程大きな傷みが出る方が多いです。

インビザライン矯正では1~2週間程度のペースでマウスピースを交換していく為力のかかり方が急激ではない為ワイヤー矯正ほどの痛みはかかりません。

そしてインビザラインは透明なマウスピースの為ワイヤー矯正のように金具で口内を傷付ける事が無いので口内炎になりにくいメリットもあります。

インビザラインで痛みが出る時

初めてマウスピースを装着した時

歯の根元がしっかりしているため初めにマウスピースを装着するときは多少の力が加わるので痛みを感じることがあります。

平均2~3日で痛みに慣れていく方が多いです。

マウスピースを外す時

飲食・歯磨きをする時には基本的にマウスピースを取り外すと考えてください、その時の外し方でじんわり痛みを感じる場合があります。

取り外し方に関してはアライナー(マウスピース)のお手入れ法に記載しているので参考にして頂ければ痛みはかなり緩和されると思います。

新しいマウスピースに交換した時

新しいマウスピースを装着した直後は歯の形を変えていくために形状が少し変化しているので動かしたい部分に力が加わりじんわり痛みを感じることがあるようです。

インビザラインの痛みに関するまとめ

今回はインビザライン矯正で感じる痛みについて説明させて頂きました。

誰でも痛みを感じるのは嫌ですよね・・・

しかし痛みを感じるということは、歯がしっかりと動いているとうことですしインビザライン矯正では1~2週間程度のペースでマウスピースを交換していく為、力のかかり方が急激にかからないのでワイヤー矯正ほどの痛みが少ない治療だと思います。

なので痛みに弱い方にもインビザライン矯正はオススメです。

矯正終了後のキレイになった歯並びを想像しながらしっかりと耐えて治療を進めていきましょう!

【質問】インビザラインについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

インビザラインのQ&A

歯の矯正をお考えになって調べていくと、インビザラインという用語を目にする事もあるのではないでしょうか?

そこで今回は簡単にインビザラインとはどういった矯正なのか説明していきますね。

インビザラインとは

インビザラインは、

『透明で目立たない』

『取り外しが可能』

という特徴のある新しい矯正治療法です。

透明なマウスピースを患者様一人一人の歯型に合わせ、オーダーメイドでマウスピースを数十枚作成していきます。

そのマウスピースを歯に被せていき、理想の歯並びにしていく歯列矯正がインビザライン矯正というものです。

ワイヤー矯正とインビザラインの違い

ワイヤー矯正は歯に接着剤で装置を着けるので取り外すことはできません。

そのため装置をつけると矯正治療が終わるまで、装着したままなのでワイヤーが目立ち、歯磨きなどもしにくくなります。

一方、インビザライン矯正はマウスピースが透明かつ脱着できます。

なので矯正している事が他の人から見ても分かりづらく、脱着できるので歯磨きも通常通りしやす為、虫歯になりにくいなどが大きな違いです。

ここから少し詳しくインビザラインのメリット・デメリットを説明していきますね。

インビザラインの主な3つのメリット

  • 矯正装置が透明なので目立たない
  • ワイヤー矯正より気軽に出来る
  • 来院回数が少なくて済む

以下、3つのメリットそれぞれについて解説を行いたいと思います。

歯列矯正が目立たず進められる

先程少し説明しましたがマウスピースは透明な素材から作らています。

『歯列矯正はしたいけど、ワイヤーが見えるのはちょっと』と思う方も居ると思います。

他にも人前に出る事が多い・大人になってから歯列矯正を始めたい方などにも適しています。

ワイヤー矯正より気軽に出来る

従来のワイヤー矯正より治療期間も短く終わらせられる事が多いです。

治療期間は患者様自身の歯並びの状態によりますが、早い方で6ヶ月〜1年半程で歯並びが綺麗になります。

(患者様の歯並びの状態や骨格によっては期間に個人差は出てきます)

来院回数が少なくて済む

インビザライン矯正は歯を移動させるためのマウスピースを一度に数十枚作製します。

現在の患者様の歯並びから目標とする理想の歯並びになるまでの歯の移動をシミュレーションしていきます。

そして約1週間に1回の頻度でご自身で次の段階のものにつけ替えていく事ができるので来院回数が少なく済みます。

ワイヤー矯正の場合ですと2週間~3週間に1回来院するのが平均です。

当院では2ヶ月に1回のチェックで済みます。

忙しく中々来院できなかったり、当院から距離が遠い方にもメリットになるのではないでしょうか?

インビザラインのデメリット

患者様の自己管理

マウスピースは脱着可能になっていますが、歯並びを理想の状態にしていく過程で、1日20時間から22時間装着する事を推奨しています。

つまり、食事と歯磨き以外の時間は装着する物になります。

装着時間を20時間以下になると歯の動きが遅くなる為、推奨している時間を守って頂く事がとても大切になっていきます。

患者様ご自身で時間を守り管理をしてください。

インビザラインは大人になってからも、目立たず気軽にできる矯正ですし様々な状態の歯並びを矯正していく事にもにも対応しています。

分からない事があれば是非当院でカウンセリングにお越しください、患者様一人一人親身により良い治療が出来るように提案させて頂きます。

今後も細かなQ&Aコラムを掲載していくので、この記事も参考にしながらインビザラインの事を知っていってくださればと思います。


【質問】牛乳は赤ちゃんの歯を強くすることが出来るの?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

牛乳の効果について

カルシウムが豊富に含まれている牛乳ですが、歯にとってカルシウムは重要な栄養素です。

しかし、牛乳からカルシウムを摂取しようとする人は少なくなっています。

なぜなら、カロリーオーバーやアレルギーを気にする妊娠中の女性が増加しているからです。

厚生労働省の調査では乳製品の摂取量と出産後の赤ちゃんのアレルギー発症には明確な関係はないと言われています。

しかし、ビタミンD不足によって子供のくる病が増えていることが近年報告数が多くなっています。

その原因は、母子ともに日光に当たることが少なくなり、日焼け止め予防製品が優秀になってきたからとも言われています。

カルシウムの代謝に必要なビタミンDを食品だけでなく少しでも太陽に当たるようにしましょう。

牛乳が飲めない場合

牛乳が飲めないからと言って、赤ちゃんの歯が丈夫にならないことはありません。牛乳の他にカルシウムが含まれている食べ物は、お豆腐、納豆、魚(いわし、めざしなど)、卵が挙げられます。

これらの食品を摂るように心がけて見てください。

しかし、カルシウムを摂るだけでなく、バランスの良い食事と適度な運動を行うことも大切です。

妊娠中にストレスを溜めないようにし、健康でいるようにしましょう。

【質問】妊娠中の歯の治療について教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

妊娠中も歯の治療って出来るの?

今回の記事では、妊娠中の歯の治療について解説をしたいと思います。

歯科治療を受ける事で、お腹の赤ちゃんに何か影響があるんじゃないか?

と疑問をお持ちの方も多いと思いますので、これまでに質問が多い事項をまとめてみました。

(1)歯科治療の際に局部麻酔をしてもいいの?

結論から言うと、

2%のリン酸リドカイン製剤を通常量使った場合、妊婦さんや胎児には影響がないと言われています。

麻酔なしで強い痛みを伴う治療は、痛みによってストレスを感じることがあるので、安定期の場合は局部麻酔を使用した方が良いでしょう。

しかし局部麻酔を行う際に、麻酔の痛みを軽減するためにも細い針を使用したり、表面麻酔を使用するなど、痛みを和らげるような対応も大切です。

(2)妊産婦は、抗菌剤や鎮痛剤を使用しても問題がないのですか?

妊婦さんは基本的に薬を内服しない方が良いとされています。

とくに妊娠初期は、赤ちゃんの器官や臓器が作られている時期であるため、薬は使用できません。

もしも薬が必要になった場合には、赤ちゃんに影響の少ない鎮痛剤(非ピリン系のアセトアミノフェン)や抗菌剤(ペニシリン系、セファロスポリン系)を必要最低限に抑えて投与することができます。

また、授乳中の方は母乳中に薬の成分が赤ちゃんに移行される量はごくわずかであるため、鎮痛剤や抗菌剤を使用しても良いでしょう。

ただし、気になる方は授乳直後に使用することをおすすめします。

(3)風邪薬等を飲むことによって、お腹の赤ちゃんの歯に影響ありますか?

妊娠中の薬の服用は、歯に関わらず赤ちゃんの身体に異常が起きることがあります。

ですので、薬の服用は基本的にすすめてはおりません。

特に妊娠初期の服用は避けるようにしましょう。

しかし、どうしても薬を飲まなければいけない場合は、かかりつけの医師と相談の上服用することが必要です。

歯は妊娠中から出生後まで乳歯は作られているので、この期間に薬を服用することで影響する可能性があるので要注意です。

さらにテトラサイクリン系の抗生物質は赤ちゃんに移り、骨格や歯に沈着する恐れがあり、歯を黄色に着色する場合もあるので気を付けましょう。

(4)歯科でのX線撮影によって胎児に影響が及ぶことはありますか?

結論から言うと、判断材料のために必要に応じてX線撮影は行っても問題はないでしょう。

日本では、1年間に浴びる自然放射線量は約1.4mSvと言われています。

歯科治療で行われるX線撮影の150枚に及びます。

また、防護エプロンを着用するので、被ばく量を軽減できまし、腹部はX線から離れているので胎児には影響ないと考えられます。

しかし、撮影は必要最小限で行った方が良いでしょう。

【質問】歯を丈夫にする方法はありますか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯を丈夫にする方法について

歯を丈夫にする事は非常に大事です。

丈夫であればあるほど、歯周病やむし歯などの歯に関するトラブルを回避できる可能性が高まります。

今回の記事では、歯を丈夫にするために必要な栄養素や方法について解説をしたいと思います。

歯に必要な栄養素の代表格と言えば、カルシウムです。

カルシウムが豊富に含まれている牛乳ですが、歯にとってカルシウムは重要な栄養素です。

しかし、牛乳からカルシウムを摂取しようとする人は少なくなっています。

その結果近年では、牛乳にも多く含まれており、カルシウムの代謝に必要なビタミンD不足によって子供のくる病が増えていることが報告されています。

その原因は、日光に当たることが少なくなった事、日焼け止め予防製品が優秀になってきたからとも言われています。

カルシウムの代謝に必要なビタミンDを摂取するために、食品だけでなく少しでも太陽に当たるようにしましょう。

牛乳が苦手な方は、牛乳の他にカルシウムが含まれている食べ物は、お豆腐、納豆、魚(いわし、めざしなど)、卵が挙げられます。

これらの食品を摂るように心がけて見てください。

カルシウムを摂るだけでなく、バランスの良い食事と適度な運動を行うことも大切です。

また、カルシウムだけを摂ればいいということではなく、タンパク質やリン、ビタミンA・C・Dの栄養素もバランス良く摂ることが大切です。

リン(牛肉、豚肉、卵、米)は、歯の石灰化の材料となり、タンパク質(卵、豆腐、あじ)は歯の土台に必要な材料になります。

ビタミンA(ほうれん草、にんじん、レバー)は、歯の表面を覆っているエナメル質をつくる材料になり、ビタミンC(ほうれん草、みかん、さつまいも)はエナメル質の下層にある象牙質の土台をつくる材料、そしてビタミンD(牛乳、卵黄、バター)はカルシウムの代謝や石灰化のサポート役を果たします。