「Q&A」カテゴリーアーカイブ

インビザライン矯正にデメリットはあるの?

インビザライン矯正とは透明のマウスピースを使った矯正方法です。

透明でつけていることが気づかれにくい上に取り外しも可能なので現在とても人気がある矯正方法です。

そんな矯正方法にもデメリットがあります。今回は後々食い違いが生じたりしないようにデメリットについてご紹介いたします。

インビザライン矯正のデメリット

気付かれにくい透明のマウスピースで、取り外しが可能、その上2~3か月に1回経過観察に行くだけでいいというなんとも素敵な矯正方法ですよね。

そんなインビザライン矯正にもデメリットが3つあります。

1つ目は、1日20時間は装着していなければいけないことです。つまり取り外していいのは食事のときのみというわけです。

食事をした後は必ず歯磨きをしなければマウスピースを付けられない点も難点ですね。

2つ目は、マウスピースの自己管理が必要なことです。

日々のマウスピースのお手入れはもちろん、次のマウスピースもお渡しするのでなくさないように管理していただくことになるからです。

先にお渡しさせていただくことで少ない通院回数でも治療を進められる仕組みになっています。

そして3つ目はマウスピースのみではなく、『アタッチメント』という小さな突起を歯の表面に装着して矯正を行うということです。

マウスピースのみで矯正ができると思っている方が多いので注意が必要です。

インビザライン矯正をする際の歯科医院の選び方

メリットはもちろん、デメリットについてもここで理解して、いざ歯科医院選び!となった方に医院選びをするにあたり参考にしていただきたい点がございます。

それは院内に歯科矯正の認定医が在籍しているかを見ることです。

矯正治療は決して安価なものではないので、安心して任せられるプロにお願いすると間違いないかと思います。

なお、当院にはインビザラインプラチナドクターが在籍しておりますので、矯正を考えている方はぜひご相談ください。ご相談は無料です。

tadanawa-dc.com/inviza/

歯に物が詰まるのはどうしてですか?

食事の時に歯に物が詰まってしまいなかなか取れなくて歯がゆく感じることってありますよね。

それがたまになら問題ないのですが、もし頻繁に詰まるようでしたら1度歯医者さんに診てもらった方がいいかもしれません。

詰まるという行為1つをとっても原因は様々ありますからね。今回はそんな見逃しがちな歯のつまりについてご紹介していきます。

歯に物が詰まる原因

もし昔から食事をするたびに歯に物が詰まる、年齢を重ねるごとに詰まりやすくなってきた気がすると感じている方がいたら下記の原因を疑ってみてください。

歯に物が詰まる原因として、虫歯で隙間ができた、歯周病にかかっている、歯ぎしりによる負担で歯が動いたなどが挙げられます。

表面にできる虫歯は比較的気づきやすいのですが、歯と歯の間の虫歯はパッと見て分かりづらいので皆さん見落としがちです。

だから最近よく詰まるようになったけどどうしてだろうと思ったら原因は虫歯だった!ということが多々あるのです。

また、歯周病にかかると歯を支えている周りの骨が溶けていき、その影響で歯肉も減少するので歯間と歯ぐきの間に隙間が生じ歯に物が詰まりやすくなります。

そして、歯は日々の噛み合わせにより少しずつ動いているため、そこに歯ぎしりで強い負担が加わるとさらに動いて隙間や段差が生じてしまうわけです。

以上の3つが主な歯のつまりの原因です。

予防と対策

原因である虫歯も歯周病も、磨き残しによるものなので、しっかり歯を磨くことが大切です。

見落としがちである歯と歯の間は歯ブラシのみではなかなか落とせないので、デンタルフロスを使用するようにするといいでしょう。爪楊枝は間が広がりやすくなりかえって詰まりやすくなってしまうので使用は避けてください。

虫歯も歯周病も放っておくと、どんどん進行するので痛くなってから歯科に行った時にはすでに手遅れで神経を抜かなければいけないなど、大掛かりな施術になってしまうことがあります。

そのため普段の歯磨きはもちろん、定期的に歯科検診を受けることをお勧めしております。

歯ぎしりの場合、大抵睡眠中に無意識に行っているので自力で防ぐのは難しいため、歯科でマウスピースを作るといいでしょう。

歯ぎしりによる負担を軽減してくれます。

このように、詰まっただけと見逃さず、頻繁に詰まる場合は歯科医院で診てもらうようにして下さい。

親知らずって絶対抜かなければいけないの?

親知らずを抜いておたふくのように頬が腫れた人を見たら、親知らず抜きたくないな…なんて思いますよね。

そんな方に朗報です!親知らずが生えてきたからと言って必ずしも抜く必要はないのです。

そもそも親知らずってどうしてみんな抜いているのか疑問ですよね。

今回はそんな親知らずについて見ていきましょう。

親知らずとは?

親知らずとはその名の通り、『親に知られることなく生えてくる歯』だからです。

親知らずは親知らずという名がついておりますが、他の歯と同じ立派な永久歯に変わりはないのです。

ではなぜ他の歯と同じ立派な永久歯なのに抜かなければいけないのか。

それは他の歯のように真っすぐに生えてくる事が少ないことが挙げられます。

大抵の親知らずは斜めや横に生えてくるので、磨き残しが生じ、虫歯や歯ぐきに炎症が起こりやすくなります。

また親知らずだけでなく、その隣の健康な歯まで悪影響を及ぼしてしまうので抜いた方がいいとされているのです。

抜かなくていい場合はどんな時?

ただ冒頭でも述べたように親知らずだからと言って必ずしも抜く必要はないのです。

それは真っすぐに生えてきて、磨きやすく、噛み合わせも問題ない場合と、骨に埋まっている状態で周りに悪影響を与えることがないような場合です。

そんな時は無理に抜く必要はありません。

それに将来、歯が必要になったときに親知らずを移植することも可能なのでそのままにしている方がいいこともあるのです。

ご自身の親知らずに関しての心配、埋没具合その他経過観察などのご相談は、ぜひ一度当院のドクターにお尋ねください。

妊娠時は歯のトラブルが増えるって本当?

今ではあまり耳にすることがないかもしれませんが、一昔前は『一子を得ると一歯を失う』と言われていたように、妊娠時は歯のトラブルに悩まされるリスクが高まります。それはなぜなのか、一緒に見ていきましょう。

どんなトラブルが起きるの?

妊娠時に増加する症状として、代表的な虫歯や歯周病はもちろん、口臭がひどくなったり口内炎ができやすくなったりします。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが急増するため、それを餌とする歯周病菌が繁殖しやすくなるので、歯周病にかかりやすくなるのです。

また妊娠中は免疫力が低下するので口内炎になったり、歯周病の進行が進みやすくなったりするわけです。

虫歯にかかりやすくなる理由としては、つわりで気持ち悪く歯磨きを以前のようにしっかり回数をこなせなくなることが挙げられます。

さらに妊娠をきっかけに、食嗜好が変化し甘いものや炭水化物を好むようになったり、一度に大量に食べられなくなり、食事回数が増えることも虫歯になる要因の1つでしょう。

防ぐためにどうしたらいいの?

ホルモンの影響やつわりが原因なら避けることはできないのではないかと思ってしまいますよね。

妊娠中は上記のように歯のトラブルが増加することをしっかりと頭に入れて、普段以上に口内のケアに気を配るようにすることが大切です。

歯ブラシはヘッドが小さいものを使用するようにしてください。

もし歯ブラシを口に入れられないときは、うがいをするように心がけるだけでも違います。

その際にデンタルリンスなどを使用するとなおいいでしょう。

そしてつわりがおさまる4~5ヵ月頃に、一度歯科検診を受けるようにしてください。

妊娠中は何かと大変で歯まで気が回らないことが大半ですので、あまりナーバスにならないでくださいね。

何かあればすぐにご対応させていただきますので、一緒に妊娠時の歯のトラブルを回避していきましょう。

歯を強くするにはどうしたらいいですか?

大人になってもなんだか歯医者さんに行くのが苦手な人って意外と多いんですよね。

診療してみたら想像以上に虫歯が進行していて神経を抜く大掛かりな施術になってしまったり、なんてことがあるとトラウマものです。

歯医者へ行くことは健康診断の様なもので欠かすことはできませんが、ご自身の歯の健康状態を強く保とうとすることで、受診回数をコントロールすることはできます。

ですので、今回は歯を強くする方法を見ていきましょう。

歯が強いってどういう状態?

歯を強くしたいといってもそもそも歯が強いってどんな状態って思いますよね。

歯が強いとは、歯が頑丈で外的刺激を受けてもダメージを受けないことを指します。

幼いころから歯のために牛乳を飲みなさいと言われた方は多いのではないでしょうか。

それは歯を強くするためにカルシウムが必須だったからなのです。

カルシウムを摂取することで歯の質の低下や骨の発育不良を防ぐことが出来ます。

カルシウムは牛乳以外にもチーズや小魚、ひじきに多く含まれているので意識的に摂取するように心がけるといいでしょう。

しかし、大人になるにつれてカルシウムをたくさん摂取しても子供と比べるとあまり効果は得られないのが難点です。

「え?それじゃ、大人が歯を丈夫にするにはどうしたらいいの?」と思いますよね。

そこで登場するのがフッ素なのです。食べ物からカルシウムを取り込むのではなく、歯の表面から直接カルシウムを取り込む方法が有効的です。

フッ素を表面に塗ることでコーティングされ、歯からカルシウムが溶け出すのを防ぐ効果があるだけでなく、唾液中のフッ素とカルシウムが混ざり合うことで、歯が再石灰化、つまり歯の修復が行われるのです。

フッ素は何に含まれているの?

カルシウムと同じくらい大切なフッ素。

カルシウムが含まれている食べ物はなんとなく分かるけど、フッ素ってフッ素入り歯磨きかフッ素入りのうがい薬くらいしかパッと思いつかないのではないでしょうか。

しかし案外身近にフッ素入りの食べ物は存在しているんです。リンゴや牛肉、海藻類、そして口臭予防にも役立つ緑茶です。

こんな身近なものにフッ素が入っているなんてびっくりですよね。

身近な食べ物やフッ素入り歯磨き粉を使うことで日頃から歯を強くすることは可能なのです。

しかしやはり、定期的に歯科に行きフッ素を塗布してもらうことが効果的かつ、歯周病や虫歯の早期発見につながるので治療で痛い思いをする機会が断然減少するのでお勧めです。

歯医者さんに行くのが苦手な人ほど、定期的に見てもらうようにすると逆にいいかもしれませんね。

なお、フッ素塗布につきましては、当院担当ドクターにご相談ください。

赤ちゃんの歯磨きっていつからするもの?

「1本だけ生え始めたけど歯磨きっていつからしたらいいんでしょうか、ガーゼで拭いたりはしてるんですけど…」と赤ちゃんの歯磨きについて悩む親御さんはとても多いです。

今回はそんな赤ちゃんの歯磨きについて一緒に見ていきましょう。

歯磨き開始時期はいつから?

赤ちゃんの中には口に異物が入ることを嫌がる赤ちゃんもいるので、まだ1本だし嫌がってるしまだいいかなと思ってしまいがちですよね。

しかし赤ちゃんの歯磨きは1本でも生え始めたら、赤ちゃん用の歯ブラシで磨き始めてあげてください。

ガーゼで拭くだけでは歯と歯ぐきの間や歯と歯の間の汚れはなかなか取れません。

そうするとその汚れから虫歯になり痛い思いをするだけではなく、これから生えてくる歯が傾いて生えてきたりと将来の歯並びにも影響を与えてしまいかねないのです。

また習慣化させるためにも、生え始めは歯磨きに慣れさせることに意識を向けるのがおすすめです。

歯磨き方法について

開始時期が分かったところで次は歯磨き方法について見ていきましょう。

赤ちゃんの歯磨きを行うときは基本、膝に後頭部を乗せる寝かせ磨きで行いましょう。

顎を固定し、ペンを持つように歯ブラシを握り優しく磨いてあげてくださいね。

この時に歯ぐきに歯ブラシが当たると嫌がる赤ちゃんが多いので、できるだけ当たらないように気を付けます。

また年齢が上がるごとに一人で歯磨きをするようになりますが、6歳頃までは親御さんが仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。

特に磨き残しの多い奥歯や歯と歯ぐきの境目などを重点に磨いてあげるといいですね。

かわいいお子さんの歯が将来健康にきれいに生えてくるように赤ちゃんの時から優しく丁寧に歯磨きをしてあげましょう。

当院では小児歯科としてのご相談も承っておりますので、お気軽にお尋ねください。

歯周病の予防方法を教えてください。

口臭についての章でも少しふれたように、口臭の原因のトップを走る歯周病について今回は詳しく見ていきましょう。

名称だけ知っていても、どんなものでどんな原因で発症するのか知らないと予防できないですからね。

歯周病とは?

よく耳にする歯周病。頻出頻度の割にはどんな症状なのか知っている方は少ないのではないでしょうか。

歯周病とは、歯の周り、つまり歯を支える歯ぐきや骨に炎症が起こり壊されていく病気です。

炎症が歯ぐきのみの場合は『歯肉炎』、それよりも進行が進むと『歯周炎(歯槽膿漏)』と呼ばれます。

虫歯は歯自体が壊されていく病気に対し、歯周病は歯を支えている周りが壊されていくので、最終的に歯が抜け落ちてしまうのです。

日本人の40歳以上の約8割の方がこの病気に罹っているとされています。

これは加齢により歯ぐきが瘦せてきたり、免疫が落ちてきたりと歯周病にかかりやすくなるからです。

そのため早くから予防することが大切になってきます。

歯周病を予防するには

歯周病は感染症ではありますが、生活習慣が発症のきっかけとなることが多いので生活習慣病の1つとも言われています。

歯周病を予防するには、原因となる歯垢を取り除くことと生活習慣の見直しが重要です。

歯垢を落とすには、ヘッドが小さい歯ブラシや、デンタルフロスなどを使うことで細部まできれいに磨くことが出来ます。

しかし歯垢が石灰化し変化した歯石は、歯磨きでは取り除くことが出来ないので歯周病になる前に歯科で取り除いてもらってくださいね。

また免疫が落ちていると細菌に感染しやすくなるため、日頃から規則正しい生活をしたり、十分な睡眠を取ることでストレスを溜めないように心がけると歯周病の予防にもつながります。

なお、ビタミンCを破壊すると言われているたばこは、禁煙、もしくは吸う頻度を徐々に抑えていけると歯周病はもちろん、健康にもよいので是非ともこの機会に禁煙チャレンジしてみてくださいね。

歯ぎしりはどうしてしてしまうのですか?

自分では気づいてなかったけれど、一緒にいた人に「昨日歯ぎしりしてたよ」と指摘されて驚いた経験がある人もいるのではないでしょうか。

歯ぎしりって虫歯とか歯周病に比べると重要視されなくて放置する人が多いので、今回はそのあたりも含め注意喚起の意味でもご紹介していきたいと思います。

歯ぎしりの原因は?

歯ぎしりの多くは睡眠中に無意識でしてしまうので皆さん自分が歯ぎしりをしていることに気が付きにくいことが難点です。

仕事に家事に人間関係に、生活するだけでも様々なストレスを感じますよね。

それらの日々のストレスが寝ている間に歯ぎしりをすることで解消していると考えられています。

またストレス以外にもそもそもの骨格や歯の噛み合わせが原因で歯ぎしりしている可能性もあるので、その場合放置せずいち早く歯科医院に診てもらってください。

歯ぎしりがもたらす影響は?

歯ぎしりは寝ている時だけだし大したことないと考えていると後悔することになるので、歯ぎしりがもたらす悪影響について見ていきましょう。

まず初めに考えられるのは歯に与える影響です。

歯ぎしりを長期間に渡り行うと歯がすり減ったり、欠けてしまいます。重症になってくると歯が痛んだり、しみるようになります。

次に歯茎です。歯ぎしりは歯にとどまらずに歯茎にまで影響を及ぼし、歯周炎や歯槽膿漏になってしまうこともあるのです。

そして何より口内にとどまらず体にも不調を生じさせるのです。

歯ぎしりが原因で頭痛や、肩こり、睡眠障害にまでつながるケースもあるのであまり長期間放置しないようにしてください。

解決策は?

解決策としては、ナイトガードを作り睡眠時に装着して眠ることです。

ナイトガードとは睡眠時に装着するマウスピースのことです。

マウスピースをしていれば歯ぎしりによる歯のすり減りや歯が欠けることを防ぐことが出来ます。

またナイトガードは保険適用となりますので、経済的負担を抑えて治療を行えるので、歯ぎしりで悩まれている方はぜひお気軽にご来院ください。

後悔することがないように、たかが歯ぎしりと放置しないようにしてくださいね。

口臭対策ってどうしたらいいの?

コロナ禍の今、マスクの着用が必須となりました。マスクを常につける生活が続いて、口臭について悩む方が増えたのではないでしょうか。

「毎日歯磨きをしているけれど臭っていないか気になる…そもそもどうして口臭って発生するの?」という疑問にお答えしていきます。

口臭の原因について

口臭は、歯周病や舌苔といった口内トラブルや、唾液の減少、血液中の成分の問題など色々な原因から発生します。

口内トラブルが原因で起こる口臭の中で最も多いものが歯周病です。特に膿んだりしている場合には独特なにおいを発生します。

虫歯がある場合も口臭を発します。空いた隙間に食べたものが入り込んでしまうことが原因です。

また、にんにくを食べた後だと歯磨きをしても臭いが消えないと感じることがありますよね。

これは消化吸収したあとに臭いのもととなる成分が血液中に流れ、肺を通して口や鼻から出てくるからなのです。

またその外にも、肝臓疾患など口内以外の部分が原因で引き起こる場合があるので、口内環境に問題がない場合は病院で一度診てもらうことをお勧めいたします。

口臭を改善するには

歯周病や虫歯が原因の場合はいち早く歯科医院で歯の治療を行いましょう。

歯に問題がなくても口臭が気になる場合は、歯磨きをする際に舌にも気を向けてみてください。

タンパク質や細菌を多く含んでいる舌苔も、口臭の原因の1つです。

そのため、舌の掃除をすることを意識して歯磨きをすることで臭いが改善される可能性があります。

次に唾液の減少による乾燥が原因で起こる場合です。マスクをつけるようになり口臭が気になるようになった人の大半はこちらが原因だと考えられます。

この場合は、ガムやタブレットを噛むことで唾液を増やしたり、水分をよく取ることで改善につながります。

中でも緑茶には消臭作用があるため、口臭を防ぐのに役立ちますのでぜひ試してみてください。

以上のように口臭をなくすためには、様々な口臭の原因を理解し、適切な対処法を取ることが大切となります。

子供の矯正治療はいつからするべき?

歯の矯正は早ければ早いほどいいって聞くけど始めるタイミングはいつだろう、どんなメリットがあるのだろうと、お子さんがいる親御さんなら気になりますよね。

今回はそのお悩みにこたえていきます。

歯科矯正の開始時期はいつ?

子供の矯正治療には2つの始めるタイミングが存在します。

5歳~12歳の頃に行われる骨格矯正が中心の『第一期治療』と12歳頃~成人にかけて行われる歯列矯正が中心の『第二期治療治療』です。

第一期治療は、歯の生え変わりのタイミングで行うもので、これから生えてくる永久歯をきれいに生えそろえられるように調整します。

第二期治療は、永久歯が生えそろってから行うもので、噛み合わせや歯並びをきれいに調整します。

なお、大人になってから行う矯正治療は第二期治療のことを指します。

最近では、成人を過ぎた方には透明で目立たないマウスピース矯正という手法が人気となっております。

取り外しが自由で2~3か月に一度経過観察のチェックにご来院いただくだけで済むので、忙しくあまり時間が取れないという方にもお勧めです。

当院ではインビザプラチナドクターも在籍しておりますので皆様に安心の治療をお届けいたします。

https://tadanawa-dc.com/inviza

矯正するメリットとは?

歯並びがいいに越したことないのはわかるけど、実際のところどんなメリットがあるのかしっかり知っておきたいですよね。では早速矯正におけるメリットについて見ていきましょう。

子供の頃に歯科矯正を行うときれいに永久歯を生えそろえられるので、将来的な抜歯や外科的治療を防ぐことが出来ます。また歯並びが整うので子供の頃から歯磨きがしやすく虫歯になるリスクを下げることにもつながります。

もう一つは、歯の噛み合わせが原因で起こる発音や咀嚼の改善が見込めることです。

そして何より子供の頃は骨が柔らかく歯が動きやすいので治療がスムーズに進むことが最大のメリットです。

これらのことからできるだけ早くから歯科矯正を行うことをお勧めしております。

当院では小児歯科も併設しているため、いつから始めるべきか、そもそも歯科矯正をする必要があるのかなど些細なことでも構わないのでいつでも相談しにお越しください。

大切なお子さんの健康を守る手助けができればと思います。