「その他のQ&A」カテゴリーアーカイブ

【質問】歯ぎしりが癖なのですが、直したほうが良いですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯ぎしりについて

歯ぎしりとは、睡眠中に歯を擦り合わせる行為であると一般的に知られていますが、実は睡眠中・起床中を問わず無意識に歯を擦り合わせる行為の事を指します。

つまり、このような歯ぎしりの癖を持つ方は、持たない方に比べて歯や顎に負担が大きくかかります。

そうであるので、歯ぎしりの癖を直さないと、歯が減って欠ける可能性があるだけでなく、歯根にまで悪影響を及ぼしたり、歯周病やむし歯になる可能性もあります。

そこで今回の記事では、そんな歯ぎしりの原因や治療について解説を行いたいと思います。

歯ぎしりの原因について

歯ぎしりの原因は、はっきりとは解明されていませんが、以下の症状を持つ方に多く見られます。

  • 日々の生活に肉体的または精神的なストレスを感じている
  • 歯並びが良くない
  • 噛み合わせが良くない
  • 習慣

上記の原因でも最も圧倒的に多いのが、ストレスとなります。

また先ほど述べたように、歯ぎしりとは日中起きている際にも行っている場合があります。

注意しないといけないのが、日中に歯ぎしりを行う癖を持つ人です。

気付いたら、意図せずに上下の歯を強く噛み合わせたり、擦り合わせたりしていた事が良くある方は、注意しましょう。

日中の歯ぎしりの癖と言うのは、意識的にこの癖を直す必要があります。

歯ぎしりの治療について

歯ぎしりの癖がある事に気づいた方は、歯科受診をお勧めします。

一般的な治療法としては、睡眠中の歯ぎしりで生じる負担を軽減する為に、就寝前にマウスピースを装着するスプリント治療があります。

このスプリント治療は、保険が適用される場合もあるので是非一度歯科医院でのご相談をお勧めします。

歯ぎしりをする際には、とても強い力がかかります。その強い力によって歯が磨り減ってしまったり、歯が欠けてしまう事もあります。更には歯根まで大きな影響を及ぼします。寝ている間の歯ぎしりはご自分では気づき難いですが、ご家族から指摘があったり朝起きた時に歯やあごに違和感があるという場合には、歯科受診をお勧めします。

【質問】ホワイトニングの費用感を教えてください

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

ホワイトニングの費用について

ホワイトニングは保険適用とならない自由診療の分野となります。

従って、各歯科医院によって料金制度に違いがあり、診療内容やプロセスも若干変わってくる為料金の変動幅がその他の治療よりも大きくなっています。

通常相場感では1~5万円ほどと言われています。

ただなわデンタルクリニック下北沢では、2万円からの選択式となっております。

お気軽にお悩みをご相談いただければ幸いです。

【質問】顎関節症とは、どのような病気ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

顎関節症について

耳のすぐしたに手を当てて口を空けたり閉じたりしてみてください。

動く骨があるのがわかると思います。これが顎関節です。

顎関節症には、様々な症状があります。

  • 口を開けたり閉じたりした時に痛みがある。もしくは何もしなくても痛む時がある。
  • 口が開け難くなった
  • 口を開ける時や食事の時に耳の前の辺りでボキッもしくはミシッという音がする。

顎関節症の原因は、かみ合わせ・ストレス・歯ぎしりなど様々です。

また、複数の原因が積み重なって顎関節症になることもあります。

顎の耐久性には個人差があり、耐久力を超えると顎関節症が発症すると考えられています。

顎関節症の治療方法は、スプリント療法というマウスピースのような物の装着や関節の運動訓練、薬物治療などを組み合わせて行います。

症状によっては、歯並びの矯正、関節への注射、手術などが必要となることもあります。

先ほどご紹介した顎関節症の症状に当てはまる場合は、

  • 「大きく口を開けないようにする」
  • 「堅くて噛みごたえのあるものを控える」

など、顎関節やまわりの筋肉に負担をかけないように気を付けてください。

顎関節症を治療しないで放置してしまい、不自然な噛み方を続けてしまうと症状が重くなってしまう可能性もあります。

また、精神的にもあまりよくありません。

痛みの原因として思い当たる事がある場合には原因を取り除くようにして下さい。

1週間ほど様子をみても症状が改善しない場合には、直接ご相談下さい。

自由診療のメリットとデメリット

現在我々はなんらかの保険に入るという事が国から義務付けられています。

これに被保険者は自己負担3割と言われる内容で、医療行為を受けられるというメリットがあります。

今回紹介する自由診療とは、この自己負担の割合が変わる医療行為のことを指します。

自由診療とは

公的な医療保険が適用されない範囲の医療技術や薬剤による治療のことです。

保険制度内にある細かい枠組みにとらわれることなく、患者様と医療機関側で内容を決めていけるというのが利点になり、通常の範囲内で行えない治療進めることができます。

例えば、セラミックやチタン合金などは保険制限の中では使う事が出来ません。

しかし、自由診療で行う事によってその制限が無くなり素材として選択ができるようになります。

自由診療となる主な治療

通常の診療の範囲の中では制限があり、自由診療に当てはまるものがいくつかありますので例を確認してください。

  • ・基本的な歯列矯正(例外アリ)
  • ・ホワイトニング
  • ・インプラント治療
  • ・セラミック
  • ・再生医療(再生療法)
  • ・レーザー治療

これらの医療行為は全て自由診療となり、医院により使用する薬剤や素材。

工程などが変わってきます。

意外に思われるかもしれませんが、この様に歯科においては患者様が思っているよりも多くの分野が自由診療となっているのです。

自由診療のメリットとデメリット

自由診療のメリット

  • ・患者様の必要とされる内容に応えやすい
  • ・最新の技術を適用できる
  • ・処置の選択が可能
  • ・以上の様にほぼ制限がない

自由診療のデメリット

  • ・保険診療に比べ自己負担が10割となり割高となる
  • ・医院によって料金や工程が異なる可能性がある
  • ・未認可の薬品や素材を使う事があり、研究の進み方によってはリスクがある

その他の自由診療のデメリットと注意点

さらに個別に注意点を確認していきます。

インプラントの注意点

  • ・治療期間が長い
  • ・定期的な通院とメンテナンスが必要
  • ・食べ物が詰まりやすくなる場合がある
  • ・噛む感覚に違和感を覚えることがある
  • ・手術が必要である
  • ・感染症などのリスクがある

セラミックの注意点

  • ・患者様自身の歯を削る治療である
  • ・患者様自身の歯の色と合わない(合わなくなる)可能性がある
  • ・強度的な限界があり、歯ぎしりなどに弱い
  • ・セラミック自体も経年劣化するので再度治療が必要になる

この様に、まだまだ発展していく技術であると同時に、注意点も多くあります。

患者様にはご自身の状態を確認されたうえで、歯科医師とご相談を頂ければと思います。