「むし歯についてのQ&A」カテゴリーアーカイブ

【質問】赤ちゃんの為のむし歯予防対策は何がありますか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

赤ちゃんのむし歯について

むし歯は健康的で綺麗な歯を脅かす存在です。

そんなむし歯の原因であるミュータンス菌は、大人の約9割が保持していると言われる一方で、赤ちゃんの口の中には存在しないと言われています。

では何故ミュータンス菌を持たない赤ちゃんが、成長してむし歯が発生するかと言うと、ミュータンス菌を持つ大人からうつると言われています。

今回の記事では、赤ちゃんに対する周りの家族が出来るむし歯予防について解説したいと思います。

むし歯予防って何があるの?

先ほど述べたように、赤ちゃんは大人からミュータンス菌がうつされて、むし歯になると述べました。

一般的に考えられるケースとしては、

  • 食器やタオルなどの使い回し
  • 唾液がかかるシュチュエーション(フーフーして食べ物を冷ます、赤ちゃんへのキス)

などが挙げられます。

なので家族が出来る事と言えば、周りの人たち自身の口内をキレイに保つことです。

特に赤ちゃんの母親がむし歯を持っている場合、持ってない場合よりも3倍むし歯にかかりやすいと言う統計もあります。

具体的には、食後の歯磨きを習慣化させ、ダラダラ食べをしないようにすることです。

また、赤ちゃんが使う食器やタオル等を清潔に保つ事もむし歯予防になります。

規則正しい生活を意識してみましょう。

この点については、かかりつけの歯医者さんに定期的に口内チェック、自分に合った歯の磨き方などを教えてもらうと良いでしょう。

【質問】「歯の神経を抜く」とは、どういう治療なのでしょうか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯の治療について

歯科医院で「歯の神経を抜きましょう」と言われて、十分に説明されず納得できないまま同意してしまい、治療を受けたことはありませんか?

そのような経験が無いとしても、「歯の神経を抜く」という治療は、聞き馴染みのある言葉だと思います。

今回はそんな、聞いたことはあるけど、具体的にどのような治療で、どのような目的でやるのかがイマイチ分からない、「歯の神経を抜く」という治療について解説したいと思います。

是非この記事を読んで、自分の歯の治療にご活用ください。

歯の神経について

先ほど出てきた、「歯の神経を抜く」とは、具体的にいうと歯髄(しずい:dental pulq)という組織を指します。

歯は、外側から内側にかけて、表面のエナメル質、象牙質、そして今回解説したい歯髄から構成しています。

この歯髄というのは、血管や神経が通っています。

ですので歯髄とは、痛み等の刺激を伝えたり、水分や栄養を送る役割を担っています。

歯の神経を抜くと?

むし歯などに感染してしまうと炎症を起こしてしまうので、重度な場合治療として、歯を抜かなければなりません。

しかし、大抵の場合歯を抜く必要は無く、代わりに歯を削る必要があります。

このように歯を削った場合、歯髄に通っている神経がむき出しの状態になるので、そこも一緒に取り除かなければなりません。

これを一般的に、「神経を抜く」と言います。

この治療を行なった場合、次のような症状が起きることが予想されます。

神経を抜いてしまうと、再度むし歯が発症しても、今ままでのような痛みなどがないため、発見が遅くる傾向があります。

また神経がなくなると、そこに通っている血管も取り除かれる為、歯に栄養がうまくいきづらくなります。

なので、歯が弱く脆くなりがちであり、徐々に歯の黒ずみが進行していきます。

ひどいむし歯や感染症を起こしている場合には歯髄を取る以外方法はないので、むし歯や歯茎に少しでも違和感を感じた際は、早期発見を心がけ歯科医に相談しましょう。

また、一度でも歯の神経を抜いた経験がある方は、自分でむし歯に気付きにくかったり、むし歯になりやすかったり、歯が以前よりも弱くなる傾向にあるので、定期的な歯科医での検診を心がけましょう。


【質問】むし歯はどうしてできるんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

むし歯について

日々の歯磨きが習慣化しているにも関わらず、いざ歯医者で定期検診をしてもらうとむし歯があると言われる。

このような経験はございませんか?

今回は、そんなむし歯の発生する原因について解説したいと思います。

日本人の約90%以上がむし歯にかかっていると言われています。

毎日の歯磨きを徹底して行なっているけど、むし歯があると言った人がいる一方で、全く磨いてないけど、むし歯は1本もないという人もいると思います。

その差は歴然としていて、むし歯の菌がお口の中にいるかどうか(特にミュータンス菌)が存在するかで決まると言われています。

一般的に人の口の中には、およそ300~700種類の細菌が生息していると言われております。

その中には、先ほど述べたむし歯の原因となるミュータンス菌があり、自ずとむし歯が多い方や虫歯になりやすい方は、お口の中にミュータンス菌が多く含まれています。

そう言った方は、ミュータンス菌が少ない方に比べて、虫歯になりやすいと考えられます。

そして、このミュータンス菌が、歯の表面についた歯垢に住みつき、歯に付着された糖分を吸収する事で酸(プラーク)が放出されます。

このプラークが、歯の表面のエナメル質を溶かして穴を空けます。

この歯が溶けて、一部に穴が存在するような状態がむし歯の始まりです。

むし歯は誰でも簡単にかかる可能性のある疾患です。

初期のむし歯は容易に治療する事が可能ですが、治療せず放置すると治療困難な重症なレベルに達してしまい、抜歯以外での方法がなくなります。

ですので、むし歯の早期発見を心がけ、それ以上の進行を防ぐため、かかりつけの歯科医院で定期的な検診を受けることをおすすめします。

むし歯を防ぐためには?

先ほどむし歯について解説をしました。

これをまとめると、

(1)むし歯の原因となるミュータンス菌は、人により存在する量が異なる。

(2)ミュータンス菌は糖分を吸収する事で、酸(プラーク)を歯に放出し、それが歯を溶かす。

(3)むし歯を早期発見するために、定期的な歯医者での検診は必要。

となります。

次に、自分が出来るむし歯予防について解説したいと思います。

それは、

(1)むし歯の原因であるプラークを取り除く。

(2)歯を強くする。

(3)日々の糖分の摂取量を抑える。

1つずつ解説すると、

(1)とは、むし歯の原因であるプラークを取り除くために、毎日の歯磨きを徹底して行う必要があります。

食後すぐに歯磨きを行うのが理想的であり、また歯ブラシだけでなく、歯と歯の間の汚れを取るために、歯間ブラシも利用しましょう。

(2)とは、歯を強くするために、歯磨きの際にはフッ素入りの歯磨き粉を利用した李、キシリトール配合のガムやタブレットを摂取しましょう。

フッ素についての記事キシリトールについての記事は、過去にまとめていますので、是非こちらの記事もご覧ください。

(3)とは、そもそもむし歯は歯に付着した糖分が原因となるので、日々の糖分の摂取量を抑えましょう。

歯の痛みを感じたら?

歯自体がむし歯(むし歯菌が歯髄に達し炎症を起こして痛む)になっている場合に歯が痛むのはもちろんですが、歯痛の原因はむし歯だけとは限りません。

知覚過敏(歯のエナメル質が傷ついたり歯茎が下がって歯根が露出することで起こる)の場合、外傷などで歯が欠けたり割れたりした場合、歯周病などの歯茎の炎症が原因の場合、筋肉や神経などが原因になっている場合など様々です。

ご自分で判断せず、早めの歯科受診をお勧めいたします。