「オールセラミッククラウンについてのQ&A」カテゴリーアーカイブ

【質問】オールセラミッククラウンについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

オールセラミッククラウンについて

オールセラミッククラウンという治療はご存知でしょうか?

この治療は、歯が欠けた李、むし歯などで歯に穴が開いた場合に、セラミックで出来た詰め物を行う治療の事です。

今回は、あまり聞き馴染みのないオールセラミッククラウンについて解説を行いたいと思います。

オールセラミッククラウンの治療のメリットとデメリットを合わせて解説したいと思います。

治療内容について

オールセラミックとは、差し歯や銀歯に代表される従来の治療に対する代替案の治療となります。

この治療では、まず口の中を撮影し、自身の歯の形状や歯並びを調べます。

このデータを用いる事で、対象となる欠損した歯に対して、周りの歯とバランスが合うようにセラミックの人工歯を作成します。

銀歯と違い、加工がしやすいセラミックを利用しているので、自分の歯の形状に合わせた、自然な人工歯を作る事が可能となります。

また、セラミックは非金属であるので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を受ける事が出来るというメリットもあります。

このように、オールセラミッククラウンとは、金属を利用せずに被せ物や詰め物をするという、歯の修復治療なんです。

また、初めて被せ物や詰め物を検討している方は勿論の事、過去に差し歯や銀歯の治療を受けた方も、この治療を受ける事が可能です。

ですので、過去に一度治療を受けて時間が経った事で、黒ずんでしまった差し歯や銀歯をオールセラミッククラウンに交換する事が可能となります。

このオールセラミッククラウンの治療のメリットとしては、

  • 自然な歯並び
  • 天然な歯のような見た目
  • 非金属を利用
  • 経年劣化がしづらい

という事が挙げられます。

一方で、保険適用外の治療である事、銀歯に比べて衝撃に弱いといった事が挙げられます。