「妊婦についてのQ&A」カテゴリーアーカイブ

妊娠時は歯のトラブルが増えるって本当?

今ではあまり耳にすることがないかもしれませんが、一昔前は『一子を得ると一歯を失う』と言われていたように、妊娠時は歯のトラブルに悩まされるリスクが高まります。それはなぜなのか、一緒に見ていきましょう。

どんなトラブルが起きるの?

妊娠時に増加する症状として、代表的な虫歯や歯周病はもちろん、口臭がひどくなったり口内炎ができやすくなったりします。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが急増するため、それを餌とする歯周病菌が繁殖しやすくなるので、歯周病にかかりやすくなるのです。

また妊娠中は免疫力が低下するので口内炎になったり、歯周病の進行が進みやすくなったりするわけです。

虫歯にかかりやすくなる理由としては、つわりで気持ち悪く歯磨きを以前のようにしっかり回数をこなせなくなることが挙げられます。

さらに妊娠をきっかけに、食嗜好が変化し甘いものや炭水化物を好むようになったり、一度に大量に食べられなくなり、食事回数が増えることも虫歯になる要因の1つでしょう。

防ぐためにどうしたらいいの?

ホルモンの影響やつわりが原因なら避けることはできないのではないかと思ってしまいますよね。

妊娠中は上記のように歯のトラブルが増加することをしっかりと頭に入れて、普段以上に口内のケアに気を配るようにすることが大切です。

歯ブラシはヘッドが小さいものを使用するようにしてください。

もし歯ブラシを口に入れられないときは、うがいをするように心がけるだけでも違います。

その際にデンタルリンスなどを使用するとなおいいでしょう。

そしてつわりがおさまる4~5ヵ月頃に、一度歯科検診を受けるようにしてください。

妊娠中は何かと大変で歯まで気が回らないことが大半ですので、あまりナーバスにならないでくださいね。

何かあればすぐにご対応させていただきますので、一緒に妊娠時の歯のトラブルを回避していきましょう。

【質問】牛乳は赤ちゃんの歯を強くすることが出来るの?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

牛乳の効果について

カルシウムが豊富に含まれている牛乳ですが、歯にとってカルシウムは重要な栄養素です。

しかし、牛乳からカルシウムを摂取しようとする人は少なくなっています。

なぜなら、カロリーオーバーやアレルギーを気にする妊娠中の女性が増加しているからです。

厚生労働省の調査では乳製品の摂取量と出産後の赤ちゃんのアレルギー発症には明確な関係はないと言われています。

しかし、ビタミンD不足によって子供のくる病が増えていることが近年報告数が多くなっています。

その原因は、母子ともに日光に当たることが少なくなり、日焼け止め予防製品が優秀になってきたからとも言われています。

カルシウムの代謝に必要なビタミンDを食品だけでなく少しでも太陽に当たるようにしましょう。

牛乳が飲めない場合

牛乳が飲めないからと言って、赤ちゃんの歯が丈夫にならないことはありません。牛乳の他にカルシウムが含まれている食べ物は、お豆腐、納豆、魚(いわし、めざしなど)、卵が挙げられます。

これらの食品を摂るように心がけて見てください。

しかし、カルシウムを摂るだけでなく、バランスの良い食事と適度な運動を行うことも大切です。

妊娠中にストレスを溜めないようにし、健康でいるようにしましょう。

【質問】妊娠中の歯の治療について教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

妊娠中も歯の治療って出来るの?

今回の記事では、妊娠中の歯の治療について解説をしたいと思います。

歯科治療を受ける事で、お腹の赤ちゃんに何か影響があるんじゃないか?

と疑問をお持ちの方も多いと思いますので、これまでに質問が多い事項をまとめてみました。

(1)歯科治療の際に局部麻酔をしてもいいの?

結論から言うと、

2%のリン酸リドカイン製剤を通常量使った場合、妊婦さんや胎児には影響がないと言われています。

麻酔なしで強い痛みを伴う治療は、痛みによってストレスを感じることがあるので、安定期の場合は局部麻酔を使用した方が良いでしょう。

しかし局部麻酔を行う際に、麻酔の痛みを軽減するためにも細い針を使用したり、表面麻酔を使用するなど、痛みを和らげるような対応も大切です。

(2)妊産婦は、抗菌剤や鎮痛剤を使用しても問題がないのですか?

妊婦さんは基本的に薬を内服しない方が良いとされています。

とくに妊娠初期は、赤ちゃんの器官や臓器が作られている時期であるため、薬は使用できません。

もしも薬が必要になった場合には、赤ちゃんに影響の少ない鎮痛剤(非ピリン系のアセトアミノフェン)や抗菌剤(ペニシリン系、セファロスポリン系)を必要最低限に抑えて投与することができます。

また、授乳中の方は母乳中に薬の成分が赤ちゃんに移行される量はごくわずかであるため、鎮痛剤や抗菌剤を使用しても良いでしょう。

ただし、気になる方は授乳直後に使用することをおすすめします。

(3)風邪薬等を飲むことによって、お腹の赤ちゃんの歯に影響ありますか?

妊娠中の薬の服用は、歯に関わらず赤ちゃんの身体に異常が起きることがあります。

ですので、薬の服用は基本的にすすめてはおりません。

特に妊娠初期の服用は避けるようにしましょう。

しかし、どうしても薬を飲まなければいけない場合は、かかりつけの医師と相談の上服用することが必要です。

歯は妊娠中から出生後まで乳歯は作られているので、この期間に薬を服用することで影響する可能性があるので要注意です。

さらにテトラサイクリン系の抗生物質は赤ちゃんに移り、骨格や歯に沈着する恐れがあり、歯を黄色に着色する場合もあるので気を付けましょう。

(4)歯科でのX線撮影によって胎児に影響が及ぶことはありますか?

結論から言うと、判断材料のために必要に応じてX線撮影は行っても問題はないでしょう。

日本では、1年間に浴びる自然放射線量は約1.4mSvと言われています。

歯科治療で行われるX線撮影の150枚に及びます。

また、防護エプロンを着用するので、被ばく量を軽減できまし、腹部はX線から離れているので胎児には影響ないと考えられます。

しかし、撮影は必要最小限で行った方が良いでしょう。

【質問】歯を丈夫にする方法はありますか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯を丈夫にする方法について

歯を丈夫にする事は非常に大事です。

丈夫であればあるほど、歯周病やむし歯などの歯に関するトラブルを回避できる可能性が高まります。

今回の記事では、歯を丈夫にするために必要な栄養素や方法について解説をしたいと思います。

歯に必要な栄養素の代表格と言えば、カルシウムです。

カルシウムが豊富に含まれている牛乳ですが、歯にとってカルシウムは重要な栄養素です。

しかし、牛乳からカルシウムを摂取しようとする人は少なくなっています。

その結果近年では、牛乳にも多く含まれており、カルシウムの代謝に必要なビタミンD不足によって子供のくる病が増えていることが報告されています。

その原因は、日光に当たることが少なくなった事、日焼け止め予防製品が優秀になってきたからとも言われています。

カルシウムの代謝に必要なビタミンDを摂取するために、食品だけでなく少しでも太陽に当たるようにしましょう。

牛乳が苦手な方は、牛乳の他にカルシウムが含まれている食べ物は、お豆腐、納豆、魚(いわし、めざしなど)、卵が挙げられます。

これらの食品を摂るように心がけて見てください。

カルシウムを摂るだけでなく、バランスの良い食事と適度な運動を行うことも大切です。

また、カルシウムだけを摂ればいいということではなく、タンパク質やリン、ビタミンA・C・Dの栄養素もバランス良く摂ることが大切です。

リン(牛肉、豚肉、卵、米)は、歯の石灰化の材料となり、タンパク質(卵、豆腐、あじ)は歯の土台に必要な材料になります。

ビタミンA(ほうれん草、にんじん、レバー)は、歯の表面を覆っているエナメル質をつくる材料になり、ビタミンC(ほうれん草、みかん、さつまいも)はエナメル質の下層にある象牙質の土台をつくる材料、そしてビタミンD(牛乳、卵黄、バター)はカルシウムの代謝や石灰化のサポート役を果たします。

【質問】妊娠をすると歯周病になりやすいって本当?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

妊娠中の歯周病について

妊娠中期から後期にかけて女性ホルモンが増加するため、歯茎の出血や発赤、腫れが起こりやすくなります。

これを妊娠性歯肉炎と言います。

出産とともに妊娠性歯肉炎は収まりますが、歯磨きなどをしっかり行いプラークコントロールを行う必要があります。

プラークコントールとは、細菌の塊である歯の間や裏側のプラーク(=歯垢)を除去する事です。

このプラークは、むし歯や歯周病の原因であり、歯科医院でも歯石取等で取り除く事は可能ですが、毎日の歯磨きが一番重要なプラークコントロールとなります。

代表的な歯磨きの方法として、以下の3つ挙げられる事が出来ます。

  • 歯ブラシを使ったブラッシング
  • 歯間ブラシ、デンタルフロスを使ったブラッシング
  • 殺菌作用を持つ洗口液を使ったうがい

これら3つをしっかり習慣化して行いつつ、定期的な歯科医院でのメンテナンスを行う事で、歯周病対策をしましょう。

また、歯周病の妊婦さんは、低体重児出産や早産のリスクが高くなるとの報告がされています。

これらは新生児死亡に繋がることもあるため、歯科検診を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

さらに、知的障害、脳性麻痺、てんかんなどといった重い障害が残る可能性もあります。

その他にも、長期入院にわたり親子の愛情障害が起こり児童虐待の恐れ、高血圧・糖尿病になるリスクなども挙げられます。

歯周病だけでなくむし歯は妊娠中に悪化しやすいものなので、かかりつけの歯科医院で診てもらうようにしましょう。

【質問】妊娠中の歯のトラブルについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

妊婦は、歯が悪くなりやすいと言われています。

原因は、赤ちゃんにカルシウムが取られるからではなく、妊娠するとホルモンバランスが崩れたり、生活習慣が変わることが原因でむし歯になったり歯のトラブルに陥りやすくなることがあります。

それに加えて、つわりで歯磨きの回数が減ってしまったり、食事の回数が変わってしまったりすることで口内環境が悪くなることで、むし歯や歯周病の病状が悪化することが多いのです。

今回の記事では、そんな妊娠中の歯のトラブルについての記事を解説していきたいと思います。

妊娠中の歯のトラブル対策について

妊娠中、お口の健康管理をしっかりすることは大切です。

この健康管理を行うためには、規則正しい生活、お口の中を清潔に保つことを心がる必要があります。

例えば妊娠中にむし歯があると、母体だけでなく赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があります。

つまり、むし歯になりやすい歯並び、唾液の質、歯の質など遺伝的な部分もあります。

しかし一方でこれら遺伝由来によるものよりも、赤ちゃんが育つ環境によってむし歯変にかかるのも事実です。

ご飯や飲み物の与え方、歯磨きなど生活習慣でむし歯になりやすくなることもあります。

また、むし歯菌はお母さんから赤ちゃんへ伝播することが多い事が、むし歯対策を行う大きい理由になります。

ですので、日々の歯磨きをしっかり行う必要があります。

つわりが辛いという方は、

  • 体調の良いタイミングをみはからって短い時間で歯磨きを行う。
  • 前屈みの姿勢で歯磨きを行う。
  • 歯磨きを行う事が難しくても、殺菌効果のある洗口液でうがいを行う。

と言った対策をしっかり行いましょう。

次は、歯周病対策についてのお話をしたいと思います。

実は歯周病の妊婦は、そうでない妊婦と比べて早産のリスクがあると言われています。

この歯周病の厄介な所は、妊娠中に胎盤を通じて赤ちゃんに感染する可能性があるのです。

ですので、歯周病の疑いがある妊娠中の方は、即座に歯医者へ行く事をお勧めします。

妊娠中の歯の治療について

妊娠中でも制限付きで歯の治療を行うことは可能な時期はありますが、妊娠後期になると治療が難しくなります。

出産後はなかなか治療の時間が取れなくなるので、歯周病やむし歯の疑いが無くても、妊娠中期に一度歯医者へ行くことをお勧めします。

また自治体によっては、妊婦検診と歯科検診の検診代の助成金が受けられる場合もあるので、事前にお住まいの地域のこれら助成金の対象についてお調べする事もお勧めします。

妊娠中の歯の健康は、ご自身の健康だけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんの健康についても大きく関わっています。

赤ちゃんの健康のためにも、時期を見計らって歯科医院での受診をしましょう。

【質問】妊娠中にキシリトールガムを食べると、赤ちゃんの虫歯予防効果に繋がるって本当ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

キシリトールについて

妊娠中にキシリトールガムを摂取した方が、赤ちゃんへの虫歯菌感染率が低くなるという報告実証結果は存在します。

この実験では、妊娠しているお母さんたちを2つのグループに分け、片方は日常生活を、片方にはキシリトールガムを取り入れて生活してもらうという物でした。

実験の結果、キシリトールを摂取したグループの赤ちゃんから生後2歳までの間にミュータンス菌が減少する効果が見られたのです。

これはキシリトールがミュータンス菌の栄養にならない為です。

お母さんの口内に掃除された後キシリトールが残っていても、ミュータンス菌の繁殖環境に適さない為、段々と虫歯菌が居なくなります。

キシリトールの効能

キシリトールはプラークが歯に付くのを抑制し、校内全体を清潔に守る役割を持つことができます。

さらに、唾液の分泌を促進するので、再石灰化を防ぐのに適した口内環境に整えてくれるのです。

これらの効能に伴い、虫歯菌の主要であるミュータンス菌の繁殖を防ぎ弱らせる効果を持っています。

キシリトール摂取時の注意点

キシリトール製品のには注意が気が書かれており、一度に大量のキシリトールを摂取するとお腹が緩くなり下痢の症状を引き起こします。

キシリトールは糖アルコールに分類され、小腸で消化吸収が困難です。

この消化吸収をされない状態が続くと、体が何とかしようと小腸に水分を送り込むため、下痢になるのだろうと言われます。

キシリトールの1日の摂取限界は20~30g。

これを超えることに注意喚起が入ります。

含有量から考えるとガム10個程度までは安全に食べられるので、一日の摂取はその程度に控えた方が良いでしょう。