「小児についてのQ&A」カテゴリーアーカイブ

【質問】キシリトールって本当に歯に良いんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

キシリトールの効果について

数多くの企業がキシリトール配合のガムを商品化しており、馴染み深い言葉であある”キシリトール”について今回は解説したいと思います。

まず結論から言いますと、キシリトールはむし歯予防に効果があります。

そもそもむし歯が発生する仕組みとしては、むし歯の原因であるミュータンス菌が糖を発酵させる際に発生する酸によって、歯が溶けるといった仕組みになります。

つまり、細菌が歯に付着して残っている糖分をエサにして作られる酸によって、歯が溶かされ、穴が空くという事をむし歯と言います。

なので、歯に付着する糖質を落とすために、毎日の歯ブラシや歯間ブラシを用いた歯磨きや、うがいが必要となるのです。

話を元に戻すとキシリトールとは、天然素材の甘味料であり、白樺の樹脂から抽出される物質に水素を加えて作られるものです。

砂糖のカロリーと比べると1/4程度なのに、甘さは砂糖と同程度なので、糖尿病患者さん向けの医療品原材料としても利用されています。

しかし砂糖の糖分とは異なり、口の中でミュータンス菌にエサにされる事がないため、歯を溶かす酸を作る事は出来ません。

酸が発生しにくくなる事によって、ミュータンス菌の住処である”プラーク”が、日々の歯磨きによって落ちやすくなります。

それに加えてキシリトールには、歯のエネメル質の再活性効果もあります。

こう言った理由から、キシリトールはむし歯予防に効果があります。

キシリトール配合商品を利用する際の注意点

先ほどキシリトールという成分には、むし歯予防に効果があると述べました。

しかし、実際にむし歯予防を期待してキシリトール配合商品を利用する際には、注意しなければいけない点があります。

(1)ガムもしくはタブレットの商品から選ぶ。

(2)キシリトール以外の甘味料が含まれていないか確認する。

(3)歯磨きの代わりにはならない。

この3点を抑える必要があります。

それぞれ確認してみると、

(1)とは、ガムやタブレットでない限り、口の中にキシリトールを留まらす事が難しいので、これらの商品を選ぶ必要があります。

(2)とは、キシリトール以外の甘味料が含まれていた場合、その甘味料に含まれる糖分がむし歯発生の原因となる可能性があるからです。

ですので、いわゆる”シュガーレス”商品を選ぶか、パッケージの表記が糖類が0gであり、糖質中のキシリトールの割合が半分以上の商品を選びましょう。

(3)とは、キシリトールはむし歯予防に効果はあるものの、歯磨きはより効果的であり、キシリトール配合商品を摂取する事で歯磨きの代わりにはならないという事です。

日々の歯磨きをきちんと習慣化し、補助的にキシリトール配合商品を摂取する事でむし歯予防を目指しましょう。

【質問】子供が歯科医院嫌いにさせない為には、どうすれば良いですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

生え始めの乳歯というのは、歯の質が柔らかいため、一度むし歯が発症すると進行しやすいという特徴があります。

ですので、自分のお子様の乳歯が生え始めると、歯科医院で歯の治療は必要となります。

しかし、この年代の子供は、大人とは違い歯科医院に対して強い嫌悪感を抱く事があります。

治療中の痛みに対する恐怖心や、たまたま機嫌が悪いタイミングで治療を受けた場合に、こういった嫌悪感を植え付けられる事になります。

そうなると子供の中で、歯科医院=怖い所とインプットされ、円滑に歯の治療を受けることが難しくなる可能性があります。

ですので、子供の中で、そういった歯科医院におけるネガティブなイメージをなるべく無くす必要があります。

小さなお子様を持つ親御さんが出来る対策を今回は、お話ししたいと思います。

恐怖心を植えつけない為には?

最初の対策として、自分の子供に無理に治療を受けさせないという事が挙げられます。

例えば、歯科医院の診察室に入ってみるだけにして、次の日に治療の椅子に座るだけにする、等と段階を経て少しずつ子供に歯科医院に慣れてもらいながら恐怖心を無くしていきます。

子供が歯科医院という環境に慣れるという事が、治療に対する恐怖心を軽減される事に繋がります。

次に、普段から子供に歯科医院について恐怖心を抱くような言動には注意しましょう。

このような言動は、自分の子供の中に、歯科医院=怖い所というネガティブなイメージが勝手に植えつける可能性があります。

むし歯は、予防が大切です。

このむし歯を予防するためにも、歯医者に行く事は大切です。

大人でも歯痛は辛いものです。

万が一むし歯になってしまっても、早期に発見することが大人であろうが子供であろうが、治療も短時間で済ませることが出来ます。

そうであるので、小さなお子様を持つご両親がこれらの対策を行う事が必要となります。

【質問】シーラントってなんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

シーラントについて

シーラントとは、主に子供のむし歯予防処置のひとつです。

子供の歯が生えて間もない時の歯のエナメル質は、まだ未熟の為表面が弱いと言う特徴があります。

そうであるので、むし歯菌が作り出す酸に対する抵抗力が弱い為、生え始めの乳歯はむし歯になりやすい状態となっています。

それに加えて奥歯や前歯には深い溝があるため、そこに食べかすが溜まりやすく、更にむし歯になりやすいといった側面があります。

シーラントとは、それらの食べかすや汚れが埋まらない様に合成樹脂で埋めるという治療になります。

歯が生えたての時に、シーラントを行うことで、虫歯予防になります。

フッ素と組み合わせると更に予防効果は高くなります。

シーラントのデメリットは?

先程、シーラントは歯の溝を埋める事でむし歯予防を行う治療と述べましたが、大人に行う詰め物よりは、取れやすいと言うデメリットが存在します。

半永久的に歯の溝を埋める事は出来ないので、一度シーラントを行うと、定期的に歯科医での検診を行い、チェックしてもらう必要があります。

【質問】子供の歯磨きについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯磨きについて

言わずもがなですが、綺麗な歯を維持する為には日々の歯磨きが必須です。

定期的な歯科医での治療も必要ですが、歯磨きは最も重要な習慣となります。

この歯磨きを生涯に渡って習慣化して行う為にも、子供が幼い時から行わせる必要があります。

具体的には、歯が全て生え揃い、甘いお菓子を食べ始めた時が良い歯磨きのスタートかもしれません。

しかし、およそ2〜3歳の子供が一人で自発的に歯を磨く事は不可能であるので、将来の自分の子供の健康な歯の為にも、ご両親の手助けが必要不可欠となります。

今回は、そんな子供の歯磨きについて解説をしたいと思います。

子供に習慣化させる為には?

歯磨きを嫌がるお子さんは大勢います。

大変ですよね。

まずは、歯ブラシを持って遊ぶことからはじめてみましょう。

その際には、怪我のないように必ず大人の方が目を離さないようにして下さい。ご家族の皆さんで、歯磨きを習慣に出来るようにすると良いでしょう。

また、仕上げ磨きの際に親御さんの膝の上に寝かせることはスキンシップのひとつになります。

遊びを取り入れながら、歯磨きが楽しくなるようにすると良いでしょう。

子供の歯の汚れが取れない時は?

「色素沈着」「虫歯」の可能性があります。

もし、色素の沈着だった場合、問題ありません。

きちんと歯磨きをしても、茶渋のような汚れは落とせずに色素が歯に着いてしまうことがあります。

また、黒くヤニのような物が歯や歯肉との間に付着することもあります。

原因としては、食べ物や唾液と言われています。

色素沈着は、健康への影響はありません。

歯磨き剤は必ず使うべきですか?

「絶対に使わなければいけない!」というわけではありません。

歯磨き剤をつけると喜ぶというお子さんには、ほんの少しだけ付けると良いでしょう。

ただ、あまり多く付けてしまうと口の中が泡だらけになってしまいます。

泡が多いと歯磨き時間が短くなってしまうことによって、歯ブラシが行き届かなくなってしまう可能性があります。

歯磨き中に口をすすぐ回数が多くなって、仕上げ磨きもなかなか進まなくなってしまいます。お母さんの仕上げみがきを十分にしようとしても、すぐにうがいをしたがるので思うようには出来ません。

ただし歯みがき剤には小さな粒子による研磨作用、洗剤と同じ様な清掃作用もあります。

さらに特殊な働きを期待するフッ素や酵素が入っているものもあります。

使う時はフッ素入り歯ミガキを使いましょう。

【質問】子供の歯の詰め物が取れた時は?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

詰め物が取れた時

子供の歯に詰め物をした場合、その詰め物が取れるというケースが多々あります。

それは、

  • 子供の乳歯は、永久歯へと生え変わる
  • 子供の乳歯は、永久歯よりも柔らかい

といった理由から、子供の乳歯に対する詰め物は、大人の永久歯に対する銀歯等の詰め物と違って精巧に作る事が難しいのです。

ですので、冒頭に述べた様な、詰め物が取れるといったケースが多発するんです。

実際に自分のお子様の歯の詰め物が取れた際は、

お子様が詰め物を誤飲しないように保護者が保管し、すぐに歯医者に行きましょう。

絶対に放置はしてはいけません。

詰め物が取れる原因について

自分のお子様の歯の詰め物が取れてしまうのには、いくつかの原因があり、それらを探っていくのが重要です。

下記に簡単に症状別のパターンを示しますので、実際にどのような状況下で起こったのかを確認して、担当医にご相談ください。

(1)乳歯は、永久歯よりも歯に厚みがないため、詰め物も薄くなってしまうので取れやすい。

(2)乳歯の詰め物には、銀合金が使われています。さびやすくてセメントの接着力が落ちやすいため取れやすい。

(3)歯の生え変わりの時期だと、歯が動いたり隣の歯が生えてくることによって、詰め物がはずれやすくなる。

(4)ガムやアメを食べたり、歯軋りをする子は詰め物が外れやすい。

(5)子供は唾液が多いため、詰め物を留めるセメントの力が弱まるため外れやすくなる。

(6)治療を嫌がってしまう事があり、そういう場合には精度が劣ってしまいとれやすくなる。 

以上のような理由が挙げられます。

詰め物が取れてしまった場合、虫歯が進行したり歯が欠けたりしていなければ、付け直すことが出来ます。

【質問】どうすれば指しゃぶりを止めさせることができますか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

指しゃぶりは、3歳くらいまでは気にする必要はありません。

指しゃぶりをするお子さんの多くは、お友達と遊ぶことが多くなったり、社会性が芽生えるなど、興味の対象が増えることによって自然と指しゃぶりの回数が減っていきます。

そして、いつの間にか指しゃぶりを止めてしまいます。注意して頂きたいのは、奥歯のかみ合わせが出来てからも指しゃぶりが止められない場合です。

指しゃぶりを続けてしまうと、歯並びが悪くなってしまったり、顎の骨の発育に悪影響を与えてしまう可能性があるからです。

無理に止めさせるのではなく、子供に指しゃぶりはよくないということをわかってもらって止めていくように持って行くようにしましょう。

決して、叱らないで下さい。

【質問】フッ素って、どのような効果があるのですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

フッ素の効果について

今回は、むし歯予防に役立つフッ素についてその使い方と効果について説明したいと思います。

直接歯に使用する場合、口腔内に使用する場合の2つの場合におけるフッ素の効果について解説します。

●直接歯に使用する場合

フッ素入りの歯磨き粉を用いて歯を磨く事で、歯の表面にフルオロアパタイトを生成して、結晶性を向上させることによって、歯を硬くする作用があります。

更に、フッ素には歯の再石灰化を促進させることができます。

フッ素の効果として、歯のエナメル質に直接作用し、フルオロアパタイトという酸に対して強い抵抗力のある物質を作ります。

むし歯は、その進行度合いをC0からC4の5段階で表す事が出来ます。

(C0:自覚症状無し、C4:大抵の場合歯を抜く必要有り)

このむし歯の進行度合いとして、C0、C1であれば、フッ素による再石灰化によって修復される可能性があります。

毎日フッ素入りの歯磨き粉を使用することで、歯科医でのフッ素塗布の治療と同じ効果が期待できます。

一般的に、フッ素入り歯磨き剤使用による虫歯の抑制率は、15~25%程度と言われています。

●口腔内に使用するもの

また、フッ素にはむし歯や歯周病の原因となるミュータンス菌の活動の抑制や細菌の酸産生能力を抑制します。

このうがいを継続して行うことで効果が出ます

フッ素液でのうがいは、1日1〜2回を行うことで30~40%抑制することが出来ます。

フッ素は、虫歯予防に高い効果が期待出来ます。

しかし、フッ素を塗ったからといって、毎日の歯磨きを怠ると虫歯を予防することは出来ません。

フッ素だけに頼ることなく、食生活に気をつけて歯磨きをしっかりすることが大切です。

フッ素には、むし歯や歯周病に対する効果があるとこれまで述べましたが、成人と同様に、永久歯の無い乳幼児にも使う事が出来るのでしょうか?

答えから言うと、乳幼児にも同じようにフッ素を使っても大丈夫です。

一般的に歯が生え始めたら、むし歯予防の為にフッ素を塗ることが出来ます。

乳幼児期の場合には、唾液が多いためフッ素が流れやすいので、定期的に塗ることをお勧めします。

6歳以上の永久歯に生え変わる時期だと、歯磨きも上手になり効果が高くなります。

【質問】乳歯はむし歯になりやすいですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

乳歯のむし歯について

今回は、子どもの乳歯のむし歯について話をしたいと思います。

3歳を超えると、子どもは自発的に動き始め、人付き合いや、外の環境に意識が高まります。

そして多くの場合、チョコレートやスナック類など口にすることが多く、段々と味を覚え始めます。

またその頃には乳歯はほとんど生え揃うので、徐々に虫歯が出てくる時期でもあります。

乳歯はまだ神経が未熟なこともあり、虫歯になってもあまり痛みを感じず、虫歯の早期発見を遅らせる原因になります。

お子さんが痛みを発症し出した頃にはすでに大きな虫歯になっている可能性が非常に高いです。

ですから特に歯に痛みがなくても、定期的な検診や、しっかりとした歯磨きを学び、早期発見、治療を家庭の中でも意識しましょう。

乳歯がむし歯になりやすい理由

乳歯は一般的に、永久歯に比べてむし歯になりやすいとされています。

その理由として、

  • 乳歯はもともと永久歯よりも歯質が弱く、厚さも2分の1程度しかありません。
  • 乳歯の表面は、柔らかく酸に弱いため表面が硬くなる1年くらいの間にむし歯はできやすい。
  • 乳歯の奥歯は溝が細かく、汚れが溜まりやすい形をしています。その為、より一層細かいケアをしないとむし歯菌に餌をやっている様なものなのです。

また、乳歯は永久歯に比べて薄い為、一度むし歯になるとむし歯の進行が早くなります。

甘いものや食後の歯磨きを習慣づけて、お子さんをむし歯から根気よく守れるようにしましょう。

乳歯のケアは必要?

「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるし、そこまで気を付ける必要が無いのでは……」

と考えたことはありませんか?

それは大きな間違いです。

乳歯というのは、実はその後生えてくる永久歯に対する土台の役割を担っています。

乳歯のケアを怠った場合、

  • 噛み合わせが悪くなる。
  • 歯並びが悪くなる。

と言った影響を永久歯に与える可能性が高いです。

このように家を建てる際の基礎工事に相当するので、乳歯は永久歯に生え変わるまでの間大切に接する必要があります。

基本的に歯のケアというのは、

  • 毎日の歯磨き。
  • 定期的な歯医者への通院。

となります。

ですので、幼少時代より、毎日の歯磨きの大切さを子どもに繰り返し教え、実践させることで、永久歯に生え変わっても歯みがきを習慣づけることができます。

乳歯と永久歯は単なる交換ではなく、相互に密接に関係している物です。

油断せずにお子様にきちんと派の大切さを教えて、守って挙げられるように心がけましょう。

【質問】子供の前歯が斜めに生えてきた時、どのように対処すれば良いでしょうか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

乳歯が斜めに生えた場合の対応について

今回は、子供の歯について解説をしたいと思います。

まず、通常乳歯は生後3~9ヶ月頃から生え始めます。

この歯の生え始めと言うのは、個人差があるので多少前後しても問題はありません。

しかし、生え始めが早い赤ちゃんも遅い赤ちゃん出会っても、共通しているのは前歯から生え始めるということです。

奥歯から生え始めてくることはなく、前歯から奥歯の順に乳歯が生え始めます。

前歯の中でも下の前歯から生え始めるのが一般的ですが、ごく稀に上の前歯から生えてくるケースもあります。

また奥歯まで全て生え揃ろうには、およそ2年程かかると言われています。

この歯が生え始めてから、およそ2年程度の生え揃うまでの流れにおいて、実はお子さんの歯が綺麗に生えそろうことは多くありません。

歯が斜めに生えてきたり、歯と歯の間に隙間が出来る様に生えてしまう事が多々あります。

また子供は体の成長過程において、顎の形状も変化していくため、この変化が歯の生え方に影響を大きく与えます。

しかし、大抵の場合において、歯が全て生え揃うまでに自然と改善されていきます。

そうであるので、日常生活に支障をきたす程問題が大きくなければ、一旦歯が生え揃うまで待ってみる方が良いでしょう。

歯が全て生え揃ったにも関わらず、歯並びに改善が見られない場合は、すぐにかかりつけの歯科医へ相談してください。

矯正歯科治療には、子供向けの乳歯から出来る治療も存在しますので、このようなお子様の歯並びや噛み合わせの状態を良くする事が可能となります。

歯並びを良くするという事は、健康にとても重要なので、お子様の成長に合わせてかかりつけの歯科医に相談しましょう。