「歯並びについてのQ&A」カテゴリーアーカイブ

【質問】歯の矯正について教えて下さい【後編】

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯の矯正について

以前、当医院のHP内で歯の矯正についてのまとめ記事を載せました。

こちらの記事では、歯の矯正に必要な費用や期間、治療の種類についてご紹介を行いました。

今回の記事では、歯の矯正の実際の治療に関するよくある悩みをご紹介したいと思います。

歯の矯正って痛い?

痛み自体には個人個人で感じ方に違いがあり、一概には言えませんが矯正による痛みや違和感はある程度発生します。

一般的に歯の矯正を行った時に感じる痛みというのは、大まかに言うと3パターン存在します。

  • 矯正器具が当たる時
  • 歯が動く時
  • 物を食べる時

まず、矯正器具が当たる時の痛みというのは、文字通り装着している矯正器具の一部が飛び出して口の中に当たることにより起きます。

しかし、近年は開発が進んでおり、特にマウスピースを用いた治療法は一般的に、従来のブラケットやワイヤーによるものよりも痛みや不快感が少ないことが報告されています。

次に、歯の矯正を行うと時間をかけて歯が動きますが、その際大抵の場合痛みを伴います。

しかしこの痛みの度合いも徐々に小さくなっていく傾向にあります。

最後に、物を食べる時、特に硬い食べ物を食べる時に痛みが発生する場合が多いです。

ですので、歯の矯正の治療を行なっている期間中は、あまり硬いものを食べない事をお勧めします。

子供でも矯正の痛みに耐えられますか?

先ほど歯の矯正には、痛みが生じる場合があると述べました。

そうなると、自分の子供に歯の矯正の治療を行わせても、痛みに耐えれず治療を断念するのでは?

と考えた親御様もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし実は、歯の矯正は子供の方が痛みへの順応性が高いことが報告されています。

年齢を重ねる程、これらの痛みに対して敏感になっていき、40代での治療は結構大変だという声を聴くこともあります。

上記を勘案し、矯正の方法により推奨年齢は異なりますが、適正年齢に入った若い段階での治療をお勧めしております。

歯を抜く必要ってあるの?

矯正の検査をする時に担当医から判断を説明いたします。

歯の並びによって、抜歯を伴う場合、伴わない場合が出てまいります。

また、現在の歯並びから抜歯の選択をすることによって、治療後の印象が、口元や横顔で変わってくる場合がございます。

パターンによって、現在とどうなるのか担当医としっかり相談の上、ご自身の理想の矯正プランを選べるようにしましょう。

過去に矯正をしました、新たに依頼することは可能ですか?

以前矯正治療をし、歯並びを変えた場合でも、年齢の経過とともに徐々に元の位置へ戻ってしまう場合があります。

成人の患者様への矯正はこういった事例への対応も含んでおり、現在の歯並びと相談して新たな矯正治療を進めていく形となります。

新たに矯正治療をお望みの場合は矯正歯科医へご相談頂き、現状に沿った最適な治療を相談していく形となります。

【質問】歯の矯正について教えて下さい【前編】

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯の矯正について

今回の記事では、歯の矯正についてお話ししたいと思います。

歯の矯正は、歯並びを良くすることを目的とした治療となっています。

この記事を読むことで、歯の矯正を検討している皆さんの不安や疑問を解消し、歯の矯正を行う決断を下せる手助けとなれば幸いです。

歯の矯正を行う歯科医院について

歯の矯正の治療を行っている歯科は大別して、『総合歯科医院』と『矯正専門歯科医院』に分けられます。

このうち矯正専門歯科では、歯の矯正を専門に行う歯医者さんが治療を行います。

歯の矯正は技術が年々進化しており、ご提案できる内容も機材・技術の発展と共に移り変わってきました。

最近注目されているマウスピースによる矯正は新しい治療ですので、このプランを導入している医院は比較的限られています。

歯の矯正の種類について

一般的に矯正の種類には、

  • マウスピース矯正
  • ワイヤー矯正
  • インプラント矯正

の3種類が存在します。

以前、こちらの記事でそれぞれの種類について解説を行なったので、それぞれの治療方法について詳しく知りたい方は、是非ご一読下さい。

治療期間について

歯の矯正は、歯への負担を出来るだけ小さくする為に長い時間をかけて治療を行う必要があります。

治療期間はご本人様の歯の状態と、歯科医の治療方針によって異なるものの、一般的に成長期を終えた大人だと、およそ1年から3年程の時間を見積もる必要があります。

ワイヤー矯正、マウスピース矯正では治療期間はほぼ変わりがなく、ご自分に合った方法を選ばれるのがよろしいでしょう。

矯正措置は期間も比較的長く、決して簡単な治療ではない為、納得いくまで歯科医に相談を行い、しっかりとした効果の理解とスケジュールの理解を得ることをお勧めいたします。

治療費用について

歯の矯正の治療は、一般的に公的保険の対象なる治療ではありません。

よって、治療に必要な費用は全て自己負担となります。

歯の矯正に必要な治療費用は、歯科医院や治療方法は勿論の事、ご本人の歯の状態によっても大きく変わりますので、治療を検討している歯科医院で一度治療のご相談を行う事をお勧めいたします。

当医院でも、歯の矯正の治療は行なっていますので、当医院で治療をご検討の方は是非ご連絡お願いします。

矯正可能な範囲について

ワイヤー矯正・マウスピース矯正共に治療の範囲に制限はありません。

通常、前歯から奥歯まで全てが矯正可能な範囲となっています。

ただし、ご本人の現在の状態、担当歯科医の判断などにより治療範囲を指導・限定させていただく場合が御座います。

恒常的な治療ですので、よく相談して治療に臨まれるのが良いでしょう。

虫歯や治療によって歯並びが変わっていても大丈夫?

ご来院の際、検査時に歯科医師が判断を行います。

矯正に関するスケジュールプランは現在の患者様の状態に沿って考えていきます。

器具をつける前に虫歯や歯周病などの治療を先に行うのが一般的です。

矯正歯科医師よりアドバイスを貰い一般的な治療を済ませ、経過を確認しつつ計画的に取り組まれるとよろしいでしょう。

【質問】歯列矯正にはどんな種類がありますか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯列矯正の種類について

今回の記事では、歯列矯正の種類の紹介を行いたいと思います。

歯列矯正とは、歯並びを改善する治療の事ですが、実は様々な治療方法があります。

歯列矯正には大きく分けてワイヤー矯正と、最近流行しているマウスピース矯正、そしてインプラント矯正の3種類があります。

また矯正措置とは異なりますが、セラミック治療という方法もございます。

近年、矯正治療の方法がこの様に増えたことで、患者様側の選択肢も広がり色々なアプローチや年齢層から臨めるケースが増えました。

マウスピース(インビザライン)矯正

当院でオススメしているのは、このインビザライン矯正です。

この矯正は患者様にあったマウスピースを数十個用意し、段階ごとに理想の歯並びへと近づけていく手法となります。

1ピース最大0.3mほどの移動幅で通常1週間から10日間で交換をしていき、マウスピースの力で徐々に徐々に理想に近づけていきます。

最大の利点はマウスピースの着脱による食事時の制限がない事。

衛生面での自由が利くことです。

詳しくは、こちらの当医院のHP内の特集ページをご覧ください。



ワイヤー矯正

従来でもよく見るワイヤー矯正は、歯に文字通りワイヤーを仕込み位置をずらす方法です。

ワイヤー矯正は表側・裏側があり、裏側は見た目は美しく日常生活が可能になりますが、技術的に難しく通常のワイヤー矯正より費用が掛かります。

技術的に行える歯科が多く、理解も普及している為、患者様側からの問い合わせもし易いのが特徴です。

デメリットとしては器具を外すという事が基本的に無い為、歯のケアや洗浄を丁寧にする必要があります。

インプラント矯正

通常の歯を再建するイメージのインプラント治療とは異なります。

ワイヤー矯正の進化型といった方が差支えが無いかもしれません。

インプラントの様に歯茎に金属を指し込むことでこの様に呼ばれていますが、その金属を起点にワイヤー矯正を組む治療を指します。

通常のワイヤーでは歯同士を起点にしていましたが、金属を力点に取り入れることで、よりコントロールに特化した治療となります。

ワイヤー矯正よりも効果が出やすいで半面、実施している医院が少ない事がデメリットとなります。

以前、当院でインプラント矯正についてまとめた記事がこちらになりますので、もっと詳しいインプラント矯正について知りたい方は、是非ご一読ください。