「歯周病についてのQ&A」カテゴリーアーカイブ

歯周病の予防方法を教えてください。

口臭についての章でも少しふれたように、口臭の原因のトップを走る歯周病について今回は詳しく見ていきましょう。

名称だけ知っていても、どんなものでどんな原因で発症するのか知らないと予防できないですからね。

歯周病とは?

よく耳にする歯周病。頻出頻度の割にはどんな症状なのか知っている方は少ないのではないでしょうか。

歯周病とは、歯の周り、つまり歯を支える歯ぐきや骨に炎症が起こり壊されていく病気です。

炎症が歯ぐきのみの場合は『歯肉炎』、それよりも進行が進むと『歯周炎(歯槽膿漏)』と呼ばれます。

虫歯は歯自体が壊されていく病気に対し、歯周病は歯を支えている周りが壊されていくので、最終的に歯が抜け落ちてしまうのです。

日本人の40歳以上の約8割の方がこの病気に罹っているとされています。

これは加齢により歯ぐきが瘦せてきたり、免疫が落ちてきたりと歯周病にかかりやすくなるからです。

そのため早くから予防することが大切になってきます。

歯周病を予防するには

歯周病は感染症ではありますが、生活習慣が発症のきっかけとなることが多いので生活習慣病の1つとも言われています。

歯周病を予防するには、原因となる歯垢を取り除くことと生活習慣の見直しが重要です。

歯垢を落とすには、ヘッドが小さい歯ブラシや、デンタルフロスなどを使うことで細部まできれいに磨くことが出来ます。

しかし歯垢が石灰化し変化した歯石は、歯磨きでは取り除くことが出来ないので歯周病になる前に歯科で取り除いてもらってくださいね。

また免疫が落ちていると細菌に感染しやすくなるため、日頃から規則正しい生活をしたり、十分な睡眠を取ることでストレスを溜めないように心がけると歯周病の予防にもつながります。

なお、ビタミンCを破壊すると言われているたばこは、禁煙、もしくは吸う頻度を徐々に抑えていけると歯周病はもちろん、健康にもよいので是非ともこの機会に禁煙チャレンジしてみてくださいね。

【質問】女性ホルモンが歯周病に影響するって本当ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

女性ホルモンの分泌量の変化などが、歯周病に影響を与えると言われています。

生理時・思春期・妊娠中には、女性ホルモンの分泌量が増加し、女性ホルモンを栄養源にして繁殖する種類の歯周病菌が増殖、抹消血管の拡張も起こります。

それが原因で、歯ぐきから出血しやすくなったり、歯茎に炎症が起こりやすくなったりします。

また更年期には、女性ホルモンの分泌量が低下し、抵抗力が弱まったり体調の悪化が起こります。このため歯周病も進行しやすくなります。

不安な時期には、歯科での定期的な検診をお勧めいたします。

【質問】歯周病と歯槽膿漏の違いはなんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯槽膿漏(しそうのうろう)とは、歯を支えている歯槽骨から膿が漏れ出ているという状態を指す言葉です。

通常、歯周病が進行し重症化した物を指します。

以前は寛容的に歯槽膿漏と呼んでいましたが、現在では歯周病という言い方で統一されており、補助的に使われることの多い単語となりました。

歯槽膿漏はの状況になると歯茎が細って下がります。

露出が増えた歯は長さが増している様に見える様になり、歯と歯茎の間に海が貯まっていく為、口内がベトつくようになります。

この時膿が溜まっている為、当然口臭もキツくなります。

口内の更なる衛生の懸念、臭い、出血など、多くの疾患や要素を抱える様になる為、歯周病(歯槽膿漏)をケアすることはとても重要なのです。

【質問】タバコで歯周病が悪化するって本当ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

タバコの歯に対する影響について

健康にも悪いタバコですが、当然歯にとって良いことは一つもありません。

タバコを吸うことで、歯周病にかかりやすくなります。

またタバコの煙(副流煙)には、200種類以上の有害美質が含まれており、歯周病以外にも歯肉炎にかかりやすくなります。

このことから、喫煙者は非喫煙者よりも歯周病に気を付けなければなりません。

また歯周病になりやすいだけでなく、悪化もしやすくなるというデータが存在しています。

今回はそんなタバコが何故歯周病を招き、さらに悪化をさせるのかという事についてお答えしていきます。

何故タバコは歯周病に悪いのか

タバコを吸い続けることで大量のニコチンを摂取してしまう事は、皆さんもご存じのこととも居ます。

このニコチンには血管収縮の作用があり、血液で満たされている歯茎への栄養を行き渡らせる役割を弱めるのです。

歯茎の血管が収縮することとで、歯茎本体が痩せてしまい、また栄養も十分に行き渡らないため治癒力が損なわれます。

ニコチンの副作用によって発生する免疫低下と重なり二重に打撃を受けてしまうのです。

痩せた歯茎はプラークが残留しやすくなる為、清潔な状態を保ちにくく歯周病の悪化に拍車をかけます。

さらに、色素沈着も大きな問題となります。

通常歯周病の進行で気が付く要因の一つに、歯茎の色が黒ずんできたというものがありますが、喫煙者間ではそれらに気付きにくくなるのです。

また、ニコチンだけでなくタール(ヤニ)も、歯に付着しやすい為、他の病原菌が溜まる原因となります。

これにより、タバコを吸う事は、歯周病菌にとっては絶好の温床となり得る条件がそろってしまうのが、歯周病を悪化させる原因だと言われます。

喫煙者にオススメなケアについて

喫煙者は、非喫煙者以上に歯周病や歯肉炎になりやすいと述べました。

理想的な対策としては、一切タバコを吸わない禁煙がオススメなのですが、それが難しいのであれば、喫煙者は、非喫煙者以上に歯のケアをしなければなりません。

タール(ヤニ)が歯に残らないように、日々の歯磨きをしっかり行いましょう。

ここで気をつけるのは、歯のエナメル質に傷がつかないように、あまり力を入れずに優しく行いましょう。

その歯磨きの際に使用する歯磨き粉もタールを溶かす作用のある薬用成分が含まれるものを使いましょう。

しかし、普段の歯磨きにも限界はあるので、定期的に歯医者に行き、歯のクリーニングを行いましょう。



【質問】定期的な歯科医での治療について教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

定期的な歯科医でのケアの必要性について

代表的な歯の病気である歯周病を未然に防ぐ為には、定期的に歯科医へ通院することが必要になります。

日々の歯磨きで手入れが届かない箇所では、歯垢が溜まる一方です。

この歯垢(プラーク)とは、歯や歯の隙間にある白っぽい粘着性の沈着物です。

口の中に居る細菌や最近から作られる物で構成されています。

バイオフィルムとも呼ばれ、歯への付着がとても強く、薬品使用だけでは取り除くのが大変難しいです。

この歯垢が原因で、歯周病が発症します。

定期的に歯科医へ通院することで、歯の状態が分かるだけでなく、溜まった歯垢を除去する事が可能です。

近年、あらゆる全身疾患と歯周病の関連性が研究者の手により指摘され始めています。

関連が指摘されているものは主に【呼吸器系疾患】、【心疾患】、【妊娠】、【糖尿病】などが挙げられ、なかでも糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあると言われています。

歯肉は体の中でも非常に敏感で、多種多様な微生物、細菌が最も多く存在する部分でもあります。

お口の中をしっかりコントロールすることは、全身の健康管理の第一歩にもなるので、定期的な歯科医への通院が必要なのです。

歯科医で行われる治療について

歯科医で行われる歯肉の検査は、通常以下のようになります。

この検査では、主に【歯周ポケットの深さを測定する】、【歯石を取り除く】の2つの目的があります。

歯石を取り除く場合、歯肉に覆いかぶさっている歯石を取るという行程となります為、炎症を起こし敏感になっている歯肉に器具で触れそれが痛みの原因となってしまいます。

どうしても痛みが我慢できない場合、表面麻酔を用いるなどの方法も存在します。

歯石の溜まり方については個人差があり、必ずこの期間で受診しなければならない、というものはありません。

通常は年に3回~4回の通院を目安とされています。

主治医に定期的に診断をしてもらい、溜まり具合をチェックしてデータを蓄積していくことで、御本人に合った歯石除去目的の通院ペースを構築することができます。

この検査により、歯周病か否かがわかります。

もし初期の歯周病と診断された場合、適切なブラッシングの指導と歯科医師または歯科衛生士による歯周基本治療を行います。

進行した歯周病と診断された場合では、歯周ポケットの奥深くにあるプラークを除去する際に痛みを伴うため、局所麻酔を行う場合もあります。

また、さらに重度の場合は、歯周基本治療とあわせて歯周外科手術が必要になることもあります。

【質問】歯周病とはどんな病気ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯周病について

今回は、歯周病について話をしたいと思います。

歯周病は、むし歯と並ぶ代表的な歯の病気です。

この歯周病という病気は、聞いた事のある病気であるものの、どういった病気であるという事を知らない方は多いと思います。

歯周病の特徴と、未然に防ぐ為の方法について解説をしたいと思います。

歯周病の特徴について

歯周病とは、歯垢の椎体のバクテリアによって、歯ぐきに炎症が起ってしまい、歯を支えている骨が溶かされていき、重症化すると歯を失う原因となってしまう病気です。

これは、毎日の歯磨きが忘れがちになったり、歯のブラッシング(起床後・就寝前・食後など)をきちんと行わないと、歯垢(プラーク)が付着し歯肉炎(歯肉が赤く腫れ血が出やすくなる症状)が発生する事に起因します。

適切なブラッシングをせずに放置し、歯肉の炎症・感染が他の歯周組織に及んだ状態を歯周病といいます。

歯垢が溜まるり、歯と歯茎の間に隙間が出来ることが歯周病の始まりであり、さらに歯周病が進行すると、歯を支える骨や歯茎まで影響が及ぼされます。

重度の歯周病の状態では、歯がグラグラし、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病による喪失歯の増加が原因で、呼吸・発音・咀嚼・嚥下などにも悪い影響を及ぼしたり、さまざまな全身の病気につながる危険があることが知られています。

歯周病の対策について

歯周病は絶対にかかってしまう病気ではありません。

そもそも歯周病の原因は、先程述べた通り歯と歯肉の溝に細菌が溜まり、細菌の感染によって引き起こる病気です。

日頃から行き届いたケア(丁寧な歯磨き)を行い、定期的な歯科検診を行うことで、歯周病は防ぐことができます。

しかし、歯周病にかかっていても、なかなか気づかない方が多いくらい、自覚症状の少ない病気なんです。

歯周病を放っておくと、知らぬ間に大切な自分の歯が抜けてしまい、大変後悔することでしょう。

しかし、歯周病は予防することによって、防ぐことができ、仮に歯周病にかかったとしても、早期発見の場合は治療もできる病気です。

最近歯茎が腫れている、歯茎から出血がある、歯茎に痛みがある、口臭が気になる、歯と歯の間に隙間ができた、歯茎が痩せ、歯が長く感じる。

これらに少しでも心当たりがあれば、歯周病の恐れがありますので、放っておかないで、歯科医に相談するのが良いでしょう。

【質問】歯のケアについて教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯のケアについて

今回は、歯の病気の防ぎ方について説明したいと思います。

定期的な歯医者への通院も必要な事項ですが、それ以上に大事なのが日々のケアです。

これを怠ると、歯の代表的な病気である歯周病やむし歯にかかりやすくなります。

もちろん、人によって体質が異なるので、むし歯になりやすい人、歯周病になりやすい人、一度病気が発症した後の進度や治りやすさ等は大きく異なります。

そうであるので、むし歯や歯周病にならない為にも大切な予防策を幾つか挙げておきます。

1.歯磨き(プラークコントロール)

まず虫歯を予防する為には、しっかりと歯垢(プラーク)を落とすということが重要になってきます。

プラークとは、歯垢を指し細菌のかたまりなので、歯石とは違って正しいブラッシングで落とすことが可能です。

毎日の正しい歯みがきを心がけましょう。

また歯ブラシの種類は、大きく分けると電動ブラシと通常の歯ブラシの2種類存在します。

構造上電動歯ブラシのみでお口全部のプラークを除去していくというのは困難で、通常の歯ブラシとの併用を推奨しています。

通常のブラッシングの後、電動歯ブラシで歯肉のマッサージをして全体をケアしていくと、理想的な結果が得られやすくなるでしょう。

しかし、電動歯ブラシは磨きすぎの危険もあるため、一定個所に長時間あてるなどは避け、適度にブラッシング個所を動かしていくことが大切です。

2.歯石の除去

歯石とは唾液中のミネナルと歯垢が結合してできるものです。

歯に着いた歯垢は放っておくとなんと、たった2日で歯石になります。

歯石は歯ブラシでは取れません。

歯石が付いていると、どんなに丁寧に磨いても、磨き残しが常にあります。

歯周病では、歯と歯肉の境目にある歯周ポケットと呼ばれる溝の部分の病気が進行するにつれて徐々に深くなり、そのポケットの奥についた歯石を取ったり、歯根の表面を滑らかにしたりして治療を行います。

歯磨きの注意点について

歯磨きをした後、よく見ると歯茎から出血があるっていう人はいませんか?

歯磨き以外にも食事をとった後などに、軽い刺激が口内であると、出血した経験がある人は意外と多いはずです。

これは、歯肉に炎症が起きていると出血しやすくなります。

つまり、歯周病や歯肉炎が発症していることで、歯茎の状態が悪くなって出血しているのです。

このように炎症が起こること、歯茎に悪い血がたまり、軽くブラッシングしただけで血が混じってしまいます。

歯科医で歯石などを、きれいに除去して、正しい歯のみがき方を学び、歯茎が強くなれば、出血は収まるでしょう。

出血の状態が気になる場合は、一度受診をして本人の感想などを踏まえ主治医と相談することをお勧め致します。