「むし歯」タグアーカイブ

【質問】乳歯はむし歯になりやすいですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

乳歯のむし歯について

今回は、子どもの乳歯のむし歯について話をしたいと思います。

3歳を超えると、子どもは自発的に動き始め、人付き合いや、外の環境に意識が高まります。

そして多くの場合、チョコレートやスナック類など口にすることが多く、段々と味を覚え始めます。

またその頃には乳歯はほとんど生え揃うので、徐々に虫歯が出てくる時期でもあります。

乳歯はまだ神経が未熟なこともあり、虫歯になってもあまり痛みを感じず、虫歯の早期発見を遅らせる原因になります。

お子さんが痛みを発症し出した頃にはすでに大きな虫歯になっている可能性が非常に高いです。

ですから特に歯に痛みがなくても、定期的な検診や、しっかりとした歯磨きを学び、早期発見、治療を家庭の中でも意識しましょう。

乳歯がむし歯になりやすい理由

乳歯は一般的に、永久歯に比べてむし歯になりやすいとされています。

その理由として、

  • 乳歯はもともと永久歯よりも歯質が弱く、厚さも2分の1程度しかありません。
  • 乳歯の表面は、柔らかく酸に弱いため表面が硬くなる1年くらいの間にむし歯はできやすい。
  • 乳歯の奥歯は溝が細かく、汚れが溜まりやすい形をしています。その為、より一層細かいケアをしないとむし歯菌に餌をやっている様なものなのです。

また、乳歯は永久歯に比べて薄い為、一度むし歯になるとむし歯の進行が早くなります。

甘いものや食後の歯磨きを習慣づけて、お子さんをむし歯から根気よく守れるようにしましょう。

乳歯のケアは必要?

「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるし、そこまで気を付ける必要が無いのでは……」

と考えたことはありませんか?

それは大きな間違いです。

乳歯というのは、実はその後生えてくる永久歯に対する土台の役割を担っています。

乳歯のケアを怠った場合、

  • 噛み合わせが悪くなる。
  • 歯並びが悪くなる。

と言った影響を永久歯に与える可能性が高いです。

このように家を建てる際の基礎工事に相当するので、乳歯は永久歯に生え変わるまでの間大切に接する必要があります。

基本的に歯のケアというのは、

  • 毎日の歯磨き。
  • 定期的な歯医者への通院。

となります。

ですので、幼少時代より、毎日の歯磨きの大切さを子どもに繰り返し教え、実践させることで、永久歯に生え変わっても歯みがきを習慣づけることができます。

乳歯と永久歯は単なる交換ではなく、相互に密接に関係している物です。

油断せずにお子様にきちんと派の大切さを教えて、守って挙げられるように心がけましょう。