「インプラント」タグアーカイブ

【質問】インプラント治療はどんな人でも大丈夫?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

インプラント治療が出来ない場合について

今回の記事では、インプラント治療についての解説を行いたいと思います。

インプラント治療は、外科処置を伴う治療であるので、実は治療の対象にはある程度の制限が存在します。

まず、インプラント治療について説明したいと思います。

この治療法では、まず、顎の骨にインプラント体を埋め込む外科処置を行います。

このインプラント体を埋め込む手術が終え、3ヶ月から6ヶ月ほどの治癒期間を経て、正常であると確認が取れ次第、埋め込んだインプラントに人口歯を取り付ける2回目の手術を行います。

このことから、インプラント治療は全ての過程を含めて1年以上の時間を要する場合もある長期の治療となります。

ですので、2回も手術が必要な為ある程度の制限があり、事前に検査を行いますが、糖尿病などの疾患や骨量や骨質によっては、治療が出来ない場合があります。

下記にていくつかのパターンについてお答えいたします。

虫歯や歯周病の方

虫歯や歯周病などの口内疾患をお持ちの方は、インプラント治療をすることが出来ません。

まずは、口内疾患の治療をして口内環境と整えたり正しい歯磨きを身に付けていただきます。

その後インプラント治療に移りましょう。

依存症やアレルギーや特殊なお薬を服用の方

●アルコール依存症

アルコール依存症をお持ちの場合、治療を受けられない場合があります。

●チタンアレルギー

インプラント治療では、チタン合金を使用する為、チタンアレルギーをお持ちの方は治療を受けることができません。

詳しくはご相談ください。

●ステロイドなどの長期服用

ステロイドなど、長期間にわたって薬を使用されている場合、頻度・使用目的・服用年数などをおまとめの上、直接ご相談ください。

内容によっては治療ができない場合がございます。

適正年齢に満たない方

顎の骨は成長にしたがって形が変わっていきます。

その為、インプラント治療を受けられる場合は骨の成長が収まる20歳以上の方を対象に行っております。

全身疾患をお持ちの方

糖尿病や循環器、呼吸器の疾患など持病を抱えていらっしゃる方の場合インプラント治療を受けて頂けない場合がございます。

診断書等をお持ちの上担当医にご相談ください。