「歯科矯正」タグアーカイブ

インビザライン矯正にデメリットはあるの?

インビザライン矯正とは透明のマウスピースを使った矯正方法です。

透明でつけていることが気づかれにくい上に取り外しも可能なので現在とても人気がある矯正方法です。

そんな矯正方法にもデメリットがあります。今回は後々食い違いが生じたりしないようにデメリットについてご紹介いたします。

インビザライン矯正のデメリット

気付かれにくい透明のマウスピースで、取り外しが可能、その上2~3か月に1回経過観察に行くだけでいいというなんとも素敵な矯正方法ですよね。

そんなインビザライン矯正にもデメリットが3つあります。

1つ目は、1日20時間は装着していなければいけないことです。つまり取り外していいのは食事のときのみというわけです。

食事をした後は必ず歯磨きをしなければマウスピースを付けられない点も難点ですね。

2つ目は、マウスピースの自己管理が必要なことです。

日々のマウスピースのお手入れはもちろん、次のマウスピースもお渡しするのでなくさないように管理していただくことになるからです。

先にお渡しさせていただくことで少ない通院回数でも治療を進められる仕組みになっています。

そして3つ目はマウスピースのみではなく、『アタッチメント』という小さな突起を歯の表面に装着して矯正を行うということです。

マウスピースのみで矯正ができると思っている方が多いので注意が必要です。

インビザライン矯正をする際の歯科医院の選び方

メリットはもちろん、デメリットについてもここで理解して、いざ歯科医院選び!となった方に医院選びをするにあたり参考にしていただきたい点がございます。

それは院内に歯科矯正の認定医が在籍しているかを見ることです。

矯正治療は決して安価なものではないので、安心して任せられるプロにお願いすると間違いないかと思います。

なお、当院にはインビザラインプラチナドクターが在籍しておりますので、矯正を考えている方はぜひご相談ください。ご相談は無料です。

tadanawa-dc.com/inviza/

子供の矯正治療はいつからするべき?

歯の矯正は早ければ早いほどいいって聞くけど始めるタイミングはいつだろう、どんなメリットがあるのだろうと、お子さんがいる親御さんなら気になりますよね。

今回はそのお悩みにこたえていきます。

歯科矯正の開始時期はいつ?

子供の矯正治療には2つの始めるタイミングが存在します。

5歳~12歳の頃に行われる骨格矯正が中心の『第一期治療』と12歳頃~成人にかけて行われる歯列矯正が中心の『第二期治療治療』です。

第一期治療は、歯の生え変わりのタイミングで行うもので、これから生えてくる永久歯をきれいに生えそろえられるように調整します。

第二期治療は、永久歯が生えそろってから行うもので、噛み合わせや歯並びをきれいに調整します。

なお、大人になってから行う矯正治療は第二期治療のことを指します。

最近では、成人を過ぎた方には透明で目立たないマウスピース矯正という手法が人気となっております。

取り外しが自由で2~3か月に一度経過観察のチェックにご来院いただくだけで済むので、忙しくあまり時間が取れないという方にもお勧めです。

当院ではインビザプラチナドクターも在籍しておりますので皆様に安心の治療をお届けいたします。

https://tadanawa-dc.com/inviza

矯正するメリットとは?

歯並びがいいに越したことないのはわかるけど、実際のところどんなメリットがあるのかしっかり知っておきたいですよね。では早速矯正におけるメリットについて見ていきましょう。

子供の頃に歯科矯正を行うときれいに永久歯を生えそろえられるので、将来的な抜歯や外科的治療を防ぐことが出来ます。また歯並びが整うので子供の頃から歯磨きがしやすく虫歯になるリスクを下げることにもつながります。

もう一つは、歯の噛み合わせが原因で起こる発音や咀嚼の改善が見込めることです。

そして何より子供の頃は骨が柔らかく歯が動きやすいので治療がスムーズに進むことが最大のメリットです。

これらのことからできるだけ早くから歯科矯正を行うことをお勧めしております。

当院では小児歯科も併設しているため、いつから始めるべきか、そもそも歯科矯正をする必要があるのかなど些細なことでも構わないのでいつでも相談しにお越しください。

大切なお子さんの健康を守る手助けができればと思います。