「虫歯」タグアーカイブ

歯に物が詰まるのはどうしてですか?

食事の時に歯に物が詰まってしまいなかなか取れなくて歯がゆく感じることってありますよね。

それがたまになら問題ないのですが、もし頻繁に詰まるようでしたら1度歯医者さんに診てもらった方がいいかもしれません。

詰まるという行為1つをとっても原因は様々ありますからね。今回はそんな見逃しがちな歯のつまりについてご紹介していきます。

歯に物が詰まる原因

もし昔から食事をするたびに歯に物が詰まる、年齢を重ねるごとに詰まりやすくなってきた気がすると感じている方がいたら下記の原因を疑ってみてください。

歯に物が詰まる原因として、虫歯で隙間ができた、歯周病にかかっている、歯ぎしりによる負担で歯が動いたなどが挙げられます。

表面にできる虫歯は比較的気づきやすいのですが、歯と歯の間の虫歯はパッと見て分かりづらいので皆さん見落としがちです。

だから最近よく詰まるようになったけどどうしてだろうと思ったら原因は虫歯だった!ということが多々あるのです。

また、歯周病にかかると歯を支えている周りの骨が溶けていき、その影響で歯肉も減少するので歯間と歯ぐきの間に隙間が生じ歯に物が詰まりやすくなります。

そして、歯は日々の噛み合わせにより少しずつ動いているため、そこに歯ぎしりで強い負担が加わるとさらに動いて隙間や段差が生じてしまうわけです。

以上の3つが主な歯のつまりの原因です。

予防と対策

原因である虫歯も歯周病も、磨き残しによるものなので、しっかり歯を磨くことが大切です。

見落としがちである歯と歯の間は歯ブラシのみではなかなか落とせないので、デンタルフロスを使用するようにするといいでしょう。爪楊枝は間が広がりやすくなりかえって詰まりやすくなってしまうので使用は避けてください。

虫歯も歯周病も放っておくと、どんどん進行するので痛くなってから歯科に行った時にはすでに手遅れで神経を抜かなければいけないなど、大掛かりな施術になってしまうことがあります。

そのため普段の歯磨きはもちろん、定期的に歯科検診を受けることをお勧めしております。

歯ぎしりの場合、大抵睡眠中に無意識に行っているので自力で防ぐのは難しいため、歯科でマウスピースを作るといいでしょう。

歯ぎしりによる負担を軽減してくれます。

このように、詰まっただけと見逃さず、頻繁に詰まる場合は歯科医院で診てもらうようにして下さい。

親知らずって絶対抜かなければいけないの?

親知らずを抜いておたふくのように頬が腫れた人を見たら、親知らず抜きたくないな…なんて思いますよね。

そんな方に朗報です!親知らずが生えてきたからと言って必ずしも抜く必要はないのです。

そもそも親知らずってどうしてみんな抜いているのか疑問ですよね。

今回はそんな親知らずについて見ていきましょう。

親知らずとは?

親知らずとはその名の通り、『親に知られることなく生えてくる歯』だからです。

親知らずは親知らずという名がついておりますが、他の歯と同じ立派な永久歯に変わりはないのです。

ではなぜ他の歯と同じ立派な永久歯なのに抜かなければいけないのか。

それは他の歯のように真っすぐに生えてくる事が少ないことが挙げられます。

大抵の親知らずは斜めや横に生えてくるので、磨き残しが生じ、虫歯や歯ぐきに炎症が起こりやすくなります。

また親知らずだけでなく、その隣の健康な歯まで悪影響を及ぼしてしまうので抜いた方がいいとされているのです。

抜かなくていい場合はどんな時?

ただ冒頭でも述べたように親知らずだからと言って必ずしも抜く必要はないのです。

それは真っすぐに生えてきて、磨きやすく、噛み合わせも問題ない場合と、骨に埋まっている状態で周りに悪影響を与えることがないような場合です。

そんな時は無理に抜く必要はありません。

それに将来、歯が必要になったときに親知らずを移植することも可能なのでそのままにしている方がいいこともあるのです。

ご自身の親知らずに関しての心配、埋没具合その他経過観察などのご相談は、ぜひ一度当院のドクターにお尋ねください。

妊娠時は歯のトラブルが増えるって本当?

今ではあまり耳にすることがないかもしれませんが、一昔前は『一子を得ると一歯を失う』と言われていたように、妊娠時は歯のトラブルに悩まされるリスクが高まります。それはなぜなのか、一緒に見ていきましょう。

どんなトラブルが起きるの?

妊娠時に増加する症状として、代表的な虫歯や歯周病はもちろん、口臭がひどくなったり口内炎ができやすくなったりします。

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが急増するため、それを餌とする歯周病菌が繁殖しやすくなるので、歯周病にかかりやすくなるのです。

また妊娠中は免疫力が低下するので口内炎になったり、歯周病の進行が進みやすくなったりするわけです。

虫歯にかかりやすくなる理由としては、つわりで気持ち悪く歯磨きを以前のようにしっかり回数をこなせなくなることが挙げられます。

さらに妊娠をきっかけに、食嗜好が変化し甘いものや炭水化物を好むようになったり、一度に大量に食べられなくなり、食事回数が増えることも虫歯になる要因の1つでしょう。

防ぐためにどうしたらいいの?

ホルモンの影響やつわりが原因なら避けることはできないのではないかと思ってしまいますよね。

妊娠中は上記のように歯のトラブルが増加することをしっかりと頭に入れて、普段以上に口内のケアに気を配るようにすることが大切です。

歯ブラシはヘッドが小さいものを使用するようにしてください。

もし歯ブラシを口に入れられないときは、うがいをするように心がけるだけでも違います。

その際にデンタルリンスなどを使用するとなおいいでしょう。

そしてつわりがおさまる4~5ヵ月頃に、一度歯科検診を受けるようにしてください。

妊娠中は何かと大変で歯まで気が回らないことが大半ですので、あまりナーバスにならないでくださいね。

何かあればすぐにご対応させていただきますので、一緒に妊娠時の歯のトラブルを回避していきましょう。