歯のない部分をインプラントで治療した症例|下北沢の歯医者|下北沢歯科医院

新型コロナウィルスへの対応について

  • 井の頭線「下北沢」駅4分
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢歯科医院ネット予約

歯のない部分をインプラントで治療した症例

痛みのあるブリッジの歯をインプラントで治療した症例

初診時のレントゲン画像

インプラント治療の実施

元々歯のない前歯には、最小限の切開(8ミリ程度)にてインプラントの埋入と共に仮の歯を装着し、見た目も即日で回復していきました。

インプラント治療の実施

また、奥の歯はCT写真にて骨が弱っていたため、しっかりと歯茎を切開し、骨の状態を確認しながら施術を行っていきました。

インプラント治療後のレントゲン画像

手術後3ヵ月間は治癒期間を設け、しっかりと骨とオステオインテグレーションしている事を確認し、上部の歯を作成していきました。

インプラント治療の実施

結果、しっかりと噛む事ができ、審美的にも回復する事ができました。

年齢・性別 60代 男性
治療期間 3ヵ月
治療回数 5回
治療費(税込) CT検査 0円
インプラント治療(上部ジルコニア含め)
左上大臼歯 407,000円
左上小臼歯 429,000円
テンポラリーアバット 22,000円
プロビジョナルレストレーション(仮歯) 5,500円
想定されるリスク ・経年的に歯茎が下がる事があります
・定期的にメンテナンスを行わず清掃不良の場合、インプラント周囲炎になり脱離する事があります
・骨としっかり結合せず、再オペが必要になる事があります
・糖尿病など、全身状態によっては治療が難しくなります
・骨の量によっては行う事が出来ない可能性があります

インプラントページ>>

トップへ戻る