極力抜かない・削らない治療|医)ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

極力抜かない・削らない治療

天然歯の保存に努めた極力抜かない・削らない低侵襲治療

低侵襲治療

ただなわデンタルクリニック下北沢歯科医院・祐天寺歯科では、天然歯の保存をモットーにできるだけ歯を抜かない・削らない低侵襲な治療を心がけております。こちらでは当院が実施する抜歯回避や切削量を抑えるための対策・取り組みについてご紹介いたします。

虫歯・歯周病から天然歯を守るなるべく抜かない治療

虫歯や歯周病が重症化すると、歯を失う可能性が高くなります。現在では、インプラントや入れ歯ブリッジといった歯の機能を補う治療法はいくつかありますが、やはり天然歯に勝るものはありません。当院では診査・診断をしっかり行い、症状に合った適切な処置によって抜歯の回避に努めております。

拡大視野下での精密根管治療

拡大視野下

歯の神経にまで虫歯が達した場合は、感染した神経を取り除き、歯の内部を殺菌する根管治療を実施いたします。当院では、歯科拡大鏡やマイクロスコープを用いて、暗くて狭い根管内を目でしっかりと確認しながら、精密な処置を実施し、再発率の軽減・抜歯の回避に努めております。

MTAセメントで神経を保護

MTAセメント

神経を取り除くと、歯が脆くなるため、将来的な抜歯リスクが高くなります。そのため当院では、神経の周辺まで虫歯が進行したり、歯の切削中に神経が露出したりして炎症が生じた際も、殺菌効果の高いMTAセメントによる覆髄処置によって、できるだけ神経を保存するように努めております。

歯根端切除術にも対応

歯根端切除術

歯根の細菌感染によって、歯根先端部分に膿が溜まる根尖病変は、通常の根管治療では改善が困難なため、必要に応じて歯根端切除という外科処置を実施いたします。歯茎を切開し、細菌に感染した歯根の切除と溜まった膿を摘出することで歯を正常な状態に戻します。

エクストルージョンの実施

エクストルージョン

度重なる虫歯治療によって歯茎より上に歯質が残っていな場合は、かぶせ物を装着しても安定しないため、抜歯となる可能性もあります。そのような場合には、エクストルージョンという矯正処置によって、歯茎の下に埋まっている歯を上に引っ張りあげます。かぶせ物が安定するだけの歯質を歯茎より上に確保することで、土台の歯の抜歯を回避します。

拡大視野下での精密な歯石除去

歯石除去

歯科拡大鏡やマイクロスコープを用いた拡大視野の下、歯面や歯間、歯周ポケット内の状態を目で確認しながら、精密な歯石除去を実施いたします。口腔内を衛生的な状態に保つことで、歯周病の悪化防止、症状の改善を図ります。

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなり、器具が奥まで届かなかったり、ポケット内の状態を視認できなかったり、適切な処置が困難となります。そのような場合には、歯茎を切開して歯周ポケットの内部を露出させ、感染歯肉や歯石を取り除く歯周外科治療を実施し、症状を改善します。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯周病によって歯を支える骨(歯槽骨)や歯茎が失われると、歯がぐらぐらと大きく揺れるようになり、抜歯リスクが高くなるため、歯周組織再生療法をご提案します。エムドゲインゲルという薬剤を塗布して歯茎や歯槽骨の再生を促し、もう一度歯をしっかりと支えられる状態にします。

健康な歯質の保存に努めたなるべく削らない治療

歯の寿命は「健康な歯質の量」に比例します。歯は一度削ると、元に戻ることはありませんので、少しでも歯の寿命を延ばすためには、治療の際にできるだけ健康な歯質を削らないことが重要となります。そのため、下北沢歯科医院・祐天寺歯科では、患者さまの大切な歯を少しでも長く維持していただけるよう、下記の対策によって歯の切削量の軽減に努めております。

う蝕検知液による染め出し

う蝕検知液

う蝕検知液は虫歯感染歯質にのみ着色する薬剤です。虫歯治療の際は、歯面に塗布して虫歯に感染した部分を染め出します。削り残しの防止はもちろん、健康な部分と虫歯に感染した部分を目で確認できるため、必要最小限の切削で治療を終えることができます。

拡大視野下での精密な切削

拡大視野下

健康な歯質を少しでも多く残すため、歯科拡大鏡やマイクロスコープを用いた拡大視野の下で精度の高い切削を心がけております。健康な歯質と虫歯感染歯質の境目を目でしっかりと確認しながら、丁寧に歯を削っていきます。

エキスカベーターによる丁寧な切削

エキスカベーター

虫歯に感染した歯は、軟らかくなるため、最初から最後までドリルで削ってしまうと、健康な歯質まで削り過ぎてしまう可能性があります。そのため当院では、細部の処置や最終的な仕上げの際は、エキスカベーターという手動の切削器具で虫歯部分を丁寧に削っていきます。

適材適所でバーのサイズを交換

バー交換

歯を削るドリルについては、虫歯の大きさや処置の段階に応じてバーのサイズを変更いたします。細部の虫歯や最終段階の切削時には、超極細のバーを使用することで歯の切削量を最小限に抑えることができます。

ダイレクトボンディングの実施

ダイレクトボンディング

虫歯部分を削った後は、可能な限りダイレクトボンディングでの修復を心がけております。ダイレクトボンディングは、歯を削った部分に歯科用の樹脂を直接流し込み、その場で歯の形態を整える修復法で、通常のつめ物に比べて歯の切削量を抑えることができます。さらに、型取りの工程がないため、即日に治療が完了することも特徴です。

定期検診・クリーニングの実施

定期検診・クリーニング

健康な歯質を多く残すための一番の方法は、虫歯や歯周病にならないために予防をすることです。歯やお口を健康な状態で維持することができれば、歯を削ったり、抜いたりすることもありません。当院では予防歯科に力を入れ、定期検診やクリーニングの習慣化に取り組んでいます。

予防歯科・歯周病ページへ>>

下北沢・祐天寺にて極力歯を抜かない・削らない治療は当院へ

抜かない・削らない治療

下北沢歯科医院・祐天寺歯科では、いつまでもご自身の天然歯で食事や会話を楽しんでいただけるよう、歯の切削量の軽減をはじめ、天然歯の保存に力を入れております。全ての症状に対して、必ずしも歯を保存できるわけではありませんが、診査・診断をしっかり行い、適切な抜歯回避処置をご提案いたします。下北沢・祐天寺にて極力歯を抜かない・削らない治療をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る