親知らずの抜歯|下北沢の歯医者|下北沢歯科医院

新型コロナウィルスへの対応について

  • 井の頭線「下北沢」駅4分
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢歯科医院ネット予約

親知らずの抜歯

痛みに配慮した親知らずの抜歯を心がけております

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯については「痛い」「怖い」というイメージを抱いている方が多くいらっしゃると思います。下北沢歯科医院では、事前の検査をきちんと行い、痛みやリスクの軽減を心がけ、少しでも不安なく親知らずを抜歯していただけるよう努めております。また、当院では問題のない親知らずについてはできる限り保存するという方針でおりますので、ご自身の親知らずの状態が気になる方は、ぜひ一度当院にて検査をおすすめいたします。

親知らずの移植による咬み合わせの回復も可能です

親知らずの移植

親知らずがまっすぐ生えて健康な状態であれば、将来的に歯を失った際に下記のような方法によって咬み合わせを回復することも可能です。

上記のような将来的な活用法も考慮し、当院ではできる限り親知らずを保存するよう努めております。

抜歯を検討・おすすめする親知らずの状態について

親知らずはトラブルを起こす可能性が高い歯です。そのため、口腔内環境や周囲の歯に悪影響が及ぶような場合には、抜歯を検討・おすすめすることもあります。以下では、抜歯を検討・おすすめする親知らずの状態についてご紹介いたします。

虫歯・歯周病になっている

虫歯・歯周病

親知らずはお口の一番奥に生えるため、ケアが難しく、虫歯や歯周病になりやすい・治療をしても再発しやすいという特徴があります。そのため、親知らずが虫歯や歯周病になっている場合には、周囲の歯に悪影響が及ぶ前に抜歯をおすすめします。

前の歯を押している

前の歯を押している

親知らずが横向きに生えている場合、前方の歯を押しながら成長することになり、継続的に押された前方の歯は少しずつ移動します。そのような場合には、将来的な歯並びや咬み合わせを乱す要因となるため、できるだけ早めの抜歯を検討いたします。

炎症(智歯周囲炎)を頻繁に起こす

智歯周囲炎

歯茎より上に一部しか出ていない親知らずは、周囲に汚れが蓄積し、その部分に細菌が繁殖して炎症を起こしやすくなります。親知らず周辺に起こる炎症は「智歯周囲炎」といい、悪化すると痛みや腫れだけでなく、発熱や開口障害といった様々な症状を引き起こすため、炎症が頻繁に起こる場合には抜歯をおすすめいたします。

対合歯がない・咬み合わせが悪い

咬み合わせ

対となる親知らずが生えていない場合や咬み合わせが悪い場合には、歯茎や頬を損傷しやすく、また無意識に咬みあわせを調整することによって顎に負担がかかり、顎関節症になりやすくなるため、症状に応じて抜歯を検討・おすすめいたします。

女性にはできるだけ妊娠前に親知らずの抜歯を推奨

妊娠するとホルモンバランスの変化に伴い、それまで何もなかった親知らずが急に痛みだすことがあります。通常であれば、状態を確認して抜歯という流れになりますが、妊娠中は胎児のことも考えなければなりません。場合によっては、レントゲンや麻酔、痛み止めの薬を控える必要があり、すぐに抜歯が行えない可能性があります。

そのようなことも考慮し、女性で将来的に問題が起こりそうな親知らずがある場合には、できるだけ妊娠前の抜歯を推奨しております。

半分以上埋まっている親知らずを切開なしに抜歯した症例

親知らず抜歯前

治療前

親知らず抜歯後

治療後

半分以上埋まっている親知らずの抜歯です。切開をほぼする事なく、歯の分割のみで抜歯しました。切開をなしにする事により術後の腫れ、痛みを大幅に抑える事ができます。また、抜いた後は治りが早くなる薬をいれ、縫合し閉鎖創にする事による感染のリスクを低減させました。

年齢・性別 20代前半 女性
治療期間 1日
治療回数 1回
治療費(税込) 保険治療
想定されるリスク ・ドライソケット、細菌感染などを起こす可能性があります。
・抜歯後は一時的に患部の痛みや腫れを伴います。

親知らずの抜歯に伴うリスク・注意点(※一例)

親知らずの抜歯に伴う痛み・リスクを軽減するための対策

CTを駆使した精密検査

CT

歯根が肥大や湾曲していたり、歯茎に埋まっていたり、難抜歯となる親知らずについては、事前にCTを駆使した精密検査を実施いたします。親知らずやその周辺の血管、神経の状態、位置をきちんと把握し、抜歯に伴うリスクやトラブルを軽減します。

痛みに配慮した麻酔注射

痛みに配慮した麻酔注射

抜歯の際は事前に局所麻酔を行いますので、痛みを感じることはほとんどありません。さらに当院では、表面麻酔の実施や極細針の使用により、麻酔注射の痛みにも配慮しておりますので、全体を通して痛みを抑えた処置が可能となっております。

痛みを抑えた歯科治療ページ>>

侵襲を抑えるスムーズな抜歯

侵襲を抑えるスムーズな抜歯

親知らず抜歯後の痛みや患部の腫れは、抜歯の際に要した時間に比例すると言われています。そのため当院では、事前の診断や検査で得た情報を基にシミュレーションを行い、少しでもスムーズに抜歯が完了するよう努めております。

ドライソケット・細菌感染対策

ドライソケット・細菌感染対策

抜歯した部分の穴にかさぶた(血餅)ができなかったり、うがいによってせっかくできたかさぶたが剥がれたりすると、傷口がむき出しになるため、強い痛みを伴うドライソケットや細菌感染を引き起こす可能性があります。そのため当院では、抗生物質の処方や必要に応じて抜歯した部分の穴に予めコラーゲンを充填するという処置によって、抜歯後のトラブル防止に努めております。

親知らずについてよくある質問

こちらのQ&Aでは、下北沢歯科医院のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

Q親知らずについて教えて下さい

親知らずについて

親知らずは、大臼歯と呼ばれるいわゆる歯の中で最も後ろに生える歯の事です。 通常の永久歯は、15歳前後を境に生え揃います。

一方、親知らずは永久歯が生え揃った後に生え始め、個人差はありますが16~20代前半で生え揃います。 こうした、親が知らないところで生えてくるを語源としたものが親知らずと呼ばれる由来なのですが、親知らずは全ての人が生えるわけではありません。

親知らずは、炎症を引き起こす原因となったり、生え揃うまでに痛みを伴う可能性があります。 今回はそんな親知らずについての説明と、痛みが生じた場合の対策方法について説明をしたいと思います。

親知らずが抱えるリスクについて

先程、親知らずは炎症を引き起こす可能性があると述べましたが、それには親知らずの生え方が関係してきます。

親知らずが完全に生え切らず歯肉に部分的に被さることで、歯ブラシが届かなくなり、結果的に歯肉が不衛生になってしまう場合があります。 これは智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼ばれ、炎症が周囲の組織や骨に広がると顔が腫れたり、口を開く動作に支障をきたす様になります。

薬による治療が困難な場合には抜歯も考えられる為、少しでも気になった場合は直ぐに歯科医に相談することをお勧めします。

また、正常な親知らずは上に真っ直ぐもしくは下に真っ直ぐ生えるのですが、人によっては真横に生えたり、逆さまに生えたりする場合があります。 このような正常に生えなかった場合、隣の歯との間に食べカス等の汚れが溜まりやすく、虫歯が発生しやすくなります。

虫歯が進行した場合、問題のある親知らずだけでなく、隣の歯も抜歯する必要もあります。 ですので、オススメとしては、歯医者に定期的に通院し、自分の親知らずの状態を把握する事が重要です。

親知らずの治療について

親知らずが持つ病気のリスクを先程述べましたが、その代表的な対策方法としては抜歯があります。 全ての親知らずに対して抜歯をする必要はなく、以下の条件に当てはまる場合、抜歯をオススメします。

  • 親知らず自体に虫歯がある
  • 真横や逆向き等正常に生えてない

また上記の条件に当てはまり、左右の抜歯の処置を行う想定の場合、なるべく1本ずつ行ったほうが良いでしょう。

たまに、同じ日に治療できないかとお問い合わせをいただく場合もあります。 しかし、奥歯付近の治療というのは咀嚼時にいつもとは違う違和感を生じることになる為、それを両方同時に行うと食事が摂り辛くなってしまいます。

その様な観点から、治療は左右1回1本をお勧めしております。 時間はかかりますが、患者様の生活面でのリスクを最小限に避ける為だとご理解いただけると幸いです。

親知らずの埋まり方、現在服用されているお薬、ご本人の体調面によって術後腫れたり、傷の回復が遅い場合もあります。 経過を適時観察し、治療にあたっていく必要があります。

また、ほぼ正常な生え方をしており、現在健康で左右どちらかの上下を2本同時に抜く場合は上記の限りではありません。 左右同時に処置を行うのがリスクが高いのです。 主治医とよく相談の上体調を考慮し、適切に処置を行うのが安全と言えるでしょう。

Q親知らずって絶対抜かなければいけないの?

親知らずを抜いておたふくのように頬が腫れた人を見たら、親知らず抜きたくないな…なんて思いますよね。 そんな方に朗報です!親知らずが生えてきたからと言って必ずしも抜く必要はないのです。

そもそも親知らずってどうしてみんな抜いているのか疑問ですよね。 今回はそんな親知らずについて見ていきましょう。

親知らずとは?

親知らずとはその名の通り、『親に知られることなく生えてくる歯』だからです。 親知らずは親知らずという名がついておりますが、他の歯と同じ立派な永久歯に変わりはないのです。

では、なぜ他の歯と同じ立派な永久歯なのに抜かなければいけないのか。 それは他の歯のように真っすぐに生えてくる事が少ないことが挙げられます。 大抵の親知らずは斜めや横に生えてくるので、磨き残しが生じ、虫歯や歯ぐきに炎症が起こりやすくなります。

また親知らずだけでなく、その隣の健康な歯まで悪影響を及ぼしてしまうので抜いた方がいいとされているのです。

抜かなくていい場合はどんな時?

ただ冒頭でも述べたように親知らずだからと言って必ずしも抜く必要はないのです。 それは真っすぐに生えてきて、磨きやすく、噛み合わせも問題ない場合と、骨に埋まっている状態で周りに悪影響を与えることがないような場合です。

そんな時は無理に抜く必要はありません。 それに将来、歯が必要になったときに親知らずを移植することも可能なので、そのままにしている方がいいこともあるのです。

ご自身の親知らずに関しての心配、埋没具合その他経過観察についてのご相談は、ぜひ一度当院のドクターにお尋ねください。

下北沢にて痛みに配慮した親知らずの抜歯をご希望の方へ

痛みに配慮した親知らずの抜歯

下北沢歯科医院では、できるだけ痛みを抑えた親知らずの抜歯を心がけております。さらに、事前の精密検査や抜歯後のケアにも力を入れ、リスクや抜歯後のトラブル防止に努めております。下北沢にて痛みに配慮した親知らずの抜歯をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る