インプラント症例⑪|医療法人社団ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

インプラント症例⑪

保存不可能な歯を抜歯してインプラントで治療した症例

初診時のレントゲン画像

前歯が何もしなくても痛いと言う主訴で来院された患者さまです。検査をした結果、他院にて神経を取る治療を行った際に器具が破折し、歯の先端より外に飛び出てしまっていたので、治療方針を説明。当該歯を抜歯し、インプラントを希望されました。

インプラント治療の実施

前歯の場合、治療後の歯茎のラインなど審美的に綺麗に行う事も考えて施術を行わないといけません。歯を抜きインプラントを埋入、骨を増やす処置までを1回のオペで行いました。

インプラント治療の実施

2週間後に糸を取り、4ヵ月置いてしっかりと骨とくっついている事を確認し、上部に歯を作っていきました。

インプラント治療完了後の口腔内写真

インプラント治療完了後の口腔内写真

歯茎のラインも下がる事なく色合いも自然に完了する事ができ、とても満足をして頂く事ができました。

年齢・性別 30代 男性
治療期間 4ヵ月
治療回数 6回
治療費(税込) CT検査 0円
インプラント治療 (上部ジルコニア含め)
451,000円 骨造成 88,000円
想定されるリスク ・経年的に歯茎が下がる事があります
・定期的にメンテナンスを行わず清掃不良の場合、インプラント周囲炎になり脱離する事があります
・骨としっかり結合せず、再オペが必要になる事があります
・糖尿病など、全身状態によっては治療が難しくなります
・骨の量によっては行う事が出来ない可能性があります

インプラントページ>>

トップへ戻る