歯科医院で実施する歯のクリーニングのメリット・デメリットとは?|下北沢の歯医者|下北沢歯科医院

新型コロナウィルスへの対応について

  • 井の頭線「下北沢」駅4分
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢歯科医院ネット予約

歯科医院で実施する歯のクリーニングのメリット・デメリットとは?

投稿日:2023年12月5日

カテゴリ:下北沢歯科医院スタッフブログ

歯科医院で実施する歯のクリーニングのメリット・デメリット

歯科医院で実施する歯のクリーニングのメリット・デメリット

下北沢駅すぐの歯医者「下北沢歯科医院」の歯科衛生士です。

お口の中には歯磨きでは取り除けない汚れ(歯石・バイオフィルムなど)もあるため、毎日きちんと歯磨きを行っていても、細部の汚れが蓄積して不衛生になってしまいます。そのため、虫歯や歯周病の予防や進行を防止するためには日々の歯磨きはもちろんですが、歯科医院で定期的にクリーニングを受けることが大切です。

今回のブログでは、歯科医院で実施する歯のクリーニングのメリットやデメリットについてお話したいと思います。

歯科医院で実施する歯のクリーニングのメリット

歯石を除去できる

歯石は歯垢が唾液の再石灰化によって石のように硬くなった状態で、歯磨きでは取り除くことが困難です。歯石がお口の中に蓄積すると、その部分にさらに汚れが付着したり、細菌が繁殖したりするため、虫歯や歯周病リスクが高くなります。定期的に歯のクリーニングを受け、歯石を取り除くことによってお口の中を清潔に保つことができます。

バイオフィルム(細菌膜)を取り除ける

歯の表面や歯間、歯と歯茎の間などに歯垢が溜まって長時間経過すると、細菌が膜のようになり、歯磨きでは取り除けなくなります。バイオフィルムは細菌の塊ですので、そのままの状態で放置してしまうと、虫歯や歯周病、口臭などのリスクが高くなります。歯科医院でのクリーニングでは、バイオフィルムを取り除くことができるため、口腔内を衛生的に保ち、様々な歯科疾患のリスクを軽減することができます。

歯の着色汚れを除去できる

歯科医院でクリーニングを行うことによって、日々の食事で付着したスタインや茶しぶ、煙草のヤニなどの着色汚れや黄ばみ取り除くことができます。ホワイトニングのように歯を真っ白くすることはできませんが、歯の表面の着色を取り除くことによって、歯の見た目や色が綺麗になります。

虫歯・歯周病・口腔内のトラブルリスクを軽減できる

歯面や歯間、歯と歯茎の境目に付着した汚れを隅々まで取り除くことができるため、お口の中の細菌の数も減らすことができます。お口の中の細菌の数を減らすことにより、虫歯や歯周病などの歯科疾患やトラブルのリスクを軽減できます。

口臭を抑制できる

歯と歯の間に食べかすが残っていたり、お口の中の細菌が多くなると、口臭がきつくなってしまいます。歯科医院で歯のクリーニングを受け、お口の中を清潔にすることによって口臭を抑制することができます。

歯科医院で歯のクリーニングを受けることのデメリット

歯科医院で受ける歯のクリーニングについては、特にデメリットはありません。注意点としては、歯のクリーニング後すぐは着色しやすくなっているため、できるだけ色の濃い食べものや飲み物は控えるようにしましょう。

予防歯科診療・クリーニングページ>>

トップへ戻る