インプラントを行うメリットとは?|医)ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

インプラントを行うメリットとは?

投稿日:2022年4月18日

カテゴリ:下北沢歯科医院 祐天寺歯科

インプラントを行うメリットとは?


インプラントとは、自分の歯(歯根)を残す事ができない状態になり、歯を抜くという選択肢、
もしくは、現在歯(歯根)がない場所に行う治療です。
このインプラント治療という選択肢のメリットを紹介していきたいと思います。

「インプラント治療のメリット」

・周りの歯を削る事なく治療を完了する事ができる。

インプラント以外の治療(ブリッジ、入れ歯)では、技工物を作る際、両サイドの歯を少量〜多量削る必要が出てきます。
健康な歯を削るという事は、今後その歯の虫歯のリスクを高める事になります。
インプラント治療では、歯のないところにのみアプローチをする事で治療を完了させる事ができる為、現存の歯を削る事なく、そのままの状態で保存していく事ができます。

・違和感がなく、自分の歯と同じように食事をする事ができる。

入れ歯など、異物を口腔内に入れ使用すると、食べ物が挟まる、食事中にズレる、など問題が出てくる事があり、しっかりと噛んで食事をする事ができないという事もあります。
インプラントは、歯のない所に人工の歯根をいれ、丸々1本歯を作るので、自然な歯と同じ感覚で使用して頂く事ができます。

・他の歯の負担を減らしてやる事ができる

ブリッジや入れ歯は、健常な状態より、結果的に歯の本数が減ってしまう為、残存する歯への負担が増えてしまいます。
インプラントは、人工の、歯根より歯を作る事により、歯の本数を健常に戻す事が出来る為、他の歯にかかってくる負担も、通常通りにする事がでるので、
周囲の歯に優しいです。
特に奥歯など、噛む時に大きな力が加わる歯が無くなってしまった場合、手前の小さな歯により大きな力が加わる事になるので、歯の寿命が短くなってしまう事もあります。

・顎の骨が無くなるのを防ぐ事ができる

歯を抜いたまま放っておくと、歯を支えていた顎の骨が吸収され、痩せていってしまいます。
インプラントにより人工の歯根を埋めると、噛む時に刺激が顎の骨に伝わり、骨が吸収されるのを防ぐ事ができます。

・取り外しの手間が必要ない

入れ歯の場合、食事の後の歯磨きの時や、寝る時など、取り外しをしなければならないタイミングがあるのに対し、インプラントの場合、自身の歯と同じと考え、特に取り外しをする事なく、メンテナスをする事ができます。

・見た目が綺麗

ブリッジや入れ歯の場合、笑った時に金属が見えたり、金具が見えたりと、審美性が優れないのに対し、インプラントの場合、上部の歯もジルコニアと綺麗な物を使うので、自分の歯と違和感がほぼ無い状態に仕上がるので、笑顔を綺麗なまま保つ事ができます。

・生体親和性が良い

インプラント体は人工関節に用いられる物と同じ、「チタン」という金属でできているので、身体との相性がよく、しっかりと骨と結合(オッセオインテグレーション)し、半永久的に使用する事ができます。(インプラント周囲炎など、疾患になる場合を除いて)

・医療費控除の対象となる

医療費控除とは、
その年の1月1日からの医療費の合計が1年間に10万円以上かかった場合、
または総所得金額が200万円未満で医療費の合計が総所得金額の5%を超えている場合、
に確定申告にて医療費控除の手続きを行なうと、最高200万円の控除がされるというシステムです。
インプラントの場合、金額が高額になるので、単体で控除請求が可能になります。

まとめ

インプラント治療には、費用が高額などのデメリットもありますが、
他の治療と比べ、それを補う審美的、機能的な様々なメリットがあります。

ただなわデンタルクリニックでは、「CT撮影〜診断、カウンセリング」まで全て無料で行っております。
費用面でお悩みの方、ご興味のある方、まずはご相談ください。

トップへ戻る