前歯にインプラントを行う際のデメリット|医)ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

前歯にインプラントを行う際のデメリット

投稿日:2022年4月19日

カテゴリ:下北沢歯科医院 祐天寺歯科

前歯にインプラントを行う際のデメリット

虫歯や歯周病など、お口の中のトラブルや事故により、前歯を抜かなければいけなくなる場合、

インプラント治療という選択肢を提示される事も多いと思います。

今回は、そんな前歯にインプラント治療を行う際に気をつけておきたい事、デメリットを

説明していきます。

 

 費用が高い

前歯にインプラントを行う場合、奥歯より骨が薄く、また審美的な回復を行う必要がある為

骨を増やしたり、仮の歯の作成等、付属で費用が発生する事が多くなり易いです。

 

ドクターの腕に仕上がりが左右される

前歯、特に上顎の前歯は、審美的に大切な場所ですが、他の部位に比べ歯を支えている骨の量や

厚みが少ない為、非常に難易度が高くなります。

経験が浅い先生ですと、骨が吸収され、歯茎が術後に下がってしまったり

埋入位置によりその時は大丈夫でも、術後1〜2年で歯茎が下がってしまう事もあります。


その場合、インプラントと人工歯の結合部分が外から見えてきてしまう事もあるので

審美感が損なわれてしまいます。

解決すための選択肢としては一度埋入したインプラントを除去し、

再手術という選択肢しかなくなってしまいます。

 

定期メンテナンスが必須

インプラントは一度行ったら、ケアをせずに放っておいても大丈夫!というものではありません。

定期的なメンテナンスを行わずに汚れが溜まってしまうと、菌が歯茎の中に入り、

歯周病によって骨が吸収されて、インプラント周囲炎になり、上記のように歯茎が下がって

しまったり、感染を起こしてインプラント自体がダメになり、脱落してしまう事もあります。

病院によっては、この定期メンテナンスの費用が高額な医院もあります。

 

総額が分かりづらい事が多い

これはインプラント治療全般において言う事ができるのですが、

ホームページの治療費の覧を見ても、色々と種類があり、骨を増やしたりしなくても大丈夫な場合

においても、費用感がわからないという事が多々あります。

 

まとめ

インプラント治療というものは非常に良い治療法ではありますが、

施術する先生の技術により結果が大きく変わってきます。

当法人では、CT撮影、価格までを含めたカウンセリングを無料で行い、
奥歯はもちろんの事、前歯の仕上がりにまでこだわった施術を行なっています。

他院で行ったインプラントのリカバリーも行っていますので、
インプラント治療においての心配事などがありましたら、是非、当院にご相談ください。

トップへ戻る