赤ちゃんの為の虫歯予防対策は何がありますか?|医療法人社団ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

赤ちゃんの為の虫歯予防対策は何がありますか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢歯科医院・ただなわデンタルクリニック祐天寺歯科のスタッフがが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

赤ちゃんの虫歯について

虫歯は健康的で綺麗な歯を脅かす存在です。 そんな虫歯の原因であるミュータンス菌は、大人の約9割が保持していると言われる一方で、赤ちゃんの口の中には存在しないと言われています。

では何故ミュータンス菌を持たない赤ちゃんが、成長して虫歯が発生するかと言うと、ミュータンス菌を持つ大人からうつると言われています。

今回の記事では、赤ちゃんに対する周りの家族が出来る虫歯予防について解説したいと思います。

虫歯予防って何があるの?

先ほど述べたように、赤ちゃんは大人からミュータンス菌がうつされて、虫歯になると述べました。 一般的に考えられるケースとしては、

が挙げられます。 なので家族が出来る事と言えば、周りの人たち自身の口内をキレイに保つことです。 特に赤ちゃんの母親が虫歯を持っている場合、持ってない場合よりも3倍虫歯にかかりやすいと言う統計もあります。

具体的には、食後の歯磨きを習慣化させ、ダラダラ食べをしないようにすることです。 また、赤ちゃんが使う食器やタオル等を清潔に保つ事も虫歯予防になります。 規則正しい生活を意識してみましょう。

この点については、かかりつけの歯医者さんに定期的に口内チェック、自分に合った歯の磨き方を教えてもらうと良いでしょう。

トップへ戻る