セラミックブリッジ治療とは?|医療法人社団ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

セラミックブリッジ治療とは?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

セラミックブリッジとは

セラミックと名の付く治療に関するご質問も増えておりますので、今回はセラミックブリッジの基本的な質問にお答えします。 他の治療法として、 セラミックインレー、オールセラミッククラウンについて以前こちらでご紹介をしていますので、是非こちらの記事もご覧になって下さい。

今回紹介するセラミックブリッジと言う治療とは、1~3本程度の部分的な治療をセラミックで行い、本来の歯とそん色なく扱えるようにする治療の事です。 欠損を補ったり、形や色を整えることで実際に歯が見えた際の印象を美しく保ち生活することが可能です。 ブリッジは失った歯を、周りの歯を土台として補う手法で、橋を架けるように治療することからこの名前が付いています。

メインテナンスは?

基本的には歯科側で装着を行いますので、いわゆる入れ歯の感覚とは違います。 入れ歯の様に取り外しをして洗浄する物ではなく、ご自身の歯をセラミックによって再建したとお考えいただく方がイメージが湧きやすいかと思います。

通常の歯と同じく歯磨きを行い、基本的には意識することはございません。 また、着色もしづらく、綺麗に保ちやすいという特徴もあります

トップへ戻る