インビザライン治療終了後の歯の後戻りリテーナーについて|医療法人社団ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

インビザライン治療終了後の歯の後戻りリテーナーについて

一般的な歯列矯正と同様にインビザライン装置が外れたら終わりではなくリテーナー(保定装置)で歯や噛み合わせを維持させる期間があります。

この期間を「保定期間」と呼び、実はこの保定期間がとても大切です。 この期間の過ごし方によってきれいな歯並びを長く保てるかが決まります。

今回はリテーナーとはなんなのか、後戻りや装着期間について説明します。

リテーナー(保定装置)とは

矯正装置で動かした歯を安定させる大切な装置です。 矯正装置を取り外した直後の歯は、周囲の骨が安定していないので動きやすく、治療前の元の位置に戻ろうとします。 これを「後戻り」と呼びます。

リテーナーは治療後の後戻りを防ぐ装置として、歯や周囲の組織を正しい位置に維持させることを目的としてます。 つまりリテーナーは矯正で整った歯並びや噛み合わせをキープし、治療の仕上げを担う大切な装置。 この保定期間を経てやっと「矯正が終了した」といえるのです。

そもそもなぜ後戻りは起こるのか

矯正装置によって一定の力を掛け続けると、歯の周りの骨(歯槽骨)が溶けはじめます。 その溶けてできた隙間に新しい骨ができることで歯が動いていきます。 そのため歯列矯正が終了した後もしばらくは、歯の周りの骨がしっかり詰まっておらず不安定な状態です。

歯と歯茎を結んでいる繊維は変化しにくく、矯正前の歯の位置を記憶しています。 なので治療によって歯の位置が変わっても周囲の組織は以前の記憶を残したままなのです。

そのため歯列矯正で歯並びがきれいに並んでも、治療前の歯並びに戻ろうとする力が働きやすく後戻りが起きやすいのです。 周囲の組織に矯正後の歯の位置を記憶させるため「リテーナー」を使用します。 リテーナーを使用し矯正後の歯をガードして正しい位置に歯をとどめておく必要があります。

リテーナーの装着期間はどれくらいなのか

歯列矯正が無事に終了し、リテーナーを使い始めたばかりの頃は食事の時と歯みがきを除く24時間の装着がより良いとされています。

半年~1年が経過した頃から「夜だけ」「寝るときだけ」「週2~3日だけ」というように徐々に装着時間を短くしていきましょう。

1週間のうち数時間程度の使用となるように装着時間を減らしていきます。 最終的にリテーナー装着期間が終了し、歯列矯正が完了となるのです。

後戻りのしやすさは歯並びや口周囲の筋肉・舌癖・生活習慣の影響を受けやすく個人差があります。 なのでリテーナー装着期間は個人差でバラツキが出ます。

リテーナーについてのまとめ

インビザライン治療で歯並びがきれいになった後、リテーナーがどれだけ大切かを説明しました。 治療後にリテーナーを暫く着けていくのは、少々面倒に感じる方も居ると思います。

ですが、せっかくきれいな歯並に治療したのに後戻りしてしまうとインビザライン矯正をした意味が無くなってしまう可能性があるのです。 医師の指示のもとリテーナーもがんばっていきましょう。

トップへ戻る