インビザライン治療の進め方について教えて下さい|医療法人社団ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

インビザライン治療の進め方について教えて下さい

治療の始め方について徹底解説

インビザラインをいざ始めたいと思った方の中にまず何から始めれば良いのか、実際どういった流れで治療が始まり進んでいくのかと、疑問に思う方も居るのではないでしょうか?

そんな方に流れを説明します。

カウンセリング予約の電話・カウンセリング

当院に関しては、インビザライン治療で患者様にご好評頂いており、1ヶ月〜2ヶ月程、初回カウンセリングの予約が埋まっている場合も多いです。

なのでまずは当院にお気軽にお電話してください、患者様のご都合に添えるように当院も対応させて頂きたいと思っています。

カウンセリング当日、歯科医師が患者様の歯並びを確認させていただきます。 カウンセリング時間は30分程で丁寧に患者様の要望を聞きながら医師と相談していきます。

この段階で、治療期間や費用の目安をご説明します。

精密検査・歯型取り(3Dスキャナーを使用)

次に、患者様の歯型、口腔内写真、レントゲンによって口内を検査します。 iTero(3D光学スキャナー)を使って患者様の口内撮影し、歯の形状や歯列の状態をデータとして取得します。

そして一人一人の患者様に合わせたインビザラインの治療計画を立案します。 従来のシリコン製の印象材を使った歯型取りと違い撮影時間もかからず、嘔吐反射の強い方もストレスなく歯型取りを行なえる所もポイントです。

クリンチェックによるシミュレーション

クリンチェックと呼ばれる専用のソフトウェア上のモニターで歯の移動のシミュレーションを行い、治療計画を立てます。

お客様も一緒モニターでどう自分の歯並びが並んでいくのか観ることが出来るので、安心してシミュレーションができます。 どのように歯を動かし、どのくらいの期間で矯正治療を行うかは患者様によって異なります。

マウスピース型装置(インビザライン)の発注

治療計画の作成が終わると、様々な形のマウスピース型装置を米国の工場に発注します。(約30枚~60枚程度) 米国の工場でマウスピース型装置が作られます。

治療スタート

マウスピースが届き次第、患者様にご来院いただきマウスピースの取り扱い説明行い、お渡しします。 マウスピースの交換は患者様ご自身で最初の枚数は10日~14日目安に、ある程度の枚数からは担当医の指示で7日おきを目安に交換してください。

治療期間中約2ヶ月に1回程度の通院が必要です。 担当医が患者様の矯正が滞りなく進んでいるかをチェックいたします。 以上がインビザライン治療の流れになります。

従来の歯型を取るような苦しさも少なく、医師と患者様2人でモニターを見ながら患者様一人ひとりに合った治療計画が立てていきやすいですし、マウスピースが届いてからも医師がしっかり取り扱い方法を説明させて頂きます、その後の来院チェックでもアフターフォローをしっかりさせて頂きます。 安心してカウンセリングにお越しください。

トップへ戻る