【質問】インビザライン矯正でどんな歯並びまで治せますか?
2021/01/04

インビザラインで歯の矯正を検討している方へ。

ご自身の歯並びを見て矯正出来るのか? など疑問に思う方も居るのではないでしょうか。

そんな方へどんな歯並びが治療可能なのか簡単に説明します。

インビザラインで治せる歯並び

乱ぐい歯

日本人に一番多いタイプの歯列不正です。

アゴが歯に比べて小さいもしくは歯がアゴに比べて大きいと歯とアゴのサイズがアンバランスになり、ガタガタな歯並びになってしまいますので治療をオススメします。

出っ歯

横から見たときに、上の前歯が下の前歯に比べて、極端に前に出ている状態をいいます。

外見上とても目立ってしまうのでお悩みになる方が多いと思います。

矯正によって『出っ歯』を治療すると口元がスッキリし顔全体の印象がガラッと変わると自信を持てる方が多いです。

八重歯

八重歯とは、上顎の前から3番目に生える犬歯が、両隣の歯よりも外側に飛び出した位置に生えている状態をいいます。

犬歯は尖った形をしています、歯並びの外側に飛び出しているためその尖りが強調され、他の歯が出ている場合よりも目立ってしまうのです。

八重歯は日本ではチャームポイントと思う方も居ますが、歯磨きなどがしにくいので虫歯になりやすい方も多く歯にはけして良くない歯並びなのです。

受け口治療(しゃくれ)

まず受け口・しゃくれとは噛み合わせが通常とは逆の向きになっていることであり見た目でいうと下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。

外見的に人と異なる見た目で心理的なダメージを受ける方も多いです。

咀嚼機能の低下など噛み合わせが悪いので噛む時に無理な力が入り顎に負担がかかってしまいます。

すきっ歯

生まれつきアゴの骨のサイズが大きいか歯のサイズ 小さい場合、歯と歯の間にすき間が空いた状態になり見た目には「すきっ歯」となります。

すきっ歯はすき間に食べカスなどが溜まり虫歯や歯周病を招くこともあります、また歯に過剰な力が加わったり発音に悪影響を及ぼします。

前歯が咬めない(かめない)

口を閉じた時に奥歯のみが接触して前歯がかみ合わない状態を「開口」と呼びます。

遺伝や子供の頃の指しゃぶりが原因と言われています食事のたびに奥歯だけに大きな力がかかる為、痛みを伴ったりするので矯正治療をオススメします。

インビザラインで出来る治療のまとめ

インビザライン治療は様々な歯並びを治せる可能性のある治療です、歯並びが悪いことで生活に支障をきたす所までその影響が及ぶ人も少なくありません。

そして内面も変わる物だと思っています。

当院はそのような歯並びのコンプレックスによって 自分に自信を持てない方などにも矯正治療を行い「人と話すことが楽しくなった」や「よく笑えるようになった」という喜びの声をたくさん頂戴しています。

このような方々をこれからも増やし続けたいと思っているので是非気軽にカウンセリングにお越しください。

前のページに戻る