「歯の神経を抜く」とは、どういう治療なのでしょうか?|医)ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

「歯の神経を抜く」とは、どういう治療なのでしょうか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯の治療について

歯科医院で「歯の神経を抜きましょう」と言われて、十分に説明されず納得できないまま同意してしまい、治療を受けたことはありませんか?

そのような経験が無いとしても、「歯の神経を抜く」という治療は、聞き馴染みのある言葉だと思います。

今回はそんな、聞いたことはあるけど、具体的にどのような治療で、どのような目的でやるのかがイマイチ分からない「歯の神経を抜く」という治療について解説したいと思います。 是非この記事を読んで、自分の歯の治療にご活用ください。

歯の神経について

先ほど出てきた、「歯の神経を抜く」とは、具体的にいうと歯髄(しずい:dental pulq)という組織を指します。 歯は外側から内側にかけて、表面のエナメル質、象牙質、そして今回解説したい歯髄から構成しています。

この歯髄というのは、血管や神経が通っています。 ですので歯髄とは、痛み等の刺激を伝えたり、水分や栄養を送る役割を担っています。

歯の神経を抜くと?

虫歯に感染してしまうと炎症を起こしてしまうので、重度な場合治療として、歯を抜かなければなりません。

しかし、大抵の場合歯を抜く必要は無く、代わりに歯を削る必要があります。 このように歯を削った場合、歯髄に通っている神経がむき出しの状態になるので、そこも一緒に取り除かなければなりません。

これを一般的に、「神経を抜く」と言います。 この治療を行なった場合、次のような症状が起きることが予想されます。 神経を抜いてしまうと、再度虫歯が発症しても、今ままでのような痛みがないため、発見が遅くなる傾向があります。

また神経がなくなると、そこに通っている血管も取り除かれる為、歯に栄養がうまくいきづらくなります。 なので、歯が弱く脆くなりがちであり、徐々に歯の黒ずみが進行していきます。

ひどい虫歯や感染症を起こしている場合には歯髄を取る以外方法はないので、虫歯や歯茎に少しでも違和感を感じた際は、早期発見を心がけ歯科医に相談しましょう。

また、一度でも歯の神経を抜いた経験がある方は、自分で虫歯に気付きにくかったり、虫歯になりやすかったり、歯が以前よりも弱くなる傾向にあるので、定期的な歯科検診を心がけましょう。

トップへ戻る