歯周病とはどんな病気ですか?|医療法人社団ただなわデンタルクリニック(下北沢歯科・祐天寺歯科)

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

歯周病とはどんな病気ですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯周病について

今回は、歯周病について話をしたいと思います。 歯周病は、虫歯と並ぶ代表的な歯の病気です。

この歯周病という病気は、聞いた事のある病気であるものの、どういった病気であるという事を知らない方は多いと思います。歯周病の特徴と、未然に防ぐ為の方法について解説をしたいと思います。

歯周病の特徴について

歯周病とは、歯垢の椎体のバクテリアによって、歯ぐきに炎症が起ってしまい、歯を支えている骨が溶かされていき、重症化すると歯を失う原因となってしまう病気です。

これは、毎日の歯磨きが忘れがちになったり、歯のブラッシング(起床後・就寝前・食後)をきちんと行わないと、歯垢(プラーク)が付着し歯肉炎(歯肉が赤く腫れ血が出やすくなる症状)が発生する事に起因します。

適切なブラッシングをせずに放置し、歯肉の炎症・感染が他の歯周組織に及んだ状態を歯周病といいます。 歯垢が溜まり、歯と歯茎の間に隙間が出来ることが歯周病の始まりであり、さらに歯周病が進行すると、歯を支える骨や歯茎まで影響が及ぼされます。

重度の歯周病の状態では、歯がグラグラし、最終的には歯が抜けてしまいます。 歯周病による喪失歯の増加が原因で、呼吸・発音・咀嚼・嚥下にも悪い影響を及ぼしたり、さまざまな全身の病気につながる危険があることが知られています。

歯周病の対策について

歯周病は絶対にかかってしまう病気ではありません。 そもそも歯周病の原因は、先程述べた通り歯と歯肉の溝に細菌が溜まり、細菌の感染によって引き起こる病気です。

日頃から行き届いたケア(丁寧な歯磨き)を行い、定期的な歯科検診を行うことで、歯周病は防ぐことができます。 しかし、歯周病にかかっていても、なかなか気づかない方が多いくらい、自覚症状の少ない病気なんです。

歯周病を放っておくと、知らぬ間に大切な自分の歯が抜けてしまい、大変後悔することでしょう。 しかし、歯周病は予防することによって、防ぐことができ、仮に歯周病にかかったとしても、早期発見の場合は治療もできる病気です。

最近、歯茎が腫れている、歯茎から出血がある、歯茎に痛みがある、口臭が気になる、歯と歯の間に隙間ができた、歯茎が痩せ、歯が長く感じる。 これらに少しでも心当たりがあれば、歯周病の恐れがありますので、放っておかないで、歯科医に相談するのが良いでしょう。

トップへ戻る