歯周病と歯槽膿漏の違いはなんですか?|医)ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

歯周病と歯槽膿漏の違いはなんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

歯槽膿漏(しそうのうろう)とは、歯を支えている歯槽骨から膿が漏れ出ているという状態を指す言葉です。 通常、歯周病が進行し重症化した状態を指します。

以前は寛容的に歯槽膿漏と呼んでいましたが、現在では歯周病という言い方で統一されており、補助的に使われることの多い単語となりました。 歯槽膿漏になると歯茎が細くなり、下がります。

露出が増えた歯は長さが増している様に見える様になり、歯と歯茎の間に膿が溜まっていく為、口内がベトつくようになります。

この時、膿が溜まっている為、当然口臭もキツくなります。 口内の更なる衛生の懸念、臭い、出血といった、多くの疾患や要素を抱える様になる為、歯周病(歯槽膿漏)をケアすることはとても重要なのです。

トップへ戻る