舌苔ってなんですか?|医療法人社団ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

舌苔ってなんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢歯科医院・ただなわデンタルクリニック祐天寺歯科のスタッフがが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

舌苔について

今回の記事では、舌苔についての話をしたいと思います。 舌苔とは、舌に付着している白い塊の事です。 この舌苔は口臭の原因となるため、放置せずに定期的な除去をする事が望ましいです。

舌苔が発生しやすい箇所や、自宅でも簡単に舌苔を除去できるおすすめの方法を解説したいと思います。

舌苔が発生しやすい箇所は?

先程説明した通り、舌苔は舌についている白く見える塊のことです。 この白い塊とは主に細菌や食べかす、本人の粘膜片から構成されています。

舌の表面には舌乳頭という突起がたくさんあり、凹凸の形状となっているので、これらの白い塊が付着する事で舌苔となります。 歯の表面に溜まる歯垢と同じように、舌苔は細菌から構成されているので、口臭の原因となります。 舌苔のつき方、残り方は人によって様々です。

また、舌の一部や舌全体、手前や奥というように本人の生活様式に伴ってつき方が変わっていきますので、その時々に応じてよく観察しましょう。

除去する方法ってあるの?

口臭の原因や見栄え的にもよろしくない舌苔は、自宅でも簡単に除去する事が可能です。 この舌苔の除去は、大体1日1回が目安です。 舌の粘膜はデリケートですので、やりすぎは禁物です。そのたため、実施する時間は舌苔の付着量が多くなる朝が良いでしょう。

舌の掃除に使うブラシは、普段使っている歯ブラシでいいでしょう。 前述の通り舌はデリケートにできているため、やわらかいブラシを推奨しています。 また専用の舌ブラシも市販されており、気になる方はチェックしてみるのも良いでしょう。

舌苔がついている部分を、鏡を見ながらチェックし、丁寧に行いましょう。 歯ブラシを舌の奥から手前に動かします。 奥から雑菌を掻き出していくイメージで丁寧に行いましょう。 往復でこすったり、奥に向かって払うのは雑菌が口内にとどまってしまう為、やってはいけません。

強い力をかけると、粘膜や味を感じる味蕾を傷つけないよう、軽い力で行いましょう。 舌を思いっきり「べー」と出すことによって、嘔吐反射を防ぐことができます。 鏡でも状態を確認できるようになるので、しっかりと「べー」と舌を出して掃除をする癖をつけましょう。

最後に最も重要な点ですが、特に長い時間をかけて溜まった舌苔は、1、2回のブラッシングでは除去する事は出来ません。 毎日の掃除を習慣化することで、だんだん落ちやすくなっていきます。

舌を傷つけると逆に雑菌がたまりやすくなり、効果が落ちていきます。 根気よくゆっくりと行っていきましょう。 舌の色が変わっていない部分は舌苔の付着が見られない為、舌のブラッシングの必要はありません。

トップへ戻る