虫歯はどうしてできるんですか?|医療法人社団ただなわデンタルクリニック(下北沢歯科・祐天寺歯科)

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

虫歯はどうしてできるんですか?

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢・ただなわデンタルクリニック祐天寺のスタッフが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

虫歯について

日々の歯磨きが習慣化しているにも関わらず、いざ歯医者で定期検診をしてもらうと、虫歯があると言われる。 このような経験はございませんか?

今回は、そんな虫歯の発生する原因について解説したいと思います。 日本人の約90%以上が虫歯にかかっていると言われています。

毎日の歯磨きを徹底して行なっているけど、虫歯があると言った人がいる一方で、全く磨いてないけど、虫歯は1本もないという人もいると思います。 その差は歴然としていて、虫歯の菌がお口の中にいるかどうか(特にミュータンス菌)が存在するかで決まると言われています。

一般的に人の口の中には、およそ300~700種類の細菌が生息していると言われております。 その中には、先ほど述べた虫歯の原因となるミュータンス菌があり、自ずと虫歯が多い方や虫歯になりやすい方は、お口の中にミュータンス菌が多く含まれています。

そういった方は、ミュータンス菌が少ない方に比べて、虫歯になりやすいと考えられます。 そして、このミュータンス菌が、歯の表面についた歯垢に住みつき、歯に付着された糖分を吸収する事で酸(プラーク)が放出されます。

このプラークが、歯の表面のエナメル質を溶かして穴を空けます。 この歯が溶けて、一部に穴が存在するような状態が虫歯の始まりです。 虫歯は誰でも簡単にかかる可能性のある疾患です。

初期の虫歯は容易に治療する事が可能ですが、治療せず放置すると治療困難な重症なレベルに達してしまい、抜歯以外での方法がなくなります。 ですので、虫歯の早期発見を心がけ、それ以上の進行を防ぐため、かかりつけの歯科医院で定期的な検診を受けることをおすすめします。

虫歯を防ぐためには?

先ほど虫歯について解説をしました。 これをまとめると、

となります。 次に、自分が出来る虫歯予防について解説したいと思います。 それは、

1つずつ解説すると、 (1)とは、虫歯の原因であるプラークを取り除くために、毎日の歯磨きを徹底して行う必要があります。 食後すぐに歯磨きを行うのが理想的であり、また歯ブラシだけでなく、歯と歯の間の汚れを取るために、歯間ブラシも利用しましょう。

(2)とは、歯を強くするために、歯磨きの際にはフッ素入りの歯磨き粉を利用したり、キシリトール配合のガムやタブレットを摂取しましょう。 フッ素についての記事、キシリトールについての記事は、過去にまとめていますので、是非こちらの記事もご覧ください。

(3)とは、そもそも虫歯は歯に付着した糖分が原因となるので、日々の糖分の摂取量を抑えましょう。

歯の痛みを感じたら?

歯自体が虫歯(虫歯菌が歯髄に達し炎症を起こして痛む)になっている場合、歯が痛むのはもちろんですが、歯痛の原因は虫歯だけとは限りません。

知覚過敏(歯のエナメル質が傷ついたり歯茎が下がって歯根が露出することで起こる)の場合、外傷で歯が欠けたり割れたりした場合、歯周病による歯茎の炎症が原因の場合、筋肉や神経が原因になっている場合と様々です。 ご自身で判断せず、早めの歯科受診をお勧めいたします。

トップへ戻る