定期的な歯科医での治療について教えて下さい|医療法人社団ただなわデンタルクリニック

新型コロナウィルスへの対応について

  • 下北沢歯科医院
  • [京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩4分]
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢ネット予約
  • 祐天寺歯科
  • [東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分]
  • 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-15-4
  • 03-5725-1880
  • 祐天寺ネット予約

定期的な歯科医での治療について教えて下さい

こちらのQ&Aでは、ただなわデンタルクリニック下北沢歯科医院・ただなわデンタルクリニック祐天寺歯科のスタッフがが皆様の歯に関するQ&Aをお答えしていきます。

定期的な歯科医院でのケアの必要性について

代表的な歯の病気である歯周病を未然に防ぐ為には、定期的に歯科医院へ通院することが必要になります。 日々の歯磨きで手入れが届かない箇所では、歯垢が溜まる一方です。

この歯垢(プラーク)とは、歯や歯の隙間にある白っぽい粘着性の沈着物です。 口の中に居る細菌や細菌から作られる物で構成されています。 バイオフィルムとも呼ばれ、歯への付着がとても強く、薬品使用だけでは取り除くのが大変難しいです。

この歯垢が原因で、歯周病が発症します。 定期的に歯科医院へ通院することで、歯の状態が分かるだけでなく、溜まった歯垢を除去する事が可能です。

近年、あらゆる全身疾患と歯周病の関連性が研究者の手により指摘され始めています。

関連が指摘されているものは主に【呼吸器系疾患】、【心疾患】、【妊娠】、【糖尿病】が挙げられ、なかでも糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあると言われています。 歯肉は体の中でも非常に敏感で、多種多様な微生物、細菌が最も多く存在する部分でもあります。

お口の中をしっかりコントロールすることは、全身の健康管理の第一歩にもなるので、定期的な歯科医院への通院が必要なのです。

歯科医院で行われる治療について

歯科医院で行われる歯肉の検査は、通常以下のようになります。 この検査では、主に【歯周ポケットの深さを測定する】、【歯石を取り除く】の2つの目的があります。

歯石を取り除く場合、歯肉に覆いかぶさっている歯石を取るという行程となるため、炎症を起こし敏感になっている歯肉に器具で触れると、それが痛みの原因となってしまいます。

どうしても痛みが我慢できない場合、表面麻酔を用いる方法も存在します。 歯石の溜まり方については個人差があり、必ずこの期間で受診しなければならない、というものはありません。 通常は年に3回~4回の通院を目安とされています。

主治医に定期的に診断をしてもらい、溜まり具合をチェックしてデータを蓄積していくことで、御本人に合った歯石除去目的の通院ペースを構築することができます。 この検査により、歯周病か否かがわかります。 もし初期の歯周病と診断された場合、適切なブラッシングの指導と歯科医師または歯科衛生士による歯周基本治療を行います。

進行した歯周病と診断された場合では、歯周ポケットの奥深くにあるプラークを除去する際に痛みを伴うため、局所麻酔を行う場合もあります。 また、さらに重度の場合は、歯周基本治療とあわせて歯周外科手術が必要になることもあります。

トップへ戻る