飛行機で歯が痛くなる原因と対処法とは?|下北沢の歯医者|下北沢歯科医院

新型コロナウィルスへの対応について

  • 井の頭線「下北沢」駅4分
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢歯科医院ネット予約

飛行機で歯が痛くなる原因と対処法とは?

投稿日:2024年1月24日

カテゴリ:下北沢歯科医院スタッフブログ

飛行機で歯が痛くなる原因と対処法について

飛行機に乗ると虫歯が痛くなる原因

下北沢駅すぐの歯医者「下北沢歯科医院」の歯科衛生士です。

皆さんは飛行機に乗った際に歯に違和感を感じたり、痛みを感じたりした経験はありませんか?飛行機内では地上との環境などの違いによって、特にお口の中に虫歯がある場合は痛みや違和感を感じやすいといわれています。

今回のブログでは、飛行機で歯が痛くなる原因と対処法に付いてお話ししたいと思います。

飛行機に乗るとなぜ歯が痛くなるの?

気圧の影響

飛行機に乗った際に痛みや違和感を感じる主な理由は気圧の影響です。機内では、耳が痛くなったり、聴こえづらくなったりという事を経験された方も多いと思いますが、それらの現象も気圧が関係しています。飛行機が水平飛行している際の機内の気圧は標高約2000mの環境と同じで約0.8気圧となります。気圧が急激に変化し、体内や歯の内部で空気が膨張するため、神経などが刺激されて痛みや違和感を感じやすくなります。

歯の根の治療をしている

これまでに歯の根(神経)の治療を行っている場合は、歯の根の部分にある空気が膨張することによって痛みや違和感を感じやすくなります。また、歯根部分に病変がある場合は歯根の先端部分に膿が溜まり、その部分が膨張することによって周辺の神経を圧迫するため、痛みを感じることがあります。虫歯を治療中の方は痛みを感じやすいため、注意が必要です。

精神的な負担(不安・ストレス等)

飛行機に乗った際は、不安やストレスなどの精神的なことが原因で歯が痛み出すこともあります。飛行機に乗り慣れていない方は搭乗中の事故などが心配になると思います。また、前回飛行機に乗った際に歯が痛くなった方は、また同じようなことが起こらないか不安に感じるため、そのような不安やストレスが原因で歯が痛みや違和感を感じてしまいます。

虫歯治療中に飛行機に乗る際の対処法について

虫歯の治療中に飛行機に乗ると、歯が痛み出す可能性が高いため、できるだけ控えましょう。お仕事などでどうしても飛行機に乗らなければならない場合は、下記の方法で対処しましょう。

鎮痛剤を服用する

虫歯治療中に飛行機に乗らなければならない場合は、鎮痛剤を用意しておきましょう。飛行中に歯が痛み出した場合は、鎮痛剤を服用して痛みを緩和しましょう。

仮眠を取る

睡眠時は痛みを感じません。長時間飛行機に乗る場合は機内で仮眠を取ることによって歯の痛みを感じることを防止できます。

虫歯治療・根管治療ページ>>

トップへ戻る