親知らずを抜くメリット・デメリットとは?|下北沢の歯医者|下北沢歯科医院

新型コロナウィルスへの対応について

  • 井の頭線「下北沢」駅4分
  • 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-34-5
  • 03-6886-2809
  • 下北沢歯科医院ネット予約

親知らずを抜くメリット・デメリットとは?

投稿日:2024年1月16日

カテゴリ:下北沢歯科医院スタッフブログ

親知らずを抜くメリット・デメリットについて

親知らずを抜くメリット・デメリット

下北沢駅すぐの歯医者「下北沢歯科医院」の歯科衛生士です。

親知らずはお口の中で最後に生え揃うため、他の歯に比べて問題を起こす可能性が高く、抜歯となることが多い歯です。しかし、必ずしも抜歯をしなければならないというわけではなく、あくまでも問題がある場合や親知らずの状態、メリット・デメリットを考慮した上で決定することになります。

今回のブログでは、親知らずを抜くことのメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

親知らずを抜歯するメリット

ケアがしやすくなる

親知らずはお口の一番奥に生えるため、歯磨きがしづらく、汚れが蓄積しやすくなります。親知らずを健康な状態で維持するためには、日々のケアをきちんと行うことが重要ですが、斜めに生えている親知らずなどは歯磨きの技術も必要となります。そのため、親知らずを抜歯してしまえば日々のケアがしやすくなります。

虫歯・歯周病リスクが軽減する

親知らずはケアがしづらいため、磨き残しが多くなる可能性が高く、結果的に虫歯や歯周病になりやすくなります。また、治療をしても再発する可能性が高く、周囲の歯に悪影響を及ぼすため、抜歯することによって虫歯・歯周病リスクの軽減が期待できます。

歯並びの悪化防止

まっすぐに生えている親知らずは問題ありませんが、横や斜めに生えている親知らずについては前方の歯を押しながら成長します。継続的に押された歯は少しずつ動くため、歯並びや咬み合わせが悪化する可能性があります。親知らずを抜歯することによって、将来的な歯並びの悪化を防止することができます。

口臭の予防

親知らずはケアがしづらいため、磨き残しなどが多くなると、汚れが蓄積して口臭がきつくなります。親知らずを抜歯することにより、清掃性が高まるため、口臭の発生を防ぐことができます。

親知らずを抜歯するデメリット

痛みや腫れを伴う

親知らずの抜歯中は麻酔が効いているので、痛みを感じることはありません。抜歯後、麻酔の効果が切れ始めると、少しずつ痛みを感じたり、患部が腫れたりすることがあります。また、痛みや腫れにより、食事が不便になったりなどの影響があります。

神経や血管を損傷するリスクがある

下顎の親知らずの周辺には神経や血管などが通る下顎管が存在します。親知らずの状態によっては、抜歯の際に神経や血管を損傷するリスクがあります。

歯を失った際に親知らずを活用できない

将来的に歯を失った際、状態によって親知らずの移植やブリッジの支台として活用できますが、親知らずを抜歯すると、歯を失った際の選択肢が限られてしまいます。

下北沢で親知らずの抜歯なら下北沢歯科医院までお気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯ページ>>

トップへ戻る